マリーゴールド・ホテルで会いましょうのレビュー・感想・評価

マリーゴールド・ホテルで会いましょう

劇場公開日 2013年2月1日
23件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

本当の失敗とは"やらないでおくこと"

本当の失敗とは"やらないでおくこと"

さばらん
さばらんさん / 2017年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

老後はアパートでいい(^^;

インドを舞台にした映画はどれも美しい
けど移住したいとは思わない
それぞれ人生の最後をどう過ごすか
モデルケースとして面白かった

うん、妄想ならいくらでも思い浮かぶ(笑)

007のおばちゃんはやっぱりインパクトある!

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2017年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シニア版 "Eat Pray Love" ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

伴侶の死、退職後の生活、長年の後悔、病気。
それぞれの思いや事情を抱え、イギリスからインドのホテルへやってきたシニア達。

イギリスと比べれば決して便利とは言えない生活環境の中で、インドの生命力と活気に刺激され、本国で縛られていた概念から徐々に解き放たれていく彼らの変貌が描かれていました。その一方で、インド人は彼ら自身の慣習に縛られており、結婚も仕事も自由にならない若者達の現状が非常に対照的でした。

幾つになっても悩みや苦労は尽きない代わりに、心の柔軟性さえ失わなければ何度でも挑戦できるのかなと思いました。同世代になったらまた観てみたいです。

ちなみに最初のほうに一瞬出てくる美容師は、"Sherlock"のMollyですね(^^)。

"The challenge is to cope with it. And not just cope, but thrive."

"The only real failure is the failure to try. And the measure of success is how we cope with disappointment."

"... the person who risks nothing, does nothing; has nothing. "

"All we know about the future is that it will be different. But, perhaps what we fear is that it will be the same. So, we must celebrate the changes."

"Everything will be alright in the end. And if it's not alright, then it's not yet the end.""

everglaze
everglazeさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何事も、最後は大団円。

この映画に吹いている風が好き。

Megumi
Megumiさん / 2017年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オートバイ

いろんな境遇の老いた人たち。様々な目的でインド生活。そこにはときめく出会いもあり、邂逅もあり、 別れも理解もある。あーこんな老後ならなぁ!と思う夢物語。現実はこんなにロマンティックじゃないもんw

あ、ホテルの支配人の子、「スラムドッグ・ミリオネア」ので子じゃないか!老いも若きも恋人たちはオートバイの二人乗り素敵。

外は雨
外は雨さん / 2017年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いろいろ考えさせられる言葉が散りばめられている

いろいろ考えさせられる言葉が散りばめられている

hctcl
hctclさん / 2017年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インドで見つける幸せ

ストーリーも映像も音がもとても心地よかった。

Ayaka
Ayakaさん / 2016年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

老後の自分を…

タッチはコミカルなんだけど、登場人物一人一人が異なるシリアスな問題を抱えている、って感じで、重すぎず軽すぎず程よい塩梅の映画でした(^-^)

見終わったあと、老後の自分はどれに当てはまるんだろ?って考えて、少し重くはなりましたが…(^^;

のっきー
のっきーさん / 2016年5月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今より若い時はない。

突っ込みどころ満載、でも鑑賞後の後味が最高だから、良いじゃない♪

「本当の失敗とは、挑戦したいのにビビって、やらないでいること。」

「不安を振り払ってでも、欲しいものを掴みなさい!」

人生の大先輩達からの金言が、たっぷり詰まってます。

おりこう
おりこうさん / 2016年3月31日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

年老いてもなお

年老いてもなお、生きる喜びを見つけて前へすすむ力をもらえる映画。
好きな俳優陣なので、とても楽しく見ることができた。

yumeko
yumekoさん / 2016年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ステキな映画でした☆

原題: The Best Exotic Marigold Hotel
原作: These Foolish Things

Director: ジョン・マッデン
脚本: オル・パーカー

イギリスから熟年期の男女7人が、インドのマリーゴールドホテルへとやってきた。でもそこは、宣伝とは異なっていて…。
新天地で第二の人生を歩もうとする人々を描く姿が素晴らしかったです。

俳優さんも、みんな他の映画で見たことある人たちばかり。みんながベンチで並ぶシーンがいいですね♪

また、インドの文化にも触れるコトができて面白かったです。色彩や人の多さ、巡りめぐり命のエネルギーを感じました。

NANA
NANAさん / 2015年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話に全く驚きはないのに新鮮

インドが舞台とは知らずに観に行ったが,「シニアの生き様」&異文化同化ムービーとして面白く観られた.全く驚きはないのに新鮮.こういう映画もあるのね.

ykono
ykonoさん / 2015年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あの俳優誰?

あの細長の俳優何かの映画で観たことあったんやけど、どの映画だろう。最初の空港で一列に座っとたシーンがかなり好き。

むった
むったさん / 2014年6月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生に"遅すぎる"なんてない! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

【あらすじ】

イギリスからインドのホテルに移り住むことになった七人の老人。夫を亡くし第二の人生を求めに来た者、かつての恋人を探しに来た者、娘に金を貸したことから、移住を余儀なくされた老夫婦ー。
ホテルを経営するインド青年もまた、仕事の成功と愛する彼女との結婚を夢見ているが、現実は厳しい。
人々の活気に溢れた異国の地インドは、いつしか乾いてしまった彼らの人生を変えて行く。そこで彼らが見つけた答えとはー。

【感想】

誰しも何かに挑戦する時は迷い、戸惑うものだ。しかしその気持ちを乗り越えアクションを起こさなければ、未来を切り開くことは出来ない。物語の登場人物は、一見、"変化"や"挑戦"と不釣り合いの老人ばかり。そんな彼らが見知らぬ土地で生を生き抜く姿は、見ている者に"人はいつだってやり直せる"といった、希望を与えてくれる。物語終盤で主人公を演じるジュディ・デンチがインド青年に活を入れる場面はまさに、その象徴と言えるだろう。

本作品はイギリス人と現地人との交流を通し、インド文化の光と影をも映し出している。また、色彩豊かで異国情緒溢れる映像も、魅力の一つと言えるだろう。

見て絶対に損はない!と言い切れる、ハートフルムービーだ。

おのちゃん
おのちゃんさん / 2014年5月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

幸せな映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

老後をどう過ごすか、それは誰しもの課題。

ずっと旅や外国生活に憧れていないと難しいと思う、実際問題。

夫婦であっても意見が必ず一致するとは限らない問題。

楽しめる心、支えてくれる人の存在、その二つがあると人生は随分と楽しい、ということを教えてくれた映画。

kae
kaeさん / 2014年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何事も最後は大団円、今はまだその途中

「熟年向け長期滞在型デラックスホテル」とは名ばかりで夢見る青年が支配人を務める再建途上のマリーゴールド・ホテルに何とか辿り着いた面々の抱える事情は様々だが、みんなそれぞれに国に(それまでにいた場所に)居場所をなくした人ばかり。
気候も文化も食事もすべてが違う場所での暮らしに慣れるのは年をとればとるほど難しい。しかし、それも人様々で、少年時代をジャイプールで過ごしたグレアムはある目的のために早速行動を開始するし、今まで夫なしで旅行すらしたことのないイブリンは仕事を見つけるし、ダグラスは観光を楽しみ、マッジやノーマンはお相手探しに余念がない。人種に対する偏見を隠そうとしなかったミュリエルでさえ、言葉も通じないホテルで働く不可触民出身の娘と心を通わせる。
唯一、ダグラスの妻ジーンだけは不満ばかりでホテルから一歩も出かけようとしない。

新たな環境は、新たな自分を発見させると同時に、(今まで)自分がどういう人間だったのかも発見させる。
彼等の姿は教えてくれる。
どんな場所にいて、どんな状況であっても、そこで得られる楽しみや喜びを見いだし、
それを受けいれる心の柔らかさと強さを持っていたいと。

arakazu
arakazuさん / 2014年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インドいい国、素敵な国 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最近観た映画のなかで一番面白かったです。
いや〜見終わったあとの余韻が素晴らしくいいですね。

とても素敵な映画でした。

ストーリーもすごくいいんですが、登場人物がそれぞれ魅力的で良かったですね。
異国の地で生活するなかで変わっていく人間模様がよく描かれていました。

キャストも名優だらけで演技も文句なし。最高でした。

それにしてもインドはいい国ですね。
本作を観るとインドの魅力に改めて気づきます。素晴らしい。
とにかく素敵、素晴らしい。としかいいようのない映画でした(笑)

観るか迷ってる人は絶対観たほうがいいですよ!

もん
もんさん / 2014年3月8日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

馴染めるか、暮らせるか。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もしもあなたがこの状況に於かれたら、どうしますか?
と聞いてくるような作品だった。
其々の理由で老人たちが長期滞在を見込み訪れたインドのホテル。
ネットではゴージャスな宣伝文句(こういうのを信じちゃダメだって)に
すっかり騙されて、到着してみたらボロホテル、けれど将来的には
宣伝通りのホテルになるから!と息まく、まるで詐欺師の青年支配人。
エ~っ!?マジ~っ!?っていう感じのご婦人がお1人いるが、
彼女は徹頭徹尾、インドに馴染まない。最後まで馴染まない。夫にも。

ふと、ここで思った。
夫婦で歳をとり、さぁこれからと、どこかに移住を決める熟年夫婦が
必ずいるが、お互いの価値観(環境面も)をよ~く確認しておくべきだ。
二人ともどこでも生きてゆけるタイプならいいが、そうもいかない。
田舎暮らしが好きな人もいれば、都会暮らしじゃないとダメな人もいる。
そういうギャップが露わとなって、更にサバイバル力も試されるという
かなり過酷で、面白い作品になっていた。
果たしてイギリス人がインドに住めるのか!?という感じで。

それにしてもあんなにインドを侮蔑するような表現でいいのか?と
思うシーンが多々あった。そこへ切り返すようにインド人は頭がいい。
とやり込めるシーンもあったが、どう見ても上から目線の描き方。
そこを堂々と渡り歩くのが青年支配人と未亡人の主人公。古い新しい
という絶対的価値観を覆そうという行いが清々しくてかなり新鮮だ。
郷に入ったら郷に従え。こういう人がいちばん強いな、と教えられる。

ゲイだったり、病を抱えていたり、金策のためだったり、色欲だったり、
バラエティ豊かに取り揃えた名優たちは其々に素晴らしく、
もちろんJ・デンチ様には頭が上がらないが、捻くれ者か?と思わせた
M・スミス演じる老女が私的に一番印象に残った。何かが劇的に変わる
訳ではないが、明るい未来を想像させる期待感がサラサラと流れ出す。

無茶な言動も行いも、若いからできる時と、年配だから通じる時がある。
青年の母が過去を回想し、自身の無謀な選択は果たして間違っていたか?
と問いただされるシーンもいい。やはり血は争えないのだよ~と笑った。

(悩んでいるならまず行動してみた方が。それでもう悩まずに済むんだから)

ハチコ
ハチコさん / 2014年1月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最後は大団円

昨年夏のアメリカ公開時、「アベンジャーズ」のメガヒットの陰でひっそり口コミロングヒット。
なるほど、ああいう超大作を見て疲れた後に丁度イイ、癒し系の小品。

素敵な宣伝に誘われてインドの高級ホテルにやって来た7人の初老の男女。だが、実際は改装中の老朽ホテルだった。イメージの違いや異文化に戸惑いながらも、それぞれ事情を抱える7人は次第に新しい世界に慣れ親しんでいく…。

都会の喧騒を離れて…とはよく言うが、異文化に触れるのもまた魅力。
海外に行った事の無い自分にとっては願望でもある。
登場人物にとってはセカンドライフかもしれないが、僕にはオアシスのようにリフレッシュ出来た。

Mにマグゴナガル先生にデイヴィ・ジョーンズ…。「姉さん、事件です!」級の錚々たる面々。
夫に先立たれたジュディ・デンチは物語の語り部。いち早く環境に馴染み、新しい出会いも…。
ビル・ナイはワガママな妻の尻に敷かれている気弱な夫。異国の地で活き活きするが、妻は…。
トム・ウィルキンソンは元判事。40年前にインドに住んでいて、かつて愛した人を捜す…。
股関節の手術を控えるマギー・スミスは毒舌で偏見の塊。それでもお茶目さを感じさせるのは、マギー・スミスの巧さ。
事情を抱えるのは滞在客だけではなく、ホテルの若い支配人デヴ・パテルも。ホテルは経営難、恋人には好き過ぎて愛を上手く伝えられず、母親は交際にも経営にも反対…。
ワケありの人間模様が反響し合って、極上のアンサンブルを作り出す。

若き支配人がインドの諺として言っていた、“最後は大団円”という台詞が良かった。
焦って先走ってもいい結果は残らない。
最初は苦難でも、コツコツと時間をかければ、いずれは良い方向へ向かう。
これは何事にも共通するのでは?

マリーゴールド・ホテルへようこそ。
当ホテルはお客様に快適な一時をお約束します。

近大
近大さん / 2013年8月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大地のエネルギーを得て、この映画で元気になろう! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

旅先で偶然居合わせた人々が、織り成すドラマはこれまでにも沢山映画になっている。
この作品も、特に珍しい話も無く、極々平凡なエピソードの積み重ねであった。
しかし、そんな平凡なストーリーを魅力的にみせてくれるのは、舞台で演劇を極めて来た英国ならではの、多数の名優達に因る芝居の面白さだ。
そして、それらの芝居を際立たせるのは、何と言ってもインドと言う国の底深い魅力その物の様に思う。
劇中何度も言われる通り、インドの強い日差しが創りだす様々なカラー。
町には、人々が溢れ出し、その人々が今日を生きる為に、生み出すエネルギー。
豊かな自然と人々が醸し出す息使いがそのまま画面には納められ、その躍動感に飲み込まれるのだ。
そして、この映画を観る私達も、まるでガンジス河で洗礼でも受けたようにその風景に圧倒されるのだ。
それは、何時の間にか知らず知らずのうちに、この映画の登場人物達と同じこのマリーゴールドホテルの滞在客に仲間入りしている自分を発見する旅でもある。

劇場では、廻りの人々からクスクスと笑い声が漏れ聞こえてきていた。
その理由も頷ける訳だ。
ここに滞在する人々はシルバー世代で有り、これまでの人生で多様な経験を重ねて来た。そんな彼らの生きて来た歴史が創り上げた、それぞれの個性的なキャラクターは皆面白いのだが、こちらも気が付けば、自分もこの映画に登場するキャラクターの誰かに当てはまっている事に気づかされるのだ。
だからこそ、自分の一部分を見せられている事で、思い当たるふしが有るので、思わず自然と笑みが込み上げて来るのではないだろうか?
さて自分は、ジュディ・デンチが演じるイブリンの様に、新天地で仕事を探し出す程行動的に、そして人々にも気遣いが出来るだろうか?
それとも、マギー・スミスが演じるミュリエルの様に気難しいのか?時間を要するが、結果的には前向きに生きる事が果たして出来るのか?
男女の別無く、親子の葛藤を抱えていても、その解決の糸口を前向きに改善する事が自分には出来ているのか?
などなど、様々な自分の鏡をこの映画は映し出している気がした。
しかし、出来る事ならば、自分も常に、環境の変化にも、不平をこぼす事無く、日々の変化を楽しむように、自分から変化を受け入れる事を心掛けたいものだ。

今の時代の日本では、地震の多発する中で、原発など様々な不安も有る。その日々の生活でも、私達は健康に留意し、これからも人生の時間を大切に生きなければならない。
「最後に、結果良ければ総て良い」としたいものだ!この映画で明日の元気を貰おう!!

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2013年4月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

23件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi