第三の日
ホーム > 作品情報 > 映画「第三の日」
メニュー

第三の日

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョセフ・ヘイズの原作をロバート・ウォールとロバート・プレスネル・ジュニアが共同で脚色、TV「裸の町」のジャック・スマイトが製作・監督したサイコ・サスペンス。撮影はロバート・サーティース、音楽はパーシー・フェイスが担当した。出演は「大いなる野望」のジョージ・ペパード、同じくエリザベス・アシュレー、「史上最大の作戦」のロディ・マクドウォール、「グレート・レース」のアーサー・オコンネル、TV「ベン・ケーシー」のサリー・ケラーマンほか。

ストーリー

スティーヴ(ジョージ・ペパード)はいかがわしい噂のある女ホリーと自動車事故を起こし、記憶を喪失した。彼は貧しい家の出だったが、オースチンの会社に就職したその娘アレクサンドリア(エリザベス・アシュレー)と結婚していた。オースチンは卒中で倒れ、スティーヴが会社の実権を握り、義理の兄弟オリバーの憎しみを買っていた。またアレクサンドリアともうまくいってない。それに彼女は彼の記憶喪失を信じなかった。そのころ、ホリーは病院で死んだ。彼女にはエドワードという夫があり、スティーヴは重役会で再建案を主張して譲らなかった。そして、オースチンは病床から再建の意志を表明した。検事ドム(ハーバート・ウェバー)はホリー殺しの容疑でスティーヴを召喚した。一方、エドワードはアレクサンドリアを「御主人の命が危ない」とだまして連れ出し、その事件を伯母のキャサリンが検事局に知らせた。スティーヴは監禁を逃れて警察の車に便乗、後を追った。検事の車がそれに続く。エドワードはアレクサンドリアに事故を目撃したのは自分だと告白した。彼等に追いついたスティーヴはエドワードに組みつき格闘になった。ついにエドワードはホリーの死は事故によるもので、スティーヴが彼女を助けようと必死になっていた事実を白状した。スティーヴとアレクサンドリアは互いに顔を見合わせ、やがて幸福な思いでになるであろうことを考えあった。...

作品データ

原題 The Third Day
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi