最後の女達
ホーム > 作品情報 > 映画「最後の女達」
メニュー

最後の女達

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

左派社会党代議士下川議太郎の企画になる剣映プロ第一回作品で、篠塚吉太郎の“サイパン最後の女達”(主婦之友所載)、“サイパン最後の記録”(東和社版)をもとに「日の果て」の八木保太郎が構成し、「ママの日記」の北村勉がシナリオを書き、「箱根風雲録」(共同監督)の楠田清が監督している。出演者は「蟹工船」の河野秋武、「日の果て」の利根はる恵、信欣三、「花と波涛」の山内明などである。

ストーリー

一九四四年六月、米機動部隊はサイパン島に上陸を開始した。南洋製糖社員牧村は避難している妻淳子と二人の子供を求めて傷ついた身体をドンニーの洞窟へ運んだ。その時淳子の洞窟から去って行く原島軍曹の姿に、牧村は深い疑惑を覚えた。原島は抵抗する淳子をトラックの影に引きずり込んで暴力でおかしたのだ。淳子からすべてを告白された牧村は、その夜悲しみと怒りと憎しみの複雑な気持で淳子の身体を求めた。食糧狩の途中牧村は原島を見付け、軍刀で構える原島に迫るが、その時艦砲の一弾は倉庫に命中した。牧村は傷ついた原島を洞窟に運び、冷酷にも淳子に手当を命じた。戦況は悪化、島の北端マッピー岬に追いつめられた人々は次々と死んだ。傍らに横たわる栄子の姿に慾情を感じた牧村は、栄子を抱こうとするが、その犯し難い美しさに打たれ、人間らしい気持をとり戻し、盲目になった原島にも水を呑ませてやった。七月七日玉砕の布告が出され、婦女子は監視兵につきそわれ、マッピー岬から入水して行った。牧村の呼ぶ声に淳子は思わずかけ寄ろうとするが、監視兵に射殺された。七月八日生き残り二、三千名の斬込隊は最後のはかない抵抗に進発した。...

スタッフ

演出
楠田清
構成
八木保太郎
脚本
北村勉
原作
篠塚吉太郎
企画
下川儀太郎
製作
若山一夫
佐藤観次郎
撮影
仲沢半次郎
美術
江口準次
照明
若月荒夫

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

姿三四郎〈普及版〉[DVD] 渥美清の泣いてたまるか VOL.5[DVD] 雷撃隊出動【期間限定プライス版】[DVD] 姿三四郎[Blu-ray/ブルーレイ]
姿三四郎〈普及版〉[DVD] 渥美清の泣いてたまるか VOL.5[DVD] 雷撃隊出動【期間限定プライス版】[DVD] 姿三四郎[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2007年12月7日 最安価格: ¥4,104 発売日:2013年1月1日 最安価格: ¥1,728 発売日:2013年11月8日 最安価格: ¥2,700 発売日:2009年10月23日 最安価格: ¥3,930
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi