十代の妊娠
ホーム > 作品情報 > 映画「十代の妊娠」
メニュー

十代の妊娠

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一昨年夏の「ある女子高校医の記録 妊娠」に始まったジュニア・セックス・シリーズ。脚本は「女秘密調査員 唇に賭けろ」の長谷川公之、監督は「高校生番長」の帯盛迪彦。撮影は「あぶく銭」の森田富士郎が担当。

ストーリー

クラス委員の節子は、中原教頭に呼び出された。それは、早苗の行動にとかくの風評があるが、その自主的解決をしてほしいということだった。節子は尾行の結果、早苗が隣りの男子高のハンサムボーイ、本山高夫や中原英彦とのつき合いのあることを確認したが、早苗からは教頭のイヌとなじられて心を痛めた。また、英彦は節子の清潔な美しさに、棒を呑んだように立ちつくしていた。事の次第を教頭に報告する前に、節子は友人の桃代に相談に出かけるが、桃代から意外な事実を打ち明けられた。妊娠だというのだ。驚いた母親の久乃は、相手の武志の家に怒鳴りこむが、彼の父、俊作はめっぽう桃代が気に入っており、二人の仲を簡単に認める始末。後に、これが想像妊娠であると判明したが、時すでに遅かった。そのころ、英彦の高校では文化祭が開かれていた。英彦は心理学研究班の実験で、暗室にいたが、偶然にもそこに、夢にまで見た節子の姿を見つけると、いやがうえにも胸が高なるのを感じた。色彩と音響の騒々しい交錯に、一層刺激をうけた英彦は、自制心を失い、節子を押し倒した。数カ月後、思いきって、産婦人科医の門をくぐった節子は、怖れていたことが事実となり、目の前が急に真っ暗になってゆくのを感じた。節子はひたすら謝罪を乞う英彦を許そうとはせず、やがて絶望を感じながらも、敢然と堕胎手術をうけた。これを知った教頭たちは、つくづく若者の性知識に対する成熟の速さに驚くのだった。...

スタッフ

監督
脚本
長谷川公之
企画
斎藤米二郎
撮影
森田富士郎
美術
加藤茂
音楽
伊部晴美
録音
中沢光喜
照明
美間博
編集
山田弘
スチール
小山田幸生

キャスト

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 ダイニチ映配
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi