海は生きている
ホーム > 作品情報 > 映画「海は生きている」
メニュー

海は生きている

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

海の中のさまざまな現象や動物のなりたちを追求することによって、生命の出来る仕組みをやさしく説きあかそうというもので、琉球列島の最南端にあたる八重山群島ハテルマ島に海外ロケした。脚本・演出は羽仁進、撮影は小林静夫・吉田六郎、解説は東野英治郎・黒柳徹子。なお、指導は江の島水族館・雨宮育作。後援は琉球映画貿易株式会社。

ストーリー

琉球八重山の島々。サンゴ礁が美しい。この島の一つに少年は住んでいた。少年の家に生れたばかりの赤ちゃんが、不思議な儀式の先頭に立たせられる。長命草に海水と蟹を加えて煮、儀式に供えられる。--この島の人々の生活はすべて海につながる。古来から琉球独得の漁法・追いこみ漁は珍しい眺めだ。少年たちは泳ぎながら魚を釣る、さては銛を持っての海中の冒険。少年はいろいろな魚や海蛇、それに花野菜サンゴなどに出会う。海中旅行は楽しかった。嵐の日や巫子の祈る日が過ぎ、少年は初めて赤ん坊を間近かに見るのを許された。また夜、岩かげで海蛇の一種永良部鰻の産卵を目撃した。この二つのことが、少年を生命の神秘さについて考えさせた。海神祭の日に発表された懸賞で、少年は都会の水族館を見学させてもらえることになる。少年は水族館の技師からいろいろのことを話してもらった。単細胞動物のこと、腔腸動物のこと(クラゲやサンゴなど)、卵からかえる魚たちのこと、などなど。少年は学び、賢くなり、島へ帰った。赤ちゃんはだいぶ大きくなってい、その将来の成長を占う儀式が、島で行われていた。...

スタッフ

演出
羽仁進
脚本
羽仁進
企画
日活株式会社
製作
小口禎三
撮影
小村静夫
吉田六郎
水中撮影
造型センター
美術
武田謙之助
勅使河原宏
音楽
入野義郎
録音
加藤一郎
照明
伴野功
解説
東野英治郎
黒柳徹子

キャスト

作品データ

原題 The Living Sea
製作年 1958年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 56分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi