トリック劇場版 ラストステージのレビュー・感想・評価

トリック劇場版 ラストステージ

劇場公開日 2014年1月11日
83件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ラストステージなのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前回取り壊されたアパートが戻ってた。笑
相変わらず映像に色々つめこんでいて見ていて面白い。トリックシリーズは面白い。ラストと言わず次回作…いやまたドラマでやってほしい。

空
さん / 2015年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

また逢う日まで。

この作品が日本アカデミー賞にノミネートされることなんて絶対に有り得ないし、映画批評家からはそっぽを向かれることも明白だ。

もうダメ映画すぎて笑えてしまうって?

いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや…笑いのツボは、山田奈緒子&上田次郎の名コンビが醸す脱力したギャグの数々だってば。

ラストを飾ると言う意味で、大ネタ、小ネタ、定番ネタと選り取り見取りの大盤振る舞いでした(その半分も理解出来なかったけど…)。

ま、14年間と言う長きに渡って、懲りずに繰り返されて来たインチキ霊能者たちとの緩いバトルも、ようやくこれにて一件落着。

さすがにもう、ここら辺が限界、潮時だなと感じさせる、雑で痛々しいばかりの内容に苦笑いするしかなかった。

でも、まるっと綺麗にまとめ上げたラストシーンには、感慨深いものがあります。

バックに流れる鬼束ちひろの『月光』が、以前にも増して深い余韻を残します。

みつまる
みつまるさん / 2014年11月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TRICKファン的100点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

初期ドラマシリーズファンとして近年のスペシャルドラマと映画は間延び感とギャグのキレのなさが残念でした。
ギャグもストーリーも演出もやりとりも全部微妙で最後の最後でこれなのかと、さみしくもありましたが、エンドロール後の数分の設定と演出に感動。
あと、エンディングが鬼塚ちひろだったことも良かった。
ファンとして最後の数分が良かったという理由で星5ですが、別にトリック好きじゃない人はわざわざ見るほどではないです。

伊藤と言えば潤二
伊藤と言えば潤二さん / 2014年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しく、そして…

なんだよ、ちくしょう
悲しい終わり方すんなよ (*`へ´*)

トリックのくせによ〜泣

また観たいなぁ
とても楽しいシリーズでした

ありがとさん

kidomonta
kidomontaさん / 2014年8月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よく続いた

まあまあ安定感のある面白さ、しかしラストとなるとそれなりにセンチメンタルになってしまう。よく続いたなとまたドラマを見返したくなる。

megaton26
megaton26さん / 2014年7月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後のセリフが良かった

事件自体は今までとも変わりなく、大きな変化はなかったけど、
やっぱりラストで感動した。

最後のやつが、たぶんラストステージってことなんだろうかな。

たか
たかさん / 2014年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観て良かった

旦那様が好きで「DVDでもいぃんじゃない?」と、言ったのですが「どぉしても観に行きたい」と、言われたので観に行きました。
トリックを全部観てる方なら観に行った方がいぃと思いますよ。
最後の仲間由紀恵の手品のとこいぃですね。

りょう
りょうさん / 2014年3月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仲間由紀恵は本当に変わらないですね…

トリックシリーズを全作品見ている人にとっては面白い作品だったんじゃないかなって思いました\( 'ω')/ やっぱりトリックにしか出せない世界観があり、仲間由紀恵と阿部寛のコンビが醸し出すゆるい雰囲気!映画館でしたがクスッと笑ってしまいつつもシリアス展開もあり…終盤戦とラストシーンは「こういう終わり方なのか。」と思いました( ˘ω˘ )

ラストステージとは言ったものの、またいつの日か復活編という形で再スタートするんじゃないんですかね?あの終わり方はファンにはたまらないかもしれませんが、個人的には最初見た時は意味が分かりませんでしたから。またあのコンビでよろしくっね☆ミ

鈴原MASA@
鈴原MASA@さん / 2014年3月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

安定のトリック

やはり安定ですね。面白い貼り紙など、監督の遊び心がとても好きです。
最終回と名打っただけのことはあるお話でした。

またやらないかなー*\(^o^)/*

杏
さん / 2014年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オーバーラップがミソ?! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私、「山田は死んだ派」です。
魂になった彼女は偶然見つけた記憶喪失の女性に乗り移り上田の元に帰ってきた……

だから「中は空です」なのでは?
トリック第一話になぞらえてとの解釈もありますが、果たしてそれだけでしょうか?
第一話の仲間由紀恵と、オーバーラップする現在の彼女は、少し太り気味で流石に歳を感じます。
でも、そんな物は映像処理でいくらでも何とか出来たはずですし、何より女優根性でいくらでも磨き上げる事が出来たはずなのに……あえて劣化m(_ _)mを晒したのは「この身体は山田に見えるけど実は別人なんだよ~」という演出なのでは?
だとしたら、別な意味で女優根性アリアリですね~

恩田かーや
恩田かーやさん / 2014年3月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DVDでも良かったかな

レンタルまで、待っても良かった気がしながらの鑑賞
山田さんの、ギャグボケツッコミが今までより磨きがかかってると思った位でしょうか。

個人的には、あの終わり方はちょっとなあ~

りんこ
りんこさん / 2014年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お前達のやった事は一つ残らず宇宙の果てまで全部お見通しだ!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作はテレビ朝日系列の連続テレビシリーズ「トリック」の劇場版第三弾でありテレビシリーズから数えて14年の集大成の作品であり、完結となる。

内容は海外の秘境にあるレアアースを採掘しようと村上商事が採掘権を獲得したがその地域には部族が居てなかなか立ち退かない。そんな中、彼らの信奉している呪術師を上田次郎(阿部寛)に不思議な力を見破って欲しいと加賀美慎一(東山紀之)から頼まれてその語、山田奈緒子(仲間由紀恵)と共にその呪術師と対決する・・・

自分はトリックをテレビシリーズ第一作からリアルタイムで見ていましたし(当時は若かったので少し怖かった印象があります(笑))全シリーズ見ている大ファンです。
なので、山田奈緒子と上田次郎のこの二人がまた地上波(新作スペシャル)と劇場で見れるだけで正直★5つです!!(笑)
なので、本作に限っては多少のバイアスがかかっていてレビューの参考にはならないと思います。

まず本作はトリックお決まりのプロットであり、超能力を持つと言われている者に対してなんらかの問題を抱えている人が上田に相談を持ち込みそれを山田と共に解決する内容となる。
またこのパターンという人がいるかもしれないがこれがトリックであり、山田と上田の二人の時にはふざけ時には真剣に(インチキ)超能力者という壁に立ち向かっていく様を描いている((インチキ)霊能力者全てを善と悪では区別してませんが・・・何故なら人によってはその(インチキ)霊能力者がその人の支えになっているなどのため)

良かった点というかグッときた点ですが、一番はやはり最後ですね。
一話の封筒手品を過去の映像と共に再現されますが、上田が「本物か?(山田奈緒子か)」の問いに山田が「本物です(霊能力者)」と記憶を失っているため答えます。このリンクがああ、トリックはこれで本当に最後なんだと感慨深くなりましたし、記憶を失ってもこの二人の繋がりは何か超能力をも超越した深い絆でつながっているんだと思いました(勝手にな解釈です(笑))
また、上田(阿部寛)の山田を見て驚きつつ泣きそうなあの顔・・・
あと、洞窟での山田が村の人々が助かる方法があると上田に話しているときのあの切ない表情にはやられました。

他としては本作は原点回帰という通り、上田が的外れな推理知識を言うのではなくちゃんと科学的に考察しそれをヒントに問題が解決していく点などが良かったり、また母之泉のビッグマザー(菅井きん)があちらこちらで崇拝されていたりして(実は生き延びていて)、石原(前原一輝)の登場などトリックシリーズを最初から見ていた人にとっては、にやけてしまう小ネタ満載で良かったです。

悪かった点としては、呪術師が銃で撃たれたのに対して血が少なく長い間山田と会話などができたことですね。これは、フィクション映画として考えたとしても不自然感が否めないですね(呪術師の薬の知識でそうなったとしても少し厳しかと)
また、現地の部族を谷岡や川島、有田が殺してそれが問題にならないとかも少し微妙かと・・・

なんにせよ、本作はトリックが完結するにふさわしい出来の作品であり正直さびしいですね。
自分の観に行ったところではパンフレットが売り切れていて買えなかったのでもう一度観に行って買おうかと思います。(パンフレット見たらまたレビューが変わるかもしれませんが(笑))
堤監督の存在はこのドラマによって知りましたが最後は自分的には上手い終わらせ方だと思います。
間違ってもキャストを一新して新作は作らないで欲しいです。
最後にトリックが好きな方は是非映画館で観るべきです!!!!!

SCARS
SCARSさん / 2014年2月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり好き ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

深夜にドラマがはじまった時くすっと笑いながら
ダラダラ見ていた人にはおすすめです。

物語上のトリック解明はいつも通りチートでチープですが、
笑いと掛け合いとまったりした感じがあいまった不思議なゆるさで
満足です。

どっきりカメラが、最後の脱出の仕掛けの伏線になるなど、
そこ?と思わぬ場所で笑わせてくれるからトリックは楽しい。
再会の時には長いシリーズにも補完され不覚にも涙が……。

テレビドラマの新作を観た時は、正直、限界を感じ、
普通に芝居できる女優に芝居をさせない贅沢な使い方もさほど琴線に触れず、
やや心配でしたが、映画を観たあとは、ラストじゃなくても別にいいです。
ラストでもいいけど。と思いました。

そして鬼束ちひろの月光はやはり素晴らしいです。
とても合っています。

しそ
しそさん / 2014年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全作品

テレビも映画も特別版も全作品の総集編という感じで、懐かしさ溢れる映画でした。
あーこの時、私はこんなことしてたなぁーとか、あー見た見た!とか、これはあの時の!?とか色んな物を思い出しました。

にゃにゃにゃ
にゃにゃにゃさん / 2014年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それなりな最期に納得 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「意味わかんねー」

エンドロールのあけた後、深夜の人少なげな館内にそんな声が聞こえました。

いや、意味わかれよ。と…

山田は記憶喪失になり、案の定上田の前に姿を現し、得意げにマジックを披露します。

上田の気持ち、、山田の得意げさ、、、と、儚さ、、

これから二人はやり直すのであろうか、

ループに持ち込んだ其れなりに評価に値するラスト。

CG.AKAME
CG.AKAMEさん / 2014年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

赤道スンガイ共和国 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

【劇場】

トリック、ついに外海……じゃなくて海外へ!
舞台は、赤道スンガイ共和国。
って、菅井きんか!
菅井きんといえば、母之泉の教祖だ。

まさに、ラストステージの名にふさわしい全員集合。
矢部の元部下、石原も出てきた!
未来ちゃんもいる!

何気にSPECとの絡みも。
北村一輝、一瞬だけ吉川になっただろ!
あんだけオカマキャラだったのに(笑)。

というわけで、今回も小ネタが満載。
映画館なので、一時停止できないのが残念ではある。

さて、ストーリーの方は。
山田、死んだのか???
どうなんだ!!

shunchannu
shunchannuさん / 2014年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TRICKシリーズの予想通りの完結編

TRICKシリーズの最終作です。堤幸彦監督のシリーズものの完結編はSPECシリーズで懲りたのですが、やはり観に行ってしまいました。TRICKシリーズのTVスペシャル、劇場版はどれも同じような話で区別が付かなくなっていましたが、本作は外国を舞台にしたこともあり、何とか最後まで観れました。TRICKシリーズはマンネリ(繰り返し)の面白さだと思うので、予想通りの出来という感じです。

ZEP
ZEPさん / 2014年2月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観てよかったー! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

シリーズをある程度観てきた人なら絶対に見なきゃだめな作品
いつも〜のトリックだが、最後の10分は最高だった。感動した
プロローグやドラマの第一話を踏まえた最後は本当に素晴らしかった。
プロローグがこんなにも見事にハマったと思えたのは初めて
ドッキリも一応ハマってた

もう終わりってのはさみしいので、またしれっと再開して下さい。観ます

チヌテ
チヌテさん / 2014年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トリック好きなら楽しめる

小ネタ満載。
不動のトリックワールド。新鮮さは無いですが、家でドラマ観る寛ぎがありました。
シュールな笑が好きなら、山田と上田が好きなら、楽しめると思います。
トリックはあまりトリックではなく、スケールは小さい?、舞台が海外という雰囲気もあまりなく。。映画でなくてもいいかもしれません。DVDでも充分。
でも、小ネタは大好きです。村上ショージとかダチョウ倶楽部とか、いろんな人が出てて楽しい。

moco☆
moco☆さん / 2014年2月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DVDの方が良いかも……

 DVDで十分ではなく、DVDの方が良かったといった感じですかね。というのも映画館の大画面ではどうにも視線が追いつかず、結構な数のトリックお得意の小ネタの数々を見落としてしまうからです。
 しかしそれは菅井きんの贅沢な使い方等々、裏を返せば出し惜しみなしのネタの大放出ということでもあり、クスリとくる笑いの数々は、きっとトリックを愛してきたファンを魅了することでしょう。エンドロールに流れる鬼束ちひろの「月光」を聞いたとき、ファンの脳裏には14年にも及ぶトリック・サーガが不必要な重厚感を持って駆け巡るのではないでしょうか。
 しかし特筆すべきは14年間変わらぬ上田次郎と山田奈緒子の関係です。これだけ長い時間を共有し危険を乗り越えたにも関わらず、キスはおろかその素振りすらも見せないのですから。モルダーとスカリーンだってもっと進展しましたよ?きっと外国人にレビューを書かれたならば、
「ジローはゲイなのかい?あんなに美しい人と一緒にいてキス一つしないなんて!」
みたいな文章が必ず一つや二つ出てくることでしょう。まぁ、そういう意味では14年間、まったく軸がぶれなかったということなのでしょうけどね。

 なんかこう、「おつかれさま」と言いたくなる映画でした。

13番目の猿
13番目の猿さん / 2014年2月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

83件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報