ステート・フェア(1962)
ホーム > 作品情報 > 映画「ステート・フェア(1962)」
メニュー

ステート・フェア(1962)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フィル・ストングの小説『ステート・フェア』にもとづいた故オスカー・ハマースタイン2世の脚本をリチャード・ブリーンが脚色、「青春の旅情」のホセ・フェラーが監督したミュージカル映画。撮影は「アンネの日記」のウィリアム・C・メラー。映画の中で歌われる歌曲の作詞はハマースタイン2世が生前に書いたもので、作曲はリチャード・ロジャース、音楽監督・指揮はアルフレッド・ニューマンが担当。出演者は、「七面鳥艦隊」のパット・ブーン、「ペペ」のボビー・ダーリン、「ワン・ツー・スリー」のパメラ・ティフィン、アン・マーグレット、トム・イーウェルなど。チャールズ・ブラケット製作。

ストーリー

舞台は現代のテキサス。農場主のフレイクには、妻のメリッサとの間に長男のウェイン(パット・ブーン)とその妹マージー(パメラ・ティフィン)とその妹マージー(パメラ・ティフィン)と2人の子供がある。今年も恒例のステート・フェアが開催されると、フレイク家はそれぞれ自慢の出品物と共に、一家をあげて出かけて行った。豚、漬物、スポーツカー等々である。ウェインは、愛用のスポーツカーでステート・フェアのスピード競争に出場、見事優勝した。ここで彼は美しいドサ廻りの芸人エミリーと知り合った。一方、妹のマージーは、会場でテレビの実況放送の司会者ジェリー(ボビー・ダーリン)と知り合った。ジェリーは最初は単なる浮気心で彼女に近づいたのだが、彼女の純情さにうたれ本心から愛するようになった。兄のウェインも妹に負けない純情型、エミリーにすっかりひかれた彼は、彼女のアパートを訪れ愛をうち明けた。翌日、農産物の品評コンクールでは母親メリッサの漬物と父親の豚が一等を得た。そんな間にもマージーとジェリー、ウェインとエミリーの仲はますます睦まじくなるばかり。ウェインはエミリーの名前を書いた愛用車でスピード競争の決勝戦へ出場、そんな様子を見た母親はエミリーがまともな娘でないことを心配した。母親の心配はもっともと、エミリーはウェインのもとから姿を消した。マージーの恋人ジェリーも、仕事が終わると突然会場から姿を消した。だが、ステート・フェアが幕を閉じてから数日、失恋のマージーを迎えに現れたのはほかならぬジェリーだった。喜びの妹と初恋に破れた兄。フレイク一家にもやがて明るさがよみがえるだろう。...

作品データ

原題 State Fair
製作年 1962年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ステート・フェア(1962)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi