グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
ホーム > 作品情報 > 映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
メニュー

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

劇場公開日

解説

1950年代のハリウッドを代表する人気女優から、モナコ公国の公妃となったグレース・ケリーが、国のために自ら成し遂げたある計画の真相を、オスカー女優ニコール・キッドマン主演、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のオリビエ・ダアン監督で映画化した。「裏窓」「ダイヤルMを廻せ!」といったアルフレッド・ヒッチコック作品でも知られ、1954年の「喝采」ではアカデミー主演女優賞を受賞したグレース・ケリー。人気絶頂の56年にモナコ大公レーニエ3世と結婚して女優業を退き、世界を驚かせた。それから6年、いまだ公妃としての立場になじめずにいたグレースは、ヒッチコックからの誘いに心動かされ、女優復帰も考えていた。そんな時、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要し、夫レーニエ3世が窮地に立たされる。この危機を救うため、グレースは外交儀礼の特訓を受け、ド・ゴールを含む各国指導者を招いたパーティという舞台で完璧な公妃を演じきるという一世一代の大芝居に出る。

作品データ

原題 Grace of Monaco
製作年 2013年
製作国 フランス
配給 ギャガ
上映時間 103分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

キッドマンがナルシズムで具現化する、演じ抜いた公妃の姿
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札の映画評論・批評

かつて"グレース・ケリーの再来"と言われながら今や起業家と化したグウィネス・パルトロウから庶民的すぎるリース・ウィザースプーンまで、主役候補が現れては消えていく中、監督のオリビエ・ダアンはニコール・キッドマン側からの依頼でスカイプ面談...グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全62件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi