蜩ノ記のレビュー・感想・評価

メニュー

蜩ノ記

劇場公開日 2014年10月4日
69件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

武士道の魂・・

かつて日本には武士道の精神が確かにあった。明治維新で武士がこの世から消え、敗戦で武士道の魂が完全に消失した。切腹を命じられた武士が幽閉され、その時を静かに待ち続けるのは、欧米人には理解し難いと思う。なぜ主人公は10年もの間、死を覚悟して待てるのか!?映画では役所広司が主演、岡田准一が助演。最後に蜩(ひぐらし)がカナカナと鳴く・・直木賞受賞の小説が原作、これから読みたい。2014年の邦画。

亮一君
亮一君さん / 2016年8月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少し暇だなぁと感じてしまう部分もあったが
岡田がかっこよかった。

たけちゃん
たけちゃんさん / 2016年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●静かに死を待てるか。

静かな、でも胸にズシンとくる良作。
10年後に切腹を命じられた男。彼ら家族を監視する男。
なぜ切腹なのか。どっからどうみても人格者。
家族も父を信じつつ、しかしその日を待つ。

綺麗ごとばかりでない世の中。
それでも守るべきモノのために、男は静かに、しかし熱く、心を決める。
その生き様が素晴らしい。

蛇足。ラストの手ブレは台無しだ。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

55点

映画評価:55点

この作品は地味です
地味といっても、しっかり基盤を練り込んだ詫び錆びを慈しむ事の出来るという意味です

まぁ、このテーマで面白く作れるわけもなく
そりゃあ地味になります

面白さはないですけど、この作品はしっかりと「武士道」を表現できているので日本が誇れる素晴らしい作品といえます

ジャンルとしては、
ドキュメンタリー映画にしても良いと思う

切腹を命ぜられた武士の生き様

その武士の姿勢を見守る事で己を見つめ直していく、もう一人の武士の成長

一見、無意味に思える切腹という文化は尊いと気付かせてくれる本当に素晴らしい作品です

【2016.2.7鑑賞】

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2016年2月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

武士 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戸田や檀野を通して武士道とはこういうものだというのをみせられた気がしますが、良くも悪くも武士の時代はこうだったんだなと思いました。

戸田の息子が友の仇のために家老の屋敷に乗り込んで行くところは、子供ながらに勇ましく武士道を感じました。
一矢報いた時は「見事!」と心の中で叫びました。

あとはやっぱり切腹の日ですね。
お茶を飲む時に、そっと妻の手をとり握りしめ…ここは泣いてしまいます。

当時、武士の妻でこういう風に見送らなければいけない人は少なからずいたと思いますがどういう気持ちで送り出すんだろうな…

予告から大筋はわかっていましたが、その中で紡がれる武士としての誇りや命の尊さ、家族への想いに涙した物語でした。

ガブ
ガブさん / 2016年1月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

畏怖ですらある。

武士道、武士の精神はもはや信じ難く、理解の範疇を超え、美しもあり畏怖ですらあった。
忘れてしまえばいい、逃げてしまえばいという状況に正面から挑み理不尽に耐え忍ぶ姿には感動を超えて恐ろしく、窮屈にすら思えたけど、「死を我が物としたい」と言う言葉に与えられた今在る状況を精一杯やる事が幸せという事なのかな?と感じました。
他人がどう思うのか、他人と比べて自分はどうか?などと思う方がよっぽど窮屈だと秋谷の所作から感じた。

所作、言動、考え方、とても難しかったけど、表面的な日本の風習や文化、武士道の美しさは理解出来たかなぁと思う。
歴史を勉強しないと…恥ずかしくなりました。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2016年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「蜩の記」を観て・・

かつて日本には武士道というものが存在した。明治維新があって、終戦があって完全に消滅した。切腹することを期限を決められて命じられ、幽閉されても潔く受け入れるのは、欧米人には信じられないだろう。この映画の原作となった直木賞の小説もいつか読んでみたい・・

Ryoichi
Ryoichiさん / 2015年12月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役所さん流石

時代劇系は得意ではないが、見れないほどではない。
これは割と最近作られた映画だし岡田君も出てたので見やすいかな!と軽い気持ちで見た。
武士の一分、武士の家計簿、献立などなど良い映画も多いですよね。
けれど引き込まれたのはヤッパリ役所広司!
立ち振る舞い、存在感が素晴らしい。
もちろん役者さんだけでなく、ストーリーも引き込まれます。
切腹を3年後と宣告された武士の話。
若い世代の人に見て欲しいと思いました。

みきねこ
みきねこさん / 2015年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きですね

難しいですね、この手の日本映画を見ると自分が、どれほど日本文化を知り、出来てるのか考えさでられます。

ただ、あっちもこっちも岡田准一さん、役所広司さん・・・好きだからこそ・・・もう少し他の役者さんでみたいかなぁ・・・いると思うんだよなぁ

先日、「日本の一番長い日」がリメイクしてましたがポスター見て「山本五十六」にしか見えなかったです

サトシ
サトシさん / 2015年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本人の美しき礼節…

かつて、日本には侍という人種がいた。
忘れ去られた生きざまのようだが、「半沢直樹」で描かれるような日本の企業戦士の姿に、藩主に仕える武士たちの血が受け継がれているように思う。

kazz
kazzさん / 2015年8月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静謐と清廉

岡田君が好きなんです。彼の格闘術や剣術には魅せられます。もちろん役所広司さんの貫禄は言うまでもなく。泣きながら死に装束を仕立てる原田美枝子さん、綺麗だなあ。

惜しむらくはラストカットのカメラワーク。せっかくワンカットで撮っているのに上に向ける時にガクガクッとなっちゃ余韻台無しですよ。

eliminator250v
eliminator250vさん / 2015年8月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史は「鏡」。また、今日生きたということも、明日になれば自分を映す...

歴史は「鏡」。また、今日生きたということも、明日になれば自分を映す鏡になるのだろう。その鏡を見て、今の自分がどのように映るのか。そこに学びがあるのだと知りました。

庄三郎は、秋谷の監視役は快く思ってはいなかった。それは秋谷との生活の中で考えは変わっていく。ラストの方で庄三郎は、「良き修行でした」と口にする。彼の生き様に学ぶものがあったということ。秋谷を鏡とし、自分を見つめ直すことができたということ。

そして、僕たち観客はこの作品を自らを映す鏡として、生きることへの意味を見出せたらと思った。

ユージン
ユージンさん / 2015年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい映画なのかな、かなかな♩

…成仏せずにお主の追ってくるのを冥土で待っておる。
 この意味分かるな。
と、病で死期を悟った藩主が、不義密通で切腹の断が下った藩士に10年の猶予を与えて家譜編纂の仕上げを命じるシーン。当たり前にこんなセリフを発する時代の精神に驚嘆。ストーリーはエピソードが多くて散漫、メインテーマは何だ、何を描きたいと。頼みの綱の家老さんもヒールじゃなくなって、緊張感が瓦解する始末。冒頭、岡田准一の武士の所作がぎこちなく見えた途端に入我没入できなくなったが、これがラストまで続いた。云ってみれば、良い映画の皮を被った、ちょい残念作か。早い話、期待しすぎた私が悪いのかな、かなかな♩と蜩(ひぐらし)も鳴く。

hyoutannamazu
hyoutannamazuさん / 2015年6月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゆっくりとした

映画だった。映像が綺麗だった。岡田君の腕前はさすがで、この作品への思い入れが伝わった。話の背景も意外に深く、感動した。

いつこ
いつこさん / 2015年3月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこそこです

映画は原作を越えられないが当てはまる映画でした。

aicher
aicherさん / 2015年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

秋谷の最期の姿 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

秋谷の生き様にだんだんと心を入れ替えていく壇野庄三郎。あっぱれな程芯の通った生き方をしてきた秋谷を演じた役所広司はやっぱりすごいなと思った。
本当にありそうな話だからこそよりリアルな演技が出来たんじゃないかな。秋谷が最期、死刑場に向かっていくシーンがすごいよかった。
岡田准一が第38回日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を取ったからほんと見て正解。

はるちこ
はるちこさん / 2015年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全て綺麗

時代物の映画は初めてでした。

俳優さん方が実力派ばかりで演技が素晴らしかったです。

最初から最後まで大きな展開の変化がなく落ち着いた気分で見ることができました。

景色がとても綺麗でした。

goen
goenさん / 2015年1月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い意味でも悪い意味でも日本映画的

武士道をテーマに立派なストーリーに役者たちの重厚な演技はこれぞ日本映画と言うものだが、同時にストーリーがほぼ台詞だけで進行してしていくのは、映画として疑問が残る脚本。
脚本に工夫が見られないのだ。
否定しにくいけど、面白かった!とも素直に言えない。
「良いお話しでしたね」で終わってしまう出来でした。
武士道そのものに共感できないんだけど、そこは敢えて目を瞑ります。

じゅんぢ
じゅんぢさん / 2014年12月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作未読

ゆっくりと時が流れていくことが感じられる映画です。
私は岡田准一さんのファンですが、この作品は、役所広司さん、原田美枝子さん、寺島しのぶさんが支えています。
素晴らしいの一言に尽きます。
実力派が揃うとこんなにも素敵な作品になるのですね。
こういう時代もあったのだと考えさせられました。
一度しか映画館で観られなかったのが残念。
せめてあと一回観たかった。。。

ただ一言。堀北真希さんにこの作品は似合いません。
一人声が高く、耳に触るんです。
ただかといって、他に合う女優さんも浮かばないんですが…。

1118
1118さん / 2014年12月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けた

この映画は、限られた人生をいつも通りに少しでも有意義に過ごしていこうという感情的な映画だと思った。
泣けました!最高です!

映画好きの K
映画好きの Kさん / 2014年12月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

69件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi