ウィーン・フィル&ティーレマン ベートーヴェン全交響曲 シネコンサート
ホーム > 作品情報 > 映画「ウィーン・フィル&ティーレマン ベートーヴェン全交響曲 シネコンサート」
メニュー

ウィーン・フィル&ティーレマン ベートーヴェン全交響曲 シネコンサート

劇場公開日

解説

現代クラシック界で注目を集めるドイツ出身の指揮者クリスティアン・ティーレマンとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、ムジークフェラインザール(ウィーン楽友協会大ホール)で2008年から3年の歳月をかけて行ったベートーベンの交響曲第1番~第9番の全演奏会の様子を一挙上映。Aセット(第1番・第3番「英雄」)、Bセット(第2番・第6番「田園」)、Cセット(第4番・第5番「運命」)、Dセット(第7番・第8番)、Eセット(第9番合唱付き)の5セットに分けて上映される。

スタッフ

指揮
クリスティアン・ティーレマン
演奏
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

キャスト

作品データ

原題 Beethoven 9 The Complete Symphonies: Thielemann & Wiener Philharmoniker
製作年 2011年
配給 T&Kテレフィルム
備考 ODS
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi