ジャックと天空の巨人のレビュー・感想・評価

ジャックと天空の巨人

劇場公開日 2013年3月22日
22件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

巨人が気持ち悪い

イギリスの暗い雰囲気のせいかなにかで
巨人が汚いし、気持ち悪いし、観ていて不愉快だった
映画全体も暗くて不気味で、観なければよかったと後悔した

ちゃんぷそん
ちゃんぷそんさん / 2014年9月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とにかく幼稚

ターゲットがわからない。
老若男女、どの層を狙ったんでしょうか。
大人向けにしては、台詞、ストーリー、が幼稚だし、子供向けにしては巨人がきもいし、ラブストーリーも中途半端、戦闘もぬるいし、なにがしたいんでしょう。
はじまって何分かでこれは駄目だとわかる、久しぶりにあからさまな駄作に出会った。
制作費もそこそこ掛かっていそうだが、間抜けな映画に仕上がってる。
映像技術の評価のみ。

paitan
paitanさん / 2014年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Jack the Giant Slayer ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

お話はグリム童話がベースになっているので、リメイクという面では楽しんで観れると思う。
私は素直に観れず、色々と突っ込みを入れてしまった。
あんな人数の巨人たちが門を引いていたら一発で中に入れるし、そもそもそのまま突っ込んでいけばいいじゃん。とか、普通に考えたら違和感を覚える。
そもそもファンタジーなので、そんなことはいいのかな。
ラストの少年も、ただの少年だったのか、先祖との繋がりがあるのか、気になってしまった。
わかりやすく、テンポの良いストーリー展開と、映像には迫力があるので、家族で楽しめるファンタジームービー。

penginbon
penginbonさん / 2014年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わははは

なんだこりゃ
B級映画もいいとこ
でも魅入ったから面白いんだろね

進撃の巨人みたいと言うかも知れんが
全然ちがうよ

kidomonta
kidomontaさん / 2014年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジェダイが・・壁を乗り越えてくる巨人と・・立体起動装置でもライトサーバーでも無く・・

・・なく・・
アナログな方法で戦う映画ヽ(^o^)丿
(ユアンマクレガーが兵長す!)

金の卵産むがちょうと・・
巨人を眠らせる竪琴は、ほぼ出てこないけど・・
でも、上手く原作のおとぎ話をいじってますね?

序盤は少しゆるくて・・
もう少しペース上げれそうでしたし・・
エンドロール10分てのどうなん???とは感じます。

120分は嘘でしょう?
きちんとつまめば80分の中身に思いました。

「映画は経済商品か?芸術作品か?」は千差万別有るだろうけど・・
娯楽品嗜好品て意味では、本作ド真ん中なのでは???

星☆評価は・・
DVD新作基準で(*^^)v④

DVD買う度 ◎◎
モ1回見たい度 ◆◆
おすすめ度 *****
デートで見る度 ◇◇◇◇◇

DVDには未公開映像が有るので見てみます~(*^^)v(*^^)v(*^^)v

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2014年2月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

二転三転するけど、オチは読める?(´・ω・`)

ユアン・マクレガーを起用したのはナイス!!(○´∀`○) 正直、それ意外の配役はイマイチだったかな。巨人のスケールと、豆の木の切り倒されるシーンなんかは圧巻だった。さすがですね。日本の巨人は対抗出来ることやら…(笑)(○´∀`○)

チャリンカーベル
チャリンカーベルさん / 2014年2月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人向けの童話ベースRPG

面白かった!
こういうの大好き。
CG、大アクションシーンも良かったけど、評判の悪い汚らしく、下品な巨人像も個人的にはとっても良かった。あれは子供には強烈すぎるよなあ。他にもテンポ良いストーリー展開、ドキドキの戦闘シーン、おきまりのラブストーリー。単純なんだけど、こうちょっとだけマニアックと言うか、万人に背を向けるひねくれた部分があるのが大好きです。また、ユアンのおまけ的な扱いも大好きです。
せっかくジェダイまで演じたのだから仕事選べよユアン(笑)

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年12月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

童話を読んだ人は一度観たら楽しいと思う

進撃の巨人が面白いから巨人が出てる映画ないかなと考えたらこの映画を思い出したので鑑賞。
とにかく今の映像技術って凄いんだなあというのが率直な感想。
巨人や豆の木はどうしたってCGなんだけど子供の気分で楽しめる。
ユアンマクレガーが格好良い!彼がこんなに格好良いとは今まで観た映画では気がつかなかった。
主人公が結構お馬鹿さん。でもだんだん男っぽくなる所が良い。
正直巨人が下界にたくさん下りてきたらどんどん人が食われて殺されてファミリー向映画じゃなくなっちゃうんじゃないかと勝手にハラハラしたがそんなことはあんまりなくて良かった。
あまりにもファンタジーすぎてすごく面白いわけではないがそれなりに夢中になって観れる映画だった。

アトラ
アトラさん / 2013年12月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮大なジャックと豆の木

ここ最近の童話を基にしたアクション大作ラッシュですが、なかなか面白かった
わかりやすく誰でも楽しめる現代版壮大な童話といった感じ
吹き替えしかなかったのだが、声優の配役が頂けなかった

eigalover
eigaloverさん / 2013年10月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

王道!

普通に面白かった!
変にぐだることなくイイ感じ。
小さいころに読んだけどこうやって映画で観て
変に崩されなくて良かった!
ジャックの活躍よりエルモントの活躍がかっこいい!!

_M
_Mさん / 2013年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジャックは最強アイテム“王冠”を手に入れた! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「XーMEN」シリーズのブライアン・シンガー監督が、童話「ジャックと豆の木」を映画化。
「白雪姫」が「スノーホワイト」になったと同じ、元ネタを大胆脚色した冒険ファンタジー大作。

セットもVFXもとにかく金がかかっているのが分かる。
聞けば、制作費は2億ドル!
でも悲しいかな、米国内では制作費の1/3程度…。
同じ大作ファンタジー「オズ」と公開時期が重なったのも痛い。

映画は別に赤字になるほどの駄作ではないと感じた。
だけど、前半はちょっとかったるかった。
主人公のジャック(「アバウト・ア・ボーイ」のあの男の子が大きくなった!)とヒロインのお姫様イザベル。それぞれ子供の頃に豆の木の伝説を聞いていて〜成長したけど自分自身を見いだせないでいて〜そんな二人が出会って惹かれ合って〜ようやく豆の木が伸びる。
ここに至るまでがありきたり。定番の裏切り者も登場。スタンリー・トゥッチが裏切りそうな顔してる(笑)

40分くらい経って巨人が出て来て、やっと面白くなる。何だかんだ言って、やっぱりそこが一番の見所。
間一髪、巨人たちの魔の手から逃れ下界に戻るも、今度は巨人たちが攻め込んでくる。まさに“進撃の巨人”!
「ジャックと豆の木」の話の中で、巨人たちが豆の木をつたって下界に降りてくる…という逆の発想がユニーク。

巨人たちとのバトルは「ロード・オブ・ザ・リング」風の大スケールのアクション!
金かかってるぅ〜! あ、それを考えると、また制作費の事が…(笑)

何処までも予定調和だけど、気軽に楽しめる娯楽作。

それにしても、あの王冠はズルい! RPGゲームで言ったら反則的なアイテム(笑)

余談だけど…
レンタルしてきた洋画はいつも字幕と吹替で2回見るようにしている。
ジャック=ウエンツ、イザベル=平愛梨は微妙、巨人たち=お笑い芸人は酷かったけど、巨人のボスのゴリはそれほど悪くはなかった。

近大
近大さん / 2013年8月8日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

久々に楽しめた映画!

久々にリアルから映画の世界へつれて行ってくれた作品でした。

最近、中途半端に終わる様な映画が多いなか時間内に上手くまとめられてて
見終わった後もすっきりのチョイ感動でした。

映像も良かったし、お姫さまはカワユスだし、
ストーリーも2時間をあっという間に感じさせてくれる展開のよさで、
ハリポタやロードオブリングとはまた違う、ネタが童話だけに子供も楽しめると思います。

堅苦しい事は言わずに素直に童話!?を楽しみましょう。

0.5少ないのは『114分で終わりやがってまだみたかったぜ!』の、4.5ですwww

4K2K
4K2Kさん / 2013年8月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめたけど、ちょっと、おしい

吹替え3Dで鑑賞。映像ははっきりと美しく、豆の木や巨人は想像以上の迫力でした。
テンポがよく、最後まで楽しみました、巨人が汚すぎてゲンナリ感があった以外は。ちょっと、おしい。

人間側は品があって、まさにおとぎ話のキャラクターらしかったです。ユーモアのある会話も、すっきりしたロマンスも良かったです。

グッドラック
グッドラックさん / 2013年4月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何であれ、大きすぎると問題です

ブライアン・シンガー監督作品としては珍しい、ド直球のエンタメ大作でした。

巨人の恐ろしさやそれを支配する者の姿にこれまでの
シンガー監督作品との共通項を見出だした方も居られるようだが、
今回は作品の事を調べない限りは、彼が撮ったとは分からない映画だったと個人的には思う。
むしろ多数の人間から疎まれながらも新天地を求める巨人達に対して
多少なりともシンパシーを感じさせる描写があってこそ
ユダヤ的かなあと思うのだが、それはユダヤ人というものを単純視し過ぎかしら。

悪いヤツは悪くて善いヤツは善い。
スジは分かり易いし話のテンポも早い。
なので本作、単純明快で安心して観られるのだが、作り手の個性がよく出ているとは言い難い。
けれどそれは、自分のスタイルにこだわらず、
誰にでも楽しめる映画を作ろうという気概の表れかな。

ジャックとお姫様のロマンスが駆け足過ぎるとか、
物語の鍵を握るあるアイテムがあまりに都合が良すぎるとか、
全体的に展開が性急なのは気になるが、
その分見せ場に次ぐ見せ場の連続で飽きさせない。

目も眩むような高さの豆の木を登ったり跳んだりする中盤や
燃え盛る樹木がこれでもかと飛んでくるラストの戦闘シーンはかなりの迫力!
今回は3Dで観とけば良かったなあとちょっと後悔してます。

本作一番の特徴である巨人も怖い。
ボスも含めて個性が薄いのと、やたらめったら汚ならしい(笑)のがタマにキズだが、
全速力で逃げる人間をホップ・ステップ・ジャンプ(3歩かよッッ)で捕えるシーンや
大平原を集団でズドドドドッと追い掛けてくるシーンの怖いこと怖いこと!
ファミリー向け映画だとは思うが、これ、怖がりな子だったら泣くレベルだよね。

主人公を演じたニコラス・ホルト。
『アバウト・ア・ボーイ』のヘンな子がカッコ良く成長したね〜。
あれだけ勇敢な行動を見せる理由にもっと説得力が欲しかったが、
(これもロマンス部分をはしょった弊害かな)
フレッシュさと古典的ヒロイックさが相俟って良い良い。
ヒロインのエレノア・トムリンソンもこれまた少し古風な感じの美人さん。
庶民的な雰囲気とエレガントな雰囲気を併せ持った所が魅力的。
ユアン・マクレガーはその姫を守る勇敢な隊長なのだが、
いつもと違うチャキチャキした発音や、ミョーに緊張感の無い感じがなんだかユーモラスで良い。

という訳で、観て損ナシの3.5判定!

〈2013/3/22鑑賞〉

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2013年4月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

地上との距離感や巨人のスケール感など、CGと実写の融合を自然に見せる3Dが効果的 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 モーションキャプチャーを利用した映像と実写の融合による今作は、オープニングから好奇心をかきたてられました。天空と地上との距離感や巨人のスケール感を出したり、CGと実写の融合を自然に見せたりするのに、3Dは実に効果的ですね。3Dという新しい技術を十分に使いこなす作品が、ようやく増えてきたように思います。

 童話「ジャックと豆の木」を基にしたファンタジーかと思ったら、大違い。どちらかというと最近はやりの『タイタンの逆襲』など巨人ものの範疇に入るでしょう。とにかく天空に伸びていく豆の木と巨人の迫力がものすごいのです。
 童話とは最も違うところは、巨人が天空の世界だけで飽き足らず、地上にまで降りてきて、人を喰らうということ。
 そんな巨人たちが、ジャックの捲いた天空の豆の木をつたって降りてきて、人間の王国に襲いかかるのです。彼の軍団はの約100名。全速力で野を走り、王国に攻め込んできます。受けて立つ王国の軍勢は僅か300名。城門をこじ開けようとする巨人たちと、守ろうとする人間たちの戦いが見もの。これでどうやって戦うのかというくらい戦力差が明かながら、知力を尽くして互角に渡り合うところは、まるで「ロード・オブ・ザ・リング」や大映の「大魔神」のラストシーンを思わせて迫力ありました。
 特に巨人軍団のリーダーが単身場内に乗り込んで大暴れし、ジャックと1対1で対決するところは納得の戦いぶりで良かったです。
 ただイザベラ姫とのラブストーリーは絵に描いたようなお伽話で、もうすこしはらんがあってもよかったのではないかと思います。それと戦いの決着も、キーアイテムの争奪で一発で決まってしまうというところもあっけなすぎるのではないでしょうか。

 最後に本作の“後日譚”が冒頭のジャックとイザベラ姫が初めて出会うシーンにうまくリンクしていて、思わずニヤリとさせられました。
 また、本作の巨人たちは怖いばかりでなく、ジャックの機略に振り回されるなどユーモラスで憎めない一面も描かれました。あの巨人の国も人間界とさほど変わらない景色であるところも、もう少しそれっぽさを出して欲しかったですね。

 ブライアン・シンガー監督は「X―メン」シリーズで、人間社会から嫌われるミュータントたちに、ユダヤ人などのマイノリティーの歴史を重ね合わせてきました。今回も巨人たちには、「蛮族」による侵略の恐怖がイメージが根底にあるのでしょう。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2013年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外と面白かった。

予告を見て、巨人のグロテスクさで、見るか迷ったけれど、童話を拡大解釈しているけれど、スペード感はあるし、どう展開して行くかのスリルもある。王道の王女とジャックの恋物語あり。2Dで見たけれど遜色なかった。

未散
未散さん / 2013年4月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

上にデカい人、下に小さい人。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

え、監督B・シンガーなの!?とちょっとビックリ、
こういう物語に興味があったのか、ただ3Dを撮りたかったのか、
よく分からないけど、監督自身が気に入っていた童話らしい。
じゃあけっこう巧く撮れているかも!?なんて期待したものの、
冒頭~中盤、豆の木がぐい~ん!と伸びる辺りまではつまらない。
私はもちろん2D字幕鑑賞(ゴメンね、それなのに)だったのだけど、
映像は暗いわ(綺麗だけど)、ワクワクしないわ、ファミリー向け
ではないよね~^^;と思うことしきり。確かに子供達はいなかった。
座席予約をした時、やたら「シュガーラッシュ」が満席になっていて
あ、そっちに行ったのね。と納得至極。多分向こうは面白いんだ。
じゃあ最後までつまらなかったのか!?というとそうではなくて、
その豆の木がぐい~ん!と伸びて天空の世界に行ったとたん、
うわ!きもちわりぃ!っていう例の巨人たちがワンサカ出てきて
ここからは(映像も含めて)かなりノンストップな展開を見せる。
ま、お話そのものは王道ですので^^;
それを捻じ曲げるようなビックリする展開はないんだけど、でも
そこまでのつまらなさを払拭するように(最初からこうすればねぇ)
爆裂した展開を見せるので、大丈夫です、目は覚めます。パチ☆

N・ホルト、主役にしてはまるで華がないんだけど(ゴメンねぇ)
この子、子役時代からけっこう長々と頑張っている俳優さんなので
地味なんだけど確実な演技(誉めてるんです)を見せてましたね。
ジャックって元々貧しい農民出だから、その辺の真面目「らしさ」が
よく出せていたし、イザベル姫のE・トムリンソンも可愛くて綺麗。
個人的にはやはりエルモント役のユアンだけど、ちょっと痩せた??
巨人たちに潰されるんじゃないかと、ヒヤヒヤしてしまったわー。
脇にも大御所が多数お並びで、今作がいかに製作費を費やしたか
お察しできるところ、でも向こうでは大コケしちゃったみたいねぇ…

思うに、ちょっとファミリー向けにしてはグロすぎるというか、
子供たちが観るような楽しい「ジャックと豆の木」の話じゃないのね。
けっこうスプラッター的に巨人が人間食いするという描写もあって
(そこまで酷くないけど)となると、ドラえもんに行っちゃうのかなぁ…
B・シンガーとしては、描きたいものが描けたと思うんだけど、
誰を対象にしたのか今ひとつハッキリしなかったところが仇かな。
オトナは(後半で)けっこう楽しめると思います、映像も凄かったし!

(しかし天空にデカい人、ってのはどうなのかしらねぇ。重力的に^^;)

sean
seanさん / 2013年4月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

いい3D ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 3D映画は暗いし、見ているうちに出ているのか出ていないのか麻痺して分からなくなって結局どうでもよくなってしまうことがよくあるし、そもそも出てない場面を多用している映画もあり、結局2Dで充分だったなどという事がよくある。

 この映画は特にクライマックスの木をが倒れてくる場面の飛び出しが尋常でなく、すごい迫力だった。クライマックスの盛り上がりが素晴らしかった。

 巨人がとても下衆でよかった。特に料理人の巨人が、鼻くそを食べたり腋臭をかいだりととても不衛生で、巨人の雑な生活ぶりをよく表していてよかった。

 しかしそもそも、あの裏切り者はちょっと待っていれば姫と結婚できたのに、なぜあんな行動をして、なぜ修道士に計画がばれていたのか疑問だった。それ以外は構成がとても丁寧に寝られていて、ドラマが登場人物の意志とともに自然に流れていた。

 ユアン・マクレガーがイケメンでかっこよかった。王様が娘を犠牲にして木を切り倒す決断をして、それに対して娘も一切腹を立てたりしていないところも王族としての威厳を感じさせた。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2013年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

肩すかし、物足りない、あっけない

良かったところを考えると、王様や精鋭の騎士などが毅然としていて、考え方・行動に人間味と責任感が備わっていて「格好良いな」と感じられたこと。
主人公のジャックも決して劣っているわけではないのだけど、主役・ヒーローとしてのステレオタイプな感が強いためか感情移入の対象とはなってくれませんでした。

見ていて一番「なるほど!」と思ったシーンは、映画冒頭から流れる呪文のような言葉「フィーファイフォーファム」の意味が分かった時ですし・・・厳しい評価になってしまいますね。

もっとも気になったのは、全編通して描かれる「唐突さ」と「物足りなさ」

話の展開上「え~、今このタイミングでやられちゃうの?あんた何もやってないじゃん!」
と激しく2回ほど思ってしまえるので、どうにもクライマックスが盛り上がりません。
あまりに間抜けなやられっぷりのあとにどんなに頑張ってくれても緊張感が出ないんですよね。

ファンタジー分野なのできちんと創造してほしい「天空の巨人の国」は、「巨人がいる」以外フツーなのも肩すかし。
地面に落ちてる豆なんて人間ですら見逃しそうなのに、あんなに高いところから見ている巨人が見つけるなんて・・・どれだけ目が良いんだろう、と都合良過ぎな展開も興奮度を下げてくれます。
さらに3D向きの場面をムリヤリ入れ込もうとした無意味にグロテスクな破壊シーンもげんなり。

なんとな~く最後まで見られたことだけを評価してちょうど真ん中の点数にしておきます。

gsacra
gsacraさん / 2013年4月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

童話の世界が目の前に!

童話の世界が目の前に!
幼い頃から「ジャックと豆の木」は好きな童話だった。
それが、実写映画になって見られるなんて、とってもステキ!と楽しみにしていた。

豆があれよ!あれよ!と言う間に大きくなり、大きくなり、巨大になり、どこまで巨大になるんだろうと思いきや、天まで届く。
なんて凄いんだろう、と幼心に思ったものだった。
それからは、庭に梅干しの種を植えてみたり、ヒマワリの種を植えてみたり、柿の種を植えてみたり・・・ 随分と頑張ったけれどダメだった。
な~んてことを思い出しながらの鑑賞。

ジャックの純真な心と勇気。
個性あふれる巨人たち。
姫のおてんばぶり。
王様の王たる威厳。
悪いヤツのイケナイ企み。
小道具の使い方。
どれもとても楽しかった。

もちろん、映像は言うまでもなく、迫りくる危機を実感できて、素晴らしかった。
私の3D鑑賞時のお約束⇒≪目を瞑ったり、顔を逸らしたりしないぞ≫を、頑張ってできて良かった。ホッ。。。
思わずのけぞったりしてしまうものね。

う~ん、今の私なら、ユアン・マクレガーを選ぶけれどね~。

難を言えば、もう少しストーリー展開を早くしてほしかったな。

それにしても、巨人たち。
水はたくさんあるのに、何であんなに汚れているのだろう。
まあ、身綺麗な悪役巨人も、可笑しいか~。うふふ~。

りりー
りりーさん / 2013年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

22件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画