嵐に立つ王女
ホーム > 作品情報 > 映画「嵐に立つ王女」
メニュー

嵐に立つ王女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

高橋繁夫の原案から、「人形佐七捕物帖 鮮血の乳房」の共同脚色者・金田光夫と、土居通芳が脚本を書き、「貞操の嵐」の土居通芳が監督したメロドラマ。撮影は「怪談鏡ケ淵」の森田守。

ストーリー

弓枝は銀座裏の化粧品売りだ。実は、もとモンゴリア王国の王女芳蘭だった。自身は過去の記憶を失っていた。山科はやっと彼女にめぐりあえた。--終戦の時、王国は亡び、王は死に、日本軍中尉山科が、王女を守って落ちのびて以来である。山科は彼女の病気をなおそうと努力した。侍従武官時代の同僚・南原と松村は王女の健在を知ると王国のスイス銀行の財産を狙おうとした。彼らは弓枝に王女にふさわしい物腰や知識を教えこむ。スイスから一週間後に真偽をたしかめに調査員がくるはずだった。山科は彼らから弓枝を離し、静養させた。南原らは白紙委任状をつくり、弓枝にサインをさせ、国王の信任厚かった佐竹中将未亡人にあわせようとした。が、弓枝は、約束の時間に現われず、失敗した。彼女は山科を追って東京を離れていた。彼女は彼を愛していた。地位も財もほしくなかったという。--調査員が来日した。山科たちの仕えた王国の康殿下だった。弓枝は山科のいる湖畔で落雷をうけ、そのショックで過去の記憶をとり戻していた。殿下は彼女とのスイスでの結婚と彼女の王国遺産継承を発表した。王女は山科への恋があきらめられぬ。いよいよつのった。山科に電話で救出を求めた。山科は断りきれなかった。出かけようとした時、彼を愛していたますみという社長令嬢が自殺を計り、危篤だと知らせてきた。彼を呼びつづけていると。これも断れなかった。彼はますみの方へ行くことを選んだ。王女は一睡もせず待っていた。そして山科をあきらめた。王女の帰国の日、ますみは山科に見送りをすすめた。それを聞入れぬ山科も、アパートの部屋で王女の愛を誓う置手紙を見つけた時、羽田へ必死で駈けつけたという。王女はすでに機上にあった。話し合うこともかなわぬ。王女は涙ながらに手を振り、機は飛び去った。...

スタッフ

監督
脚本
金田光夫
土居通芳
原案
高橋繁夫
企画
津田勝二
製作
大蔵貢
撮影
森田守
美術
加藤雅俊
音楽
江口夜詩
録音
鈴木勇
照明
平岡岩治

キャスト

作品データ

製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 78分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

新東宝名画傑作選DVD-BOXIII 大戦の指導者編[DVD] 温泉あんま芸者[DVD]
新東宝名画傑作選DVD-BOXIII 大戦の指導者編[DVD] 温泉あんま芸者[DVD]
発売日:2005年7月21日 最安価格: ¥8,251 発売日:2009年9月21日 最安価格: ¥3,791
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi