永遠の語らい
ホーム > 作品情報 > 映画「永遠の語らい」
メニュー

永遠の語らい

劇場公開日

解説

ポルトガルの巨匠マノエル・デ・オリヴェイラ監督が、西洋文明の遥かなる歴史を振り返りその未来を見つめた物語。父親に会うため地中海を巡る船旅に出た母娘が、その道中で人類の歴史と文化の足跡に触れ、また様々な国の人々との出会いを通して自らの歴史観を新たにしていく。

ストーリー

2001年7月、7才の少女マリア(フィリッパ・ド・アルメイダ)は母親のローザ=マリア(レオノール・シルヴェイラ)と一緒に、インドのボンベイにいるパイロットの父親に会うために地中海をめぐる船旅に出発した。歴史の教授であるローザ=マリアは、これまで本の中でしか知らなかった人類の歴史をその目で確かめたかったのだ。ポルトからはじまり、マルセイユ、ポンペイの旧跡、アテネ、イスタンブールや、エジプトのピラミッド…。それは西洋文明に大きな影響を残し続けている、幾千年にも渡る地中海文明を巡る遥かなる時空の旅だった。それらの軌跡を前に語られるオデュッセウスの物語や、ローマ神話のお話は、これまでマリアが知らなかった世界の物語だった。ある夜、マリアとローザは船のデッキの上で声をかけてきたアメリカ人の船長(ジョン・マルコヴィッチ )と知り合いになり、夕食の席に招かれた。そこには起業家であるフランス人デルフィーヌ、元モデルのイタリア人フランチェスカや、舞台女優であり教授でもあるギリシャ人のヘレナといった、異なる国籍を持つ3人の女性が楽しく人生を語り合っていた。その人々は不思議なことに、それぞれが自国の言葉を話していた。お互いがお互いの話す言葉を理解している。まるで世界には言語の壁という隔たりがないのではないかのように。マリアは船長がアデンで買った可愛い人形をプレゼントされた。やがてその人形は、マリアにとって片時も離れることの出来ない宝物となっていく...

作品データ

原題 Um Filme Falado
製作年 2003年
製作国 ポルトガル・フランス・イタリア合作
配給 アルシネテラン
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi