肉体の学校
ホーム > 作品情報 > 映画「肉体の学校」
メニュー

肉体の学校

解説

三島由紀夫の同名小説を、「シングル・ガール」のブノワ・ジャコー監督が舞台を現代フランスに移して映画化。パリのモード界で働く中年女性ドミニクは地位にも金銭的にも恵まれ、気ままな毎日を楽しんでいた。そんなある日、友人と一緒にゲイバーを訪れたドミニクは、そこで出会った美しい青年カンタンに一目ぼれしてしまう。カンタンに水商売をやめさせて自分の家に住まわせることにしたドミニクは、束縛を嫌う彼を自分のもとに引き留めようと躍起になるが……。

作品データ

原題 L'ecole de la chair
製作年 1998年
製作国 フランス・ルクセンブルク・ベルギー合作
上映時間 105分

受賞歴

第51回 カンヌ国際映画祭(1998年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ブノワ・ジャコー

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「肉体の学校」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi