二人の瞳
ホーム > 作品情報 > 映画「二人の瞳」
メニュー

二人の瞳

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハリウッドからマーガレット・オブライエンを迎えて美空ひばりと共演の作品で、企画は加賀四郎。脚本は「東京のえくぼ」の小国英雄が書き「白蘭紅蘭」の仲木繁雄が監督に当っている。撮影は「二つの処女線」の高橋通夫。出演者は「百萬人の音樂」「若草物語」その他のアメリカ映画でわが国にも知られたマーガレット・オブライエンと「牛若丸」の美空ひばり、「稲妻(1952)」の三浦光子とが主演するほか、岡村文子、中村哲その他の人々が助演している。

ストーリー

キャサリン・マクダーモットは学校の休暇を利用して、日本に駐在する父をたずねて来た。父とハウス・キーパーの田代正子に迎えられたキャサリンは、家へ向う自動車のなかから見る珍しい風景に心を奪われていたが、自分位の年頃の少女をリーダーにした子供の楽団が街角で演奏していた姿は特に心に残った。その楽団は阿部マリ枝を頭にした浮浪児の集まりだったが、「孤児院聖母寮建設資金募集」の旗をたてて稼いでいるのだった。それを街のボス浅沼利一にいんねんつけられ、追われてマリ枝が逃げ込んだのが、キャサリンの家だった。言葉は通じないながら二人の間には手真似、眼まぜで段々親しさが増し、大の仲良しになった。楽団の解散で、喰えなくなった浮浪児が、またもとのチャリンコをやってつかまったとき、キャサリンは何もうたがわずマリ枝のいうまま子供たちの身許引受人になってやった。そして、ほん気になって孤児院聖母寮の建設資金募集を思いたち、マリ枝をはげました。マリ枝はキャサリンをいつわっていたことを後悔し、子供たちを集めてこんどは本当にそのために働き出した。キャサリンの父や、田代正子などの援助でやっと寮の建設の運びになったとき、キャサリンも休暇が終り彼女を愛するたくさんの人々に見送られ、アメリカへと立って行った。...

スタッフ

監督
脚本
小国英雄
企画
加賀四郎
撮影
高橋通夫
美術
高橋康一
音楽
万城目正
録音
橋本国雄
照明
伊藤幸夫

キャスト

作品データ

原題 Girls,Hand in Hand
製作年 1952年
製作国 日本
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi