ホワイト・シスター(1923)
ホーム > 作品情報 > 映画「ホワイト・シスター(1923)」
メニュー

ホワイト・シスター(1923)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

F・マリオン・クロフォード原著の小説に基づき、「乗合馬車」「激怒(1923)」等と同じくヘンリー・キングが監督した。「東への道」「嵐の孤児」等出演のリリアン・ギッシュがイタリアにおいて製作した第1回作品で、対手役には、新顔のロナルド・コールマンが選ばれた。その他ゲイル・ケイン、バーニー・シェリー及びイタリアの俳優が多数出演する。劇のクライマックスたるヴェスヴィアス火山の噴火は悽愴なる気分を漂わせる。製作会社なるインスピレーション社からメトロ社が発売権利を得て、当然ファースト・ナショナル社から発売されると予期していたその界を驚かしたに見ても、両社の間に激しい争奪戦のあったことが想像される。

ストーリー

イタリアの貴族キラモンテ公爵の愛嬢アンゲラはセヴェリ大尉と恋仲であったが、父公爵は彼女を他の男と結婚させようとしていた。父君が急病で死んだとき、アンゲラの異母姉は父の遺言書を破棄してアンゲラに譲られるべき財産をも奪ったので、アンゲラは窮迫した生活に陥らねばならなかった。しかしセヴェリ大尉の彼女に対する愛は変わらなかった。彼女が貧しくなれば、かえって2人の間の障壁が取れて、自由の愛が楽しめるとて、2人は貧しいながらも幸福な結婚生活に入る。2人のこの生活は、しかし長くは続かなかった。セヴェリ大尉は命令によってアフリカへ出張することとなり、やがて、大尉の死の報知が、アンゲラのもとへしらされた。幸福なりし過ぎし日の想い出は、アンゲラをして、この後この悩み多き人の世に、魂なくして生きることを許さなかった、神の御前に潔らかな尼僧として亡き夫の冥福祈らばやと、あたらうら若き身を浮き世と絶って、アンゲラは修道院に入ったのである。セヴェリは死んだのではなかった。彼が妻と久振りに会う喜びに胸躍らせて帰って来た時、ああ、彼女は人の世と交わりを絶った修道院の中に神に仕える身であった。セヴェリは妻をして、神に誓った言葉を捨てさせ、再び人の世に帰らせようと努めはしたが、一度神に捧げた身の、アンゲラは愛する夫のもととはいえ、帰ろうとはしなかった。けれども、彼女は悲しかった。苦しかった。その悩み忘れんとて、神の御前に膝まづき、祈願をこめる彼女の姿こそ、世にも憐れなものであった。突如ヴェスヴィアス火山の大爆発が起こり、溶岩は流れ、大洪水は襲来し、阿鼻叫喚の巷とかわった。セヴェリは人々を救おうとして、水に溺れて死んでしまった。かくて満たされざる恋の2人は、永遠に相会う機会を失ったのであった。...

キャスト

作品データ

原題 The White Sister
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

世界名作映画全集58 白昼の決闘[DVD] 白昼の決闘[DVD] 國民の創生【淀川長治解説映像付き】[DVD] 狩人の夜[DVD]
世界名作映画全集58 白昼の決闘[DVD] 白昼の決闘[DVD] 國民の創生【淀川長治解説映像付き】[DVD] 狩人の夜[DVD]
発売日:2005年9月25日 最安価格: ¥2,479 発売日:2008年4月24日 最安価格: ¥827 発売日:2014年11月28日 最安価格: ¥1,029 発売日:2016年12月2日 最安価格: ¥1,000
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ホワイト・シスター(1923)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi