宇宙人王(ワン)さんとの遭遇のレビュー・感想・評価

宇宙人王(ワン)さんとの遭遇

劇場公開日 2012年10月20日
8件を表示 映画レビューを書く

拷問シーンが痛々しい

ネットで偶然、王さんのスクショを見て、とても可愛かったので題名を調べてDVDを購入。
題名からしてB級映画だろうと、たいして期待していなかったのだが…

低予算でここまで面白い作品が作れるとは驚きだ。
場面が変わるのは最初だけでほとんどが取調室でのシーンなのに、セリフひとつひとつに集中して、飽きずに観られた。

拷問前の緊迫感と、拷問時の痛々しさが良い。
もうやめてあげて!と叫びたくなるほどだ。

ラストは結構な衝撃。
王さん……マジかよ……

また、キャストやスタッフが無名だと後から知ったのだが、もう何本かこの手の作品がマニアに受けているとばかり思っていたので意外だった。

Arco
Arcoさん / 2016年4月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

失礼極まりないが気持ちはわかる

宇宙人と中国人には「得体の知れなさ加減」が共通している?ことをうめく利用した作品.その意味で失礼極まりないのだが,気持ちはわかる.オチも読めるが低予算でうまく作っていると思う.

ykono
ykonoさん / 2015年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「お前、バカだな」

中国語翻訳家のイタリア人女性ガイアに、ある機密の仕事の依頼が。目隠しされ、秘密警察に連れて行かれたのは、真っ暗な部屋。そこに居たのは、中国語を話す宇宙人…!

まずは誰もがコメディと思う。
何故か中国語を話す宇宙人“王さん”。(ちゃんと理由有り)
王さんの姿はチープでちょっと笑いそうになる。
そしてこの邦題。トミー・リー・ジョーンズの某CMみたい。

しかししかし!
内容はシリアスでサスペンスフルで驚かされる。

平和の為に来たと主張し続ける王さん。
秘密警察の男は、王さんが地球に来た目的は侵略だと勝手に決め付け、威圧的な態度で脅し、さらには拷問も…。
ガイアは王さんを助けようと奔走する…。

見る側もガイアと同じ立場に置かれ、秘密警察の態度にムカッとし、王さんに同情しつつも半信半疑…の緊張感を持たせる。
前半は尋問の会話劇。ほとんど動きは無いが、真相は?目的は?で引き込まれる。
そして、まさかまさかのラスト!
衝撃的な鬱展開…。
「お前、バカだな」
笑いや軽い気持ちで見るとKOされる。

無名のスタッフ・キャスト。低予算。ド派手なシーンも無い。(所々のCGは低予算なりに頑張っている)
大予算の超大作でなくともユニークなSFは作れる好例!

主演女優は全くの初めましてだが、なかなかの美人さん!

近大
近大さん / 2014年7月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかの展開!!!!!

途中まではそんなにだったんですけど最後にまさかの展開でした!!!!!自分はこういうのは好きなので面白いなぁと思いました(^^♪
CG技術はCGとモロわかるような感じでしたし少しツッコミたくなる場面もあったのでそこがマイナスです。ストーリーはとても良かったと思います!!

ロキ様
ロキ様さん / 2014年4月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 宇宙人を拷問するおじさんが、怒りっぽくて素人目にもうまく情報を引き出せないだろうと思う。冷静に理詰めにワンさんを追い込むような展開が見たかった。本当に友好的なのかどうか分からなくなるような演出だったら、もっとハラハラしたのではないかと思った。

 中国語を話して見た目が不気味なやつはやっぱり信用できないという結末は素人が考えたみたいで、あんまり面白いと思えなかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い!

笑った、最高に面白かった。笑えたが、実はこの映画は中国人以外の地峡人に警告を発信している映画です。
うかうかしていると、現実の全世界も王さんに本当に侵略されます。
すでにもう一部侵略されかけてます。
しかしこの映画はシュールです。中国人は見たら怒るな(笑)

nori
noriさん / 2013年3月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世の皮肉をオモシロ設定で包んだ一作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

設定が面白い。確かに中国の人口を考えれば中国語を話す人間が地球で一番多い。

ラストが予想できてしまったけど、でも、そうなるだろうな…と思っていたので納得といえば納得。

侵略しにきたのだろうときめてかかる秘密警察に対し、一貫して平和のためにきたと主張し続ける王さん。2人の意見はひたすら平行線で埒が明かない。一方、中国語が話せるので王さんと会話することができる通訳のガイアは、王さんの話に耳を傾けようとするが、結局のところ……。

うわべではなんとでも言っていても、本心で何を考えているかなんてわからない。さらに話す言語が違えば、なにを言っているかわからない不気味さがある。

さらに言えば、言葉が通じようが通じまいが、相手が歩み寄ろうとする意思がなければコミュニケーションなど成り立たない。根底にある文化、価値観がまったく違えば、たとえ言葉が通じても、どうしようもない。

そんな皮肉で痛烈な事情を、中国語を話す宇宙人という設定で描いたアイデアが面白い一作です。

α
αさん / 2012年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

続きが見たいと思ったらダメかな…

コメディSFかと思っていたら全然違いました。
人間の生活に溶け込みたく移住してきた宇宙人を地球侵略と思い込み拷問尋問を続ける秘密警察と中国語通訳の女性とこの宇宙人との物語。
宇宙人がなぜか中国語を話すというところが一番のみそですね。
‘なぜ中国語をしゃべるんだ?’との尋問に‘一番中国語をしゃべる人間が多いから’と答える宇宙人。そりゃそうだ、人口多いしね。
けど、いろんな意味でこのセリフ笑える。
というか、中国語をしゃべれる宇宙人に設定したことでいろんな時事情勢と比べられる。
特に今、日本との関係も考えるとね…。
お話だけでなくビジュアルもいろいろかっこよかったですよ。
面白かった!!

peanuts
peanutsさん / 2012年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi