ライフライン(2011)
ホーム > 作品情報 > 映画「ライフライン(2011)」
メニュー

ライフライン(2011)

劇場公開日

解説

地球外生命体に侵略され、ゾンビが徘徊(はいかい)する日本を舞台にした異色ホームドラマ。独居老人の二郎は中国人ホームヘルパーのホイと籠城生活を送っていたが、トイレットペーパーを切らしてしまう。ホイは代用品を用意するが、頑固な二郎はそれが気に入らず……。若手クリエーターの発掘・育成事業「コ・フェスタPAO」のプロジェクトの1つとして製作された短編。劇場公開にあわせ、監督の渡辺裕子の過去作「惑星ブーケ」「愚か者は誰だ」「UBIQUITOUS」も同時上映。

スタッフ

監督・脚本
プロデューサー
金森保
VFXコーディネーター
小田一生
撮影
四宮秀俊
美術
鈴木千奈

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
上映時間 19分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ライフライン(2011)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi