バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり
ホーム > 作品情報 > 映画「バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり」
メニュー

バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり

劇場公開日

解説

1951年から振付師として活躍し、ロマンティック・バレエの復活に貢献したピエール・ラコットと、元エトワールで引退後も後進の育成を続けているギレーヌ・テスマーの夫妻がたどった軌跡を追うバレエドキュメンタリー。踊ることへの思いや喜びを描き出していくと同時に、2人が深くかかわってきたパリ・オペラ座の歴史も振り返っていく。ロマンティック・バレエの代表作「ラ・シルフィード」「ジゼル」や、エディット・ピアフの歌声にラコットが振付をしたオリジナル作品「声」をはじめ、「椿姫」「ハムレット」「三銃士」など豪華バレエシーンも満載。

作品データ

原題 Une Vie de Ballets
製作年 2011年
製作国 フランス
配給 アルシネテラン
上映時間 99分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi