荒野のみな殺し
ホーム > 作品情報 > 映画「荒野のみな殺し」
メニュー

荒野のみな殺し

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

R・S・ウォレンとウィリー・リーガンの共同脚本をジョゼフ・ウォレンが監督した西部劇。撮影はステファン・サンター、音楽はアレクサンドル・デレヴィトスキーが担当。出演はジャック・スチュアート、ダン・ヴァディス、ジア・アーレンほか。製作はウィリー・リーガン。イーストマンカラー、ガースコープ。

ストーリー

メキシコに近いアメリカ西部の小さな農場に、かつて南軍の将校だったデイビット老人が、息子のノーマン(J・スチュアート)と暮していた。ある日農場へ老人の旧友サムが重傷を負って転がり込み、「クック大佐を助けに行け!」と言ってこと切れた。そこへサムを追ってきたらしい覆面の二人の男が、デイビット老人を連れ去ろうとした。老人が抵抗して殺されたのを見たノーマンは手練の早業で二人を倒した。ノーマンはクック大佐捜索のため、父の戦友フランクと南北戦争の時部隊長だったローガンに協力を頼み、レインジャー・シティへ行った。途中三人はウィスキー行商人のフォーランを助け、行動をともにした。町へ着いてみると、男たちの姿はなく、おびえきった女や子供ばかりであった。四人はジェニー(G・アーレン)という酒場の女主人から、メキシコ人ラモン(D・ヴァディス)を頭とする山賊の一団が町を襲い、男たちを人質として連れ去ったことを聞いた。クック大佐もその一人だった。ノーマンはラモンのところから帰ってきたロージーという女からラモンの隠れ家を教わると、一味が再び町を襲撃した隙にクック大佐を助けた。大佐の保管しているはずの南軍の資金十万ドルを狙っていたラモンは、夜明けまでに大佐の財宝を渡さなければ町の者を皆殺しにすると通告した。翌朝の戦闘は残酷だった。その最中、ジェニーは密かに奪った十万ドルの持ち逃げをはかったが、フォーラン、実は政府から十万ドル回収のために派遣された男、に発見された。ラモンはこの二人を射った。ノーマンは壮烈な一騎打の末、父の仇ラモンを討った。...

作品データ

原題 Deguejo
製作年 1966年
製作国 イタリア
配給 NCC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi