アンダーグラウンド(1995)
ホーム > 作品情報 > 映画「アンダーグラウンド(1995)」
メニュー

アンダーグラウンド(1995)

劇場公開日

解説

1995年・第45回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したエミール・クストリッツァの代表作。1941年、ナチスドイツがユーゴスラビアに侵攻。ベオグラードに住む武器商人のマルコは祖父の屋敷の地下に避難民たちを匿い、そこで武器を作らせて生活する。やがて戦争は終結するがマルコは避難民たちにそのことを知らせず、人々の地下生活は50年もの間続いていく。1996年日本初公開。2011年、デジタルリマスター版でリバイバル公開。17年の特集企画「ウンザ!ウンザ!クストリッツァ!2017」では、上映時間5時間14分の完全版が初上映される。

作品データ

原題 Underground
製作年 1995年
製作国 フランス・ドイツ・ハンガリー合作
配給 紀伊國屋書店、マーメイドフィルム
日本初公開 1996年4月
上映時間 171分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第48回 カンヌ国際映画祭(1995年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール エミール・クストリッツァ
出品
コンペティション部門
出品作品 エミール・クストリッツァ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

コントロール不能な力を全力で謳い上げる、哀しくも愛おしいファンタジー
アンダーグラウンド(1995)の映画評論・批評

1995年製作の映画である。戦後50年というタイムスパンと、90年代に入ってのユーゴスラビアの内紛の顕在化が、この壮大かつ愛らしい映画の原動力となる。つまり前世紀初めから常にくすぶり続け、時に大惨事を演出してきたユーゴスラビアにおける...アンダーグラウンド(1995)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全18件)
  • 許そう でも忘れない 旧ユーゴの歴史や政治の知識を得て、以前はわからなかった暗喩や悲しみを少しは理解できた。 クストリッツァはどうしようもない暗さと悲劇を喜劇的に描く。冒頭の走りながらのブラスの躍動感といったらない。... ...続きを読む

    yukikotto yukikottoさん  2017年9月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 「完全版」ヲ観た。 前、後編を土日の2日に分けて鑑賞。 クストリッツァの作品を観るのは新作の「オンザミルキーロード」に次いで2作目。 名前は知っていたし去年にも特集などで気にはなっていたが足は運ばずに。 彼のバンド... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年9月25日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 爆発的なパワーがゴオゴオと吹きすさぶような映画だ クストリッツァ監督の集大成と言える作品だろう。 戦争の不条理を背景に展開されるエミールクストリッツァ監督独特の色を持ったドラマ。 時折挟まれるコメディ要素は笑えるのだが、悲しい。 不条理を背景に... ...続きを読む

    春琴 春琴さん  2017年8月24日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アンダーグラウンド(1995)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi