「もう戦争は終わったんだよ」飛べ!ダコタ 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

飛べ!ダコタ

劇場公開日 2013年10月5日
全10件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

もう戦争は終わったんだよ

終戦直後の新潟県佐渡島に英軍機が不時着。
実話を基に描く感動作。

ハッキリ言ってベタで甘々な話。
敵国だったイギリス人を温かくもてなす。
育まれる友情。
ある事件が起きても、罪を憎んで人を憎まず。
軍機を飛ばせる為、村人一丸となって浜辺に即席の滑走路を作る。
実話とは言えかなり美談に脚色されているだろうけど、美談でいいのだ。
去年公開された「海難1890」よろしく歴史に埋もれた国と国の友情秘話はそれこそ事実は小説より奇なり。
そんな作り物のような本当の美談は、知って嫌にならない。

劇中、村人一丸となって協力する中、否定的な若者も登場する。
その若者の中ではまだ戦争が続いていた。
数ヶ月前まで敵国として戦っていた訳だし、無理も無い。
突然ガラリと変わった考え、価値観に戸惑うのも当たり前。
でも、そんな若者に一言かけてあげたくなった。

もう戦争は終わったんだよ。
だから、もう憎んだり辛い思いをしなくてもいいんだよ、と。

近大
さん / 2016年1月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi