太陽にかける橋
ホーム > 作品情報 > 映画「太陽にかける橋」
メニュー

太陽にかける橋

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

日本人外交官の妻として第二次大戦中と、その前後を通じ、日米両国の間のかけ橋になろうと努力したグウェン・テラサキの自伝的小説の映画化である。脚色は「楽園に帰る(1953)」のチャールズ・カウフマン。監督は「45回転の殺人」の新鋭エチエンヌ・ペリエ。京都中心に日本ロケも行なわれた。撮影はマルセル・ワイス、音楽はジョルジュ・オーリックである。出演者はキャロル・ベイカー、ジェームズ・繁田、丹波哲郎。高橋京子など。製作は「掟」のジャック・バトル。

ストーリー

1930年のワシントンで、アメリカの少女グウェン(キャロル・ベイカー)は駐在中の若い日本人外交官寺崎(ジェームズ・繁田)と恋に落ちて結婚した。間もなく寺崎は日本転勤となり、グウェンは夫と共に見知らぬ国、日本へ渡った。そして10年、上海、キューバと転任を重ねながらも2人は幸福だった。しかし日本をめぐる国際情勢は日に日に険悪の度を加え、ついに日本軍によって真珠湾攻撃が開始された時、寺崎は野村大使らと共にワシントンにあって、戦争をくいとめようと必死の努力を続けていたが、10歳になったマリコを連れた夫妻は交換船で日本へ送られた。故国日本には寺崎の活動する余地はなく、職も追われ、特高と憲兵の恐怖にさらされ、うえに苦しみながら一家は生きてゆかねばならなかった。やがて日本は降伏し、寺崎は再び祖国のために働き始め、一家にも再び平和が訪れたかに見えたが。寺崎の病は重く、余命いくばくもないことを知らねばならなかった。彼はグウェンとマリコへ一足さきにアメリカへ渡るようにすすめた。グウェンは夫と共に日本に残りたかったが、マリコたち同じ世代の者が、他日、日米両国修好のかけ橋になってくれるようにと願う寺崎の切なる思いに背を向けることもできなかった。再び逢うことはできないかもしれない夫に見送られて、グウェンはマリコと共に日本を去って行った。...

作品データ

原題 Bridge to the Sun
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

太陽にかける橋/ペーパー・タイガー[Blu-ray/ブルーレイ] 太陽にかける橋/ペーパー・タイガー[DVD] 西部開拓史[Blu-ray/ブルーレイ] 西部開拓史 特別版[DVD]
太陽にかける橋/ペーパー・タイガー[Blu-ray/ブルーレイ] 太陽にかける橋/ペーパー・タイガー[DVD] 西部開拓史[Blu-ray/ブルーレイ] 西部開拓史 特別版[DVD]
発売日:2012年6月8日 最安価格: ¥1,208 発売日:2012年6月8日 最安価格: ¥910 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥1,189 発売日:2000年4月21日 最安価格: ¥2,160
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi