ディヴァイドのレビュー・感想・評価

メニュー

ディヴァイド

劇場公開日 2012年6月9日
5件を表示 映画レビューを書く

あんまり面白くなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 閉塞状況のサバイバルものなのだが、あり得ることをあり得るように丁寧に描いているもののキャラが立ってないせいか、あんまり盛り上がらなかった。いくらおかしくなっているとはいえ、何日も風呂に入ってない状況でセックスしたくなるのか、想像しただけで臭そうで気持ち悪かった。しかしそれは実際になってみないと分からない。

 外で作業していた連中は一体何をやっていたのか説明して欲しかった。

 この世界にはもっと見るべき映画があり、無理して、ましてや正月なんかに見る必要のない映画だった。しかし、もっとひどい映画はたくさんあるので、そういうのに比べればまあまあだった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年1月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖い

密室状態の中、みんな精神的におかしくなってきます。えらいこっちゃになります。エヴァのその後も気になる…

asuna
asunaさん / 2013年11月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

分断された世界で分裂する人間性 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

NYで核爆発が起き、地下シェルターに逃げ込んだ9人の男女。
放射能の恐怖、限られた食料、不衛生な密閉空間、互いへの不信感、そして謎の襲撃者……
絶望的な状況に晒される内、9人は恐怖と狂気の淵へと追いやられていく——
ってな感じの終末SF映画。

何とは無しに鑑賞したのだが、最初に総評から言っちゃうと……
『凡作とは言わないが秀作とも言えない』というビミョーな印象でした。

コミュニティを暴力で支配する者が現れ、力の無い者は
支配者側の欲望の捌け口となる他無いという後半の展開。
この手の映画をあまり観た事無い方には十分衝撃的な内容かも知れないが……うーむ。

本作と類似のテーマは色んな映画や本で描かれてきたわけで、
(『ブラインドネス』とか『蝿の王』とか)
それらと比較するとやはり新味に欠けると感じたし、
本作ならでは!と唸るような展開がある訳でも無い。
聖書からの引用と思しき台詞はあるものの、示唆に富んだ作品という程でも無い。
平たく言ってしまえば、少し退屈。

あとはラストも不満。
最後に映し出される荒廃した街並みには確かに絶望感を煽られるが、
これも予定調和以上のものとは感じられない。
おまけに、結局誰がどうして自国に核爆弾を落としたのか
(台詞から察するにたぶん自国だよね)、
どうして子どもをサンプルのように扱っていたのか、
またその子どもがどうなったのか等は不明のまま。
何だか、石ころでも飲み込んだようなゴロゴロとした消化不良感が残った。

いや、ま、作り手が一番描きたかったのは、極限状況に巻き込まれた人々が
人間の醜悪な部分をさらけ出してゆく過程だったのだろう。
それを描きたいだけなら確かに「この不条理な状況はなぜ生まれたのか?」
という謎に対する回答は必ずしも必要では無い。

だけど、前半でその謎を追うそぶりを見せておいて、
後半その辺りを完全放棄ってのはどーなのかしら。
これでは謎の特殊部隊の正体を探ろうとする前半の大きな流れがまるごと、
観客の集中力を途切れさせない為の単なる“場繋ぎ”だったとしか思えない。

うむー、なんか不満タラタラのレビューになっちゃったなあ……。
ただ、マイケル・ビーンは抜群に良かった。
強権的で脆い人物だが、物語中で一番人間的に振る舞おうとしたのは彼だった気がする。
彼が最後に見せるどこか安らいだ表情が、重苦しいこの映画で唯一の救いだった。

<2012/8/25鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2012年9月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あのラストシーンのために。。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まあ、かくなる状況下において起きるべきコトが起きたと云う映画。運命の分岐点は幾つかあるが、全てはあの絶望と虚無のラストシーンのためだとすると納得。

ハイジンQん
ハイジンQんさん / 2012年6月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待ハズレ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直、それほど大きな期待を抱いて観たワケでもなかったんですが、今月は余り目ぼしい作品もなく、懐かしのマイケル・ビーンやロザンナ・アークエットが出てることに喜びつつも、やっぱり微妙かもな~、、、と思いつつ、予告編に惹かれて映画館へ足を運びました。
結果、“惨敗”でしたw

終末の世界を舞台にしたという緊迫感や迫力は、冒頭2分くらいまでは持続しています。しかし、そこから先は特にひねりもなく、延々と「どこかで観たことあるような」ストーリーが展開していきます。
閉鎖空間に閉じ込められた数人のコミュニティが、極限状況下でいかに精神を追い詰められていき、崩壊に至るか、を「まぁその状況ではそうなるよね。最悪のケースを想定すればだけど」という感じで長々と見せられるのは、エグい(グロい?)シーンも多い為か、かなり苦痛でした。
謎解きを期待しても一切ムダです。なぜN.Y.が壊滅したか?とか、途中で都合よく(?)退場した子供の行方や運命とかも、特に語られることはありません。
最初から閉鎖空間だけを描きたかったんだろうな~、他のことはとりあえずどうでもいいという割り切った描き方。

また上映時間が長いんだこれがw
ぉぃぉぃぉぃ、もっと短くできたろうよ?つか90分弱くらいでまとめた方がテンポいいって絶対!という心の叫びが何度も何度も聞こえてきてw
一言で言うなら、「オススメしません」でした (-。-;)

Owltech
Owltechさん / 2012年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報