フッテージのレビュー・感想・評価

メニュー

フッテージ

劇場公開日 2013年5月11日
33件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

じわじわと来る怖さがあった。

じわじわと来る怖さがあった。

bou
bouさん / 2017年10月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前半は謎解きサスペンス、後半はわりと下手なホラー。映像の作り方や音...

前半は謎解きサスペンス、後半はわりと下手なホラー。映像の作り方や音の雰囲気が、日本のホラーから影響受けてそう。
モチーフはブギーマンだけどオリジナリティも感じられて良かった。
イーサン・ホークはサスペンスホラーの人になったのか。
しかしこの監督、当たり外れが激しいな!

まるこ
まるこさん / 2017年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホラーというよりダークファンタジー

ある程度深読みしたら真相は予想できる。惨殺系事件が関わっている割に撮られ方が綺麗なので、その場合どうエンディングに行くのかが気になるかんじ!キャデザは好きです。
シチュエーションと小物使いもしっかりじっとり、バリエーション豊かに魅せて頂いた。

れお
れおさん / 2017年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静かに迫る恐怖感

スコット・デリクソン監督は、面白い作品と微妙な作品が両極端ですが、たまにこういう傑作を作ってくれます。
サスペンス調を期待していましたが、王道のホラーです。王道と言ってもアメリカ映画で頻繁に扱われる悪魔祓い等の王道系ではありません。
8ミリフィルム(フッテージ)に殺人の映像を記録する(記録させる)子さらいの話ですが、オリジナリティに溢れ、近年同じ様な系統の作品がありふれているホラー界に新たな風を吹かせた作品だと思いました。
よくある「音で驚かす」などの恐怖描写はあまりなく、じわじわと伝わって来るシーンが多いです。じわりじわりの中に突然飛び出して来るシーンもあるため、最後まで気が抜けずに観賞できます。

夜に1人で観賞するのに最適な作品だと思います。

MASERATI
MASERATIさん / 2017年1月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話の筋が通らなすぎる

でも微笑みデブ最高

あきら
あきらさん / 2016年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良くも悪くも王道ホラー

こないだ観たのに書くのをわすれてた。
サスペンスかと思いきや、良くも悪くも王道ホラーって感じです。突如現れた数個のフッテージ(映写機のフィルム)にはそれぞれ一家ずつ全員殺害される様子が映し出されていた …。何の音沙汰も無く突然現れるフィルム、フィルムに映る謎の人影、主人公一家に降りかかる超自然現象、どれをとっても王道って印象を受けました。
視覚と聴覚に訴えるドッキリシーンもありますが全体的に画面が暗い(黒一色?と勘違いしたところもありました)ので何が怖いのか、なんで驚かす音響なのか、と疑問に思い巻き戻すことが何度か有りました。よ〜く見たら一瞬確かにアレが映ってる…って程度。テレビの設定とか部屋の環境が悪いのかも知れないけれど。
ラストのラスト、ズッコケたなあ。

A
Aさん / 2016年10月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

久々に洋画ホラーであたりだった

consul
consulさん / 2016年8月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こ、怖かった〜‼︎

ジワジワ得体の知れない恐怖感と肉体的な苦痛による恐怖感を取り入れていて、「こういう映画を観たかったんだ!!」という個人的な感想です、はい。

監督がヒントを得たジャパニーズホラー特有の不気味さが上手くアメリカンホラーと融合していると思いました。

別にそこまでグロくはないですが、あのフィルムを観れば嫌でも想像してしまう。イーサン ホークの演技も素晴らしかった‼︎

途中、同じ場面の繰り返しで「またこれかいww」とちょっと後半飽きがきましたが...

音楽はGood!! 怖さを煽るし耳に残ります。

オカルトのようなスリラーのようなホラーのような本作。

めちゃくちゃ怖いわけではありませんがエンディングの後味も悪いし最近観たホラーの中では良く出来た作品だと思います。

私は1人では観れませんでした(´;ω;)

Fat muffin
Fat muffinさん / 2016年7月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子どもを狙うと言うのがキツい

8ミリフィルムで残酷なシーンを残していく様は不気味。
暗がりでの映写シーンは恐い。
時代が変われば、USBとかになるのだろうか?

うにたん♪
うにたん♪さん / 2016年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

53

非常に不気味で怖いです。びっくりさせる演出もいいです。怖いものみたけりゃこれです。

もやし
もやしさん / 2015年12月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖いけど目が離せない!

音の使い方が上手い。
Boards Of Canadaのサントラも○
88点。

neonrg
neonrgさん / 2015年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホラーとしての出来はグッド

平凡で退屈な人生に疲れた時に観ると良いです!一気に目が覚めます。『エスター』のような怖さと言うよりかは、単純に雰囲気と音で構成されているホラー映画です。
そもそも自分の中でホラーというジャンルは怖ければ満足です。『シャイニング』は映画としての完成度が半端じゃないので特殊な位置づけですが、本作は雰囲気が出来上がっていたこともあり、別に嫌いではありません。
人を怖がらせることって結構難しくて、特に数あるホラー作品が普及している現在、もはやパターン化されつつある演出の数々に飽き飽きしている人がほとんどです。話は逸れますが、笑わすことはもっと難しいです。

なんか本作のレビュー関係なくなっちゃいました。結論は、ホラーとしては十分な作品だと思います。

ハットコック
ハットコックさん / 2015年9月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

し~っ…

かつて凄惨な事件があった郊外の家に家族と共に越してきたノンフィクション作家のオズワルド。本にし、起死回生を狙っていた。天井裏であるフィルムを見つける。そのフィルムには、おぞましい映像が残されていた…。

いわくつきの家に越してきて、奇怪な現象が起き始める…という定番の設定ながら、ゾクゾクゾクゾク、秀逸のホラー。
オカルトの部類に入るのだが、“それ”を見せるもしくは出るタイミングなどツボを抑えた作り。何度かドキッとした。
陰湿でじわじわ煽る恐怖演出はジャパニーズホラーに通じる。

それもその筈。本作のきっかけは、監督が「リング」を見た悪夢から、と聞く。
全体の雰囲気もそうだが、特に影響大と感じたのは、作品の要と言っても過言ではないフィルムの映像。
古ぼけ、意味深で、異様な不気味さ。
開幕早々写し出される一家4人の首吊り映像は、恐ろしくもいきなり作品世界に引き込まれてしまう。

のめり込むようにフィルムに残された幾つかの謎と事件の真相を追う。こけおどし的な大きな展開は起きず淡々としているが、なかなか興味惹き付ける。
こういうジャパニーズホラー的アメリカン・ホラーにありがちな家族愛オチも無く、むしろ逆とも言える後味の悪いラスト。ちょっと説明不足?唐突?とも捉えられなくもないが、かえって謎めいたものを残して悪くないオチだと思う。

スコット・デリクソンは当り外れ激しい監督だけど、本作は「エミリー・ローズ」と並んで当りの方。
“かつての栄光”と“真相と正義”の狭間の主人公を、イーサン・ホークが無精髭面のやさぐれ感で好演。

「死霊館」などアメリカン・ホラーにも良質作が増えてきた。
全てとは言わないが、その要因の一つにジャパニーズホラーの影響がある。
が、ジャパニーズホラーは近年不発続く。
ジャパニーズホラーよ、今一度世界に誇れ!

近大
近大さん / 2015年5月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

怖くないホラー

すごいグロ映像などはなく、想像より全く淡々としてました。話の要素としては悪くないのになぜこんなに怖くないのか。

だい
だいさん / 2014年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見たらいかんやつだ

わりと早い段階で、失踪と殺人の点は線で繋がる。
完全なオカルトに傾いてからは、言葉尻や映像の隅々を追うような、推理サスペンス的見方はやめて、ただ突発的に迫る映像の恐ろしさにびくびくするだけになった。
芝刈り機はいかん。
芝刈り機はいかんですよ。
まあ、他に言うことありません。
終わり方、続編行く気でしょうかね。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2014年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そうきたかー。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何してんの!さっさと警察にビデオ渡して引っ越ししなさい!
って思ってしまったので、私の負けです。
グロ過ぎず、ちゃんと配慮してあったので、グロ苦手な私としてはとても助かりました。
雰囲気も結構好きな映画でした。

ウサギ
ウサギさん / 2014年7月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画館に観に行けば良かった

内容は地味です。
めちゃくちゃ怖い、という訳でもなく、静かにエンディングとなります。
もっと怖いホラーが観たい人には少々物足りなさが残るかも。
賛否両論あるのが映画というものですが、私はオススメします。
全米大ヒットの本作、続編が製作されているようですが、本作はシリーズ化しない方がいい気がします…。
これは1つの作品として、終わらせた方が。

静かな恐怖が、じわりじわりと迫っているような
リアルな感覚が良い。
これがあるから私はホラーも見逃せないのだー!

カピバラ
カピバラさん / 2014年7月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気は良いんだけど・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2013年ホラーの秋という特集でラインナップに挙げられていた一作。感想から言うと、がっかりの一言。前半からの雰囲気作り、映像描写、ストーリーテリング、イーサン・ホークの演技など、どんどん引き込まれる内容だっただけに、後半オカルトの方へ話を持っていかれると途端に「あーそっちか」とがっかりしてしまった。これだったらオカルトを犯罪に盛り込んだ凶悪犯罪者というリアルなサスペンスの方が良かったんじゃないか・・・まぁ、個人的な意見だからストーリーに文句言っても始まらないんだけど。

オカルト映画でいうと、ちょっと前に観た「ポゼッション」の方が、始めからオカルトです。って言ってくれてたから安心して見れたけど、これは、予告も含めてそっちです。って言ってくれてなかったから、余計に落胆してしまったのかもしれない。

で、オカルトだったらオカルトでもうちょっと霊としての恐怖を入れてほしかった。なんか物音がして恐る恐る近づいていったら、蛇だったとか、犬だったとか、なんか子供が発作を起こして箱に入っちゃったとかw

んで、やっと霊が出てきたと思ったら、そこはフツーに出てくるんかい!みたいな。てか、子供が壁に惨殺死体の絵を書いてるっていう恐怖は描かないのか、とか。子供の豹変ぶりを描かないのは、ラストの展開をバレないようにする為に、あえてだと思うけど、あれ?もしかして?っていう伏線をバレない程度に散りばめておいたら、ショック度も多くてよりラストが怖くなったんじゃないかなーと個人的に思いました。全体的なトーン、雰囲気はすごく良かっただけに惜しいの一言です。

yuji
yujiさん / 2014年7月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

そろそろ飽きたかな。

ま~なんとまホラー定番の設定には飽きたかな、
まず主人公が作家、疑惑付きの家に住む、悲惨な死に方した家族の家なのに地元警察はのほほんとしてる。
この設定って外せないんでしょうか?
定番物語を観てるとさすがに突っ込み所があるとずっとそれがモヤモヤして映画に入れ込めなくなる。旦那があんな映像と恐怖を覚えたらまず家族を安全な所に行かすだろ。旦那が限界に来たときようやく家族一斉に逃げる。遅すぎです(笑)ビックリするぐらいこのパターン映画観ます。しかもこの映画、音で恐怖心をあおるだけで後はそんなに怖くない。
ただイーサンの演技が良かった。それだけです。

エイジ
エイジさん / 2014年6月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緊張感を絶えず強いられ酷く疲れる作品。

緊張と緩和のテンポが悪く、好きにはなれない作品でした。

個人的にホラー映画の基本は緊張と緩和の繰り返し。
緊張⇒緩和⇒衝撃(伴う緊張)⇒緩和…と繰り返す中で、緊張と緩和の落差を変える、もしくは途中でフェイクや入れ替えをすることで意外感を出し恐怖を更に煽ります。

特にJホラーは「緊張」に重点を置いており薄暗い画面と意味あり気な余白部分で観客を集中させ緊張を更に深いモノにし緩和/衝撃の落差を大きくしているのが特徴であると考えています。

で、本作。
Jホラー〝的な〟画面構成。
基本的に画面が薄暗く主人公と建物/対象の距離が広くとられており、その空いた余白部分が恐怖を煽ります。

惜しむらくは緊張と緩和の繰り返しのテンポが良くないこと。
少なくとも私には「緊張」部分が長過ぎました。

「緊張」部分が矢鱈と長いので集中力が切れて緩和/衝撃の時には既に疲れて食傷気味。
『あぁ、もうどうでも良いよ』という気分にすらなります。
設定や出てくる小道具が面白かったのに残念。

長い長い緊張状況を楽しめる方のみ。
オススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2014年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

33件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi