フェゴス
ホーム > 作品情報 > 映画「フェゴス」
メニュー

フェゴス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

今世紀初頭を舞台に、南米のある封建的家庭の崩壊を描く。製作はマリー・ロール・リール、監督は本作品がデビューになるアルフレッド・アリエス、脚本はジェラール・ブラッシュ、撮影はラウール・クタール、音楽はジャン・マリー・セニアが担当。出演はヴィットリオ・メッゾジョルノ、アンヘラ・モリーナほか。

ストーリー

今世紀初頭の南米。横暴で放蕩三昧の生活を送るグリンゴ(ヴィットリオ・メッゾジョルノ)は、息子の出征の朝でさえ売春婦ラ・ポラカ(マリル・マリーニ)の部屋で寝ぼけている男だったが、そんな一家を支えるのは心優しいグリンゴの妻クララ(カトリーヌ・ルーヴェル)と、彼女の妹でグリンゴの愛人であるアデラ(アンヘラ・モリーナ)であった。そんな生活の中で、長女メシャ(クリスティーヌ・カマヤ)は父への憎悪を募らせていた。ある日グリンゴが帰宅すると、子供たちか誤まって火を出し大騒ぎしていた。この混乱の中、彼は賭博で負けた借金の代償として下女のマルガリータ(ヴァレンティナ・ヴァルガス)を、ドン・ブラウリオ(ガブリエル・モネ)に引き渡すのだった。その残忍な父の姿に、メシャの心は決まった。不眠症だったマルガリータの睡眠薬を盗み出し、父の水筒にそれをたらすのだった。やがてグリンゴは死んだ。しかしその原因は、鳥にふり落とされ頭をうったのだが、それを知らないメシャは卒倒するのだった。月日がたちアデラの恋人ナチョ(ディディエ・ゲディ)が、グリンゴに代わって家長のように振る舞っていた。嵐の夜、アデラによってクララの寝室に向かったナチョの姿をみたメシャは、彼の枕元に薬の入った飲み物を運ぶのだった。...

作品データ

原題 Fuegos
製作年 1986年
製作国 フランス
配給 シネセゾン

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi