「迫力ある戦闘シーン、 美しいきかい、 幻想的な世界、 全部が最高級の出来栄えでした」ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 > レビュー > Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさんのレビュー
メニュー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

劇場公開日 2012年11月17日
全94件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

迫力ある戦闘シーン、 美しいきかい、 幻想的な世界、 全部が最高級の出来栄えでした ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最高でした。 迫力ある戦闘シーン、 美しいきかい、 幻想的な世界、 全部が最高級の出来栄えでした。 前作までのエログロは控えめになり、 戦闘アニメーションらしい展開になっていました。

しかし、 ストーリーは TV版より劣化していました。
[主人公が目覚めたら 14年経ってたという設定、 面白いかも]
[主人公が目覚めたら、 皆が主人公を嫌っていたという設定、 面白いかも]
という作者の思いつきを具現化しただけのないようでした。 そのせいで、 [エヴァの呪縛] などという意味不明な要素を追加しなければならず、 矛盾だらけになっていました。 食料がせいさんできないはずの世界 (かみによって破壊された後の世界) で、 どうやって人間が食べているのか、 全く理解できませんでした。 そして、 でたらめに作ったストーリーのせいで原作者は続編を構築できず、 2017年現在でも続編は制作されていません。 ストーリについては、 TV 版のままのほうが増しだったとおもいます。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
さん / 2017年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi