汚れなき旅情
ホーム > 作品情報 > 映画「汚れなき旅情」
メニュー

汚れなき旅情

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

美しいエーゲ海やアテネを背景に、青年と少女の心の交流を描く。監督はヴァシリス・ジョルジアディス、脚本はヤコボス・カンバネリス、撮影はニコス・ガルデリス、音楽はスタヴロス・サルカコスが各々担当。出演はアン・ロンバーグ、ヤニス・ヴォグリス、コスタス・バカス、ミランダ・ミラなど。

ストーリー

イギリスの若い娘アン(A・ロンバーグ)は夏の休暇を利用して、友だちとギリシャ旅行を楽しんでいた。ある日、アンが一人で羊の群れにカメラを向けていると、土地の青年(Y・ボグリス)が近づいてきた。何となく不安を感じたアンは、いきなり逃げだした。少女を追いかける青年を見た村人は青年を捕まえて警察につきだした。しかし、考えてみればアンは何もされていないのだ。事情を説明するために警察におもむいたアンに、青年はポケットから取りだしたアマンドを差しだした。彼にしてみれば、彼女にアマンドをあげたかっただけなのだ。アンの必死の説明も、英語のわからない署長には通じない。アンは彼が釈放されるまでここにとどまることにした。アンは差し入れのために毎日警察を訪れた。それからしばらくして青年が釈放されアンは旅立った。青年は、彼女の姿が見えなくなったとたん、淋しさがこみあげ、彼女のあとを追った。初めて見る大都会でうろうろしながら、ホテルを捜し当てた。アンにとって、彼は旅のゆきずりに知りあった一青年にすぎなかったが、その素朴さに惹かれ、一夜を共にした。翌日、アンはイギリスに帰らなければならない。二人はアテネ空港に向った。青年はアンの姿を見失なうまいとデッキを走った。ジェット機は飛び立ち、夏の日の恋は終った。それはアンにとっては苦く切ない青春の旅情の一コマであり、初めて女性を愛した青年にとっては、生涯忘れ得ぬ恋物語となった……。...

作品データ

原題 Girl In The Sun
製作年 1968年
製作国 ギリシャ
配給 東京第一フィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi