呉さんの包丁
ホーム > 作品情報 > 映画「呉さんの包丁」
メニュー

呉さんの包丁

劇場公開日

解説

1958年、台湾解放を目指す毛沢東の共産軍と、大陸反攻を掲げた蒋介石の国民党軍が激しい砲撃戦を展開した「金門砲戦」の戦場となった台湾の金門島で、砲弾を材料に包丁を作る職人・呉増棟さんの姿を記録したドキュメンタリー。台北の松山空港から飛行機で約1時間、中国の厦門までわずか10キロの位置にある小さな美しい島・金門島に暮らす呉さんは、92年まで軍事管制が敷かれていた島の苦難の歴史とともに育った。呉さんは父の跡を継いで砲弾を材料に包丁を作る職人となり、包丁は大陸からの観光客にも買われていく。「砲弾は空からの贈り物だ」と語る呉さんの姿を映し、その手から生み出される包丁に込められたメッセージを探る。

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 クリエイティブ21
上映時間 120分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「呉さんの包丁」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi