棺の花
ホーム > 作品情報 > 映画「棺の花」
メニュー

棺の花

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

天涯孤独で社会の底辺にあえぐ女の哀しいまでの愛の姿を描く、水上勉の本格推理小説の傑作「棺の花」が映画化された。この作品は派手なトリックやクールなアリバイ崩しがあるわけではなく、ドロドロした人間関係や曲折した愛の世界が重要な構成部分を占める作品で監督・脚本は麻生亮、主な出演者は演劇集団「サチェロスの会」のメンバーを配している。スチルは武岡秀夫。

ストーリー

戦災孤児から身を起こし、今では口上を経営する音吉の妻・仙子が花火大会の夜に殺害される。兄の虎吉はコツコツと事件を調べ始める。まもなく音吉は工場の事務員の久子と再婚する。二人は以前から関係があった…。...

スタッフ

監督
脚本
麻生亮
原作
水上勉
撮影
笠井知彰
音楽
ババリヤ・山口
照明
佐藤芳郎
編集
福本佳豆
助監督
伊藤博
スチル
武岡秀夫

キャスト

作品データ

製作年 1979年
製作国 日本
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi