ソウル・サーファーのレビュー・感想・評価

ソウル・サーファー

劇場公開日 2012年6月9日
30件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

これは本当に感動しました この映画は唯一私が泣いた映画です

これは本当に感動しました
この映画は唯一私が泣いた映画です

ゆき
ゆきさん / 2016年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勇気を貰える映画でした

自分もスポーツをやってて、身体の故障で引退したせいか…涙涙で観てました。

Viera24
Viera24さん / 2016年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

共感できる。勇気をもらった!

劇場で観ればよかったと思えるくらいに良かった。

中でも、サーフィンと関係ないシーンで1箇所良いシーンがあった。
サーフィンに興味がない方でも感動できるストーリーだと思う。

特典映像をみてもわかるように、事実に忠実に作っている。
逆に言うと、映画オリジナルの演出に制限が出たのだろうが、この映画はそれでいいと感じた。

いろいろな種類の愛があふれる映画。

tbgoh
tbgohさん / 2015年11月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい話でしたけど、ドラマが薄い。なんかダイジェストみたいにトントン...

いい話でしたけど、ドラマが薄い。なんかダイジェストみたいにトントンと描かれているように思えました。本人の話を聞いてみたいです。

kens
kensさん / 2015年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

追い求めるもの あればこそ

久しぶりに素直に感動した。
余韻も温かく力強いメッセージが残った。

片手を失った少女が早い時期から
「海に入りたい」と家族に訴えていたのには驚いた。鮫に襲われた恐怖心はトラウマになってもおかしくない。 彼女が一度は挫折しそうになりながらもサーフィンを、そう夢を諦めなかったのは寛容で信頼しあえる家族や友人の存在も大きかっただろうけど、一番はただ好きだからやる!その事に尽きたのではないかなと。。

ハワイ語の調べ♬が心地よい冒頭ー
「愛がある所が家、私にとっての家は海。血管には海水が流れ、肌に太陽の愛を感じる 」

他にも印象的なシーンに溢れている今作。
留めたくなったのは、
試練の渦中でのボランティア体験は彼女に壁を越える一歩となったのだが
「 近過ぎると見えなくなる、ならば視点を変えてみる」コーチの言葉の難しさを噛み締める場面。
終盤クライマックスは大きなスクリーンで見たかったな〜と。
サーフィンの大会での波(ウェーブ)の映像美はダイナミックなだけでない、色彩の拘りが感じられてストーリー展開も相俟って感涙してしまった。
そしてそして。終了後、リポーターの鮫に襲われてない頃に戻れるなら戻りたいか? の問いに
「過去は変えない。この貴重なチャンスを逃したくない。今は両腕で抱くより大勢の人を勇気づけられる」
そう正々堂々返した主人公の笑顔が素敵だった。

プロサーファーになる夢を実現したこのお話は実話だそうだ。
ひとつ失った。が、彼女は多くのものを得たのだろう。困難を友達にし、感謝と喜びにかえて。
誰にとってもかけがえのない人生を愛し、楽しむことをこの作品は証明してくれている。

kakeriko
kakerikoさん / 2015年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勇気をもらえる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まずなんと言っても実話というところがいい。

親友との絆や家族との絆、そしてライバルとの絆も。何があっても諦めずポジティブでフェアな考えを持つ少女。まわりの支えがあったからこそ、あんなに立派なサーファーになれたんだと思う。

気になった場面は、ファンレターなどが届くようになってから、どうして自分はこんなに知らない人から応援されているのかと言った部分。そこが自分はすごいことをした人間ではなく、普通の人間だということを表している。

Alexa
Alexaさん / 2015年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感謝の気持ちと力を与えてくれた!

まずはこの映画を見て、日常への感謝を覚えた。 両腕があるという当たり前のことは、いつ唐突に消え去るかわからない。健全な生活が送れているいまがどれだけありがたいことなのか。 それを日々胸において、一日一日を大切に生きる必要がある。それがこの体を与えてくれた神への恩返しだと思う。 今日できること、いま出来ることはいまのうちにやるべきだと改めて思わされるた。
またこの映画は逆境をポジティブに力に変える精神を教えてくれた。 過去は振り返っても変わらない。いまをどうするか、現状を理解した上でどうするかが大切かを教えてもらった。

だいこん
だいこんさん / 2014年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話は強し

実話に基づくだけあって、リアリティーがある。それにしても、主人公は前向きで強い。奉仕活動等で生き方を考え直すところも素晴らしい。最後に本人の映像も出てくるが、それがまた感動する。

ガク
ガクさん / 2014年9月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

彼女は再び人生の波に乗った

鮫に襲われ左腕を失いながらも、プロサーファーを目指して再起した少女ベサニー・ハミルトンの実話。

冒頭から、照りつける太陽、青い海、サーファー心を掻き立てる波、ピチピチの女の子たち。
家族が居て、親友が居て、波乗り大会で優勝して…序盤はどこまでも人生バラ色!
…それは突然やって来る。

あらすじは知っているので、海に入る度にいつ鮫に襲われるのか、序盤はハラハラでもある。
襲撃はほんの一瞬。
ヒヤリとすらした。

こんなトラウマがあったら、もう海に戻りたくないと思うのが普通。
だが、ベサニーは何より海を波を愛する少女。
再び海に戻る。

一度は挫折する。
以前のように波に乗れない。日常生活にも支障。
が、タイでのボランティア活動が背を押す…。

家族の存在も大きい。
常に寄り添い、明るく笑顔を絶やさず、娘を信じ、支える。
理想的な家族でもある。

そう、この映画、甘々な展開でもある。
でも、悲壮的にならず、前向きな作風が心地良い。
この手の作品にありがちなベタな恋愛要素は無く、ヒロインの再起への勇気と家族との絆に焦点を絞っているのがいい。
ライバルサーファーとの関係も嫌みに描かれていない。
サーフィンシーンはダイナミック。軽快な音楽も良い。

ズバリ、この時期見るには最適な、爽やかな好編!

近大
近大さん / 2014年8月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

爽快

これ実話だもんね(;_;)

最近やたら涙もろくてこの映画で泣けてしまった笑

逆境にまけそうなときにオススメ
爽快感のある映画でした

s_k
s_kさん / 2014年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

挑戦こそが人生。

実話を元にした話。

主人公の生き方に、ジワリと感動する。
感動させようという物語ではなく、感動してしまう物語。

そして、海がとても綺麗に映してある映画作品。
サーフィンに興味がなくても、とても楽しめる映画。

見てよかった☆

S_映画
S_映画さん / 2013年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

逆境に負けそうな時に…

普通に面白かったです。

実在するサーファーの話だけあって、下手なフィクションよりも感情移入できました。

主人公の前向きな性格には、好感が持てます。
また、悲劇に見まわれても、それを支える家族がとっっっってもハートフル。
誰でも、安心して楽しめる作品に仕上がっています。

唯一、蛇足と思えたのはライバルの存在です。
心の強さを証明する映画のはずなのに、かえって主軸の感動を阻害してしまった。
スポ根風味はいらないでしょう。

色々なアングルから見るサーフィン映像が、個人的に気に入りました。

スカッとした映画が見たい方にオススメです。

ノリミッチー
ノリミッチーさん / 2013年8月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見てよかったと素直に思える

自分は今受験生ですがこの映画を見て人踏ん張りする力が湧きました!

人生はサーフィンと同じ!たとえ今困難な波が押し寄せていても耐えれば次はきっといい波がくる!心に残りました!

メイキング映像や本人映像もグッときます!

んちゃく
んちゃくさん / 2013年3月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「かわいそう」ではなく「強い」

感動の実話!と言いますが、無理矢理感動を押し売りされている訳ではない所がいいです。
もっとも、映画の最初の方は、あれほどの事故が起きても「サーフィン!サーフィン!」というベサニーの前向きさに違和感も覚えもした訳ですが。

映画化に当たっては色々と省略したり脚色したりもしているのだろうとは思いますが、日本人が作ったら最後のエピソードは違ったもの(例えば翌年の大会のエピソードとか)になっていそうな気もします。
その点、無理に感動を詰め込もうとせず、実話故のリアリティを感じました。

彼女の心情の紆余曲折にキリスト教的な部分が絡んで、無神論者の多い日本人には理解しづらい部分かもしれないけど、自分は素直に入って行けました。
サーフィンという競技自体は全くと言っていいほど知らないのですが、見て良かった映画だと思います。

はち公
はち公さん / 2012年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心に残る清々しさ

公開初日にレイトショーにて鑑賞

全体の構成が素晴らしく飽きることなく夢中になって見られました。
ハワイや西海岸特融の映像美とそれに合わせた爽快なBGMに惹きつけられます。空気感、臨場感など実際に撮っておられる方のこだわりを感じます。正直この部分だけでも十分見る価値ありかと。

中盤からは本題となるベサニーの事故とそこからの彼女の奮闘劇がはじまります。本作品ではそういった逆境に苦悩する姿に対して執拗にクローズアップすることは決してしません。厳しい環境で気丈に振る舞い、何事にも前向きなベサニーを丁寧に描くことで、彼女の人間的強さをわかりやすく伝えてくれます。また、事実としてべサニーは素晴らしい家族と仲間にも恵まれていました。そこはさすがにアメリカ映画、サポートするファミリーや友人達の演出もわざとらしさがなく、見ていてとても気持ちがよい。一人の人間の無限の可能性は周囲の愛情があってはじめて育まれる。そんなメッセージを受け取りました。

UJ
UJさん / 2012年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実に基づいてるんだからしょうがない

全体的に丁寧なつくりでサーフィンにさほど興味がない人でも楽しめる映画だと思う。
小道具の使い方に関心。何気ない小道具の使い方で主人公に起こる悲劇をさりげなく表現するところがうまい。
「事実に基づいた」という免罪符があるので、ご都合主義のようなシーンも目をつぶれてしまう。
映画観た帰り道はすっきりした気持ちだった。

サマーサマー
サマーサマーさん / 2012年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リア充→非リア充→リア充、その事実にココロ折れそう…

何不自由無く過ごしていたところでの~ 事故とゆーか、鮫とゆーか…

リア充の娘が見舞われるにしてはサ、めっぽう不運でシャ~クに障るよね、きっと?

真正面から、人体の“欠損”ってゆー事実をクッキリ描いた凄みがあるわ。

勇気も貰えると思うんだけど、逆に一周回って、主人公と自分を比べて、

「自分はなんてダメなんだろう」って、ダウナーに入る可能性もありそうで怖いわ。

彼女ひとりの功績ではなくてサ、ワイハーという土地柄だったり、

あの家族・あの兄弟だったり、あの友人や仲間だったり、ひとつでも欠けちゃ

成せない状況なのかもしれない。

彼女を称賛こそすれど、自分には同じことなど到底無理な話だと思った。

水晶薔薇
水晶薔薇さん / 2012年7月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

片腕を失っても一流のサーファーになった理由 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ファミリー・ツリー」に続いてハワイを舞台にした映画「ソウル・サーファー」を観る。
ほぼ全編にわたり、ハワイの海が映し出される。
光を反射して波がうねり、風が吹きわたる。何とも気持ちがいい。

この映画の主人公ベサニー・ハミルトンは実在の人物だ。
片腕を失うというハンディキャップを乗り越えて一流のサーファーになった。

なぜ、彼女が大きな試練を克服できたのか?

まず生まれながらのサーファーであったこと。
ベサニーは、両親や二人の兄もサーファーの一家でに育つ。
歩くのを覚えるようにサーフィンに親しみ、10歳の頃には将来を期待されるサーファーになっていた。
誰よりもサーフィンを上手くなりたいという、生来の負けん気の強さ、
サーファーとして成長するという強い意志と、日々鍛錬を重ねていくという習慣が身についていたことが、最も大きい。

2つ目は、家族の愛情だ。
片腕を失い、新たな日常生活を組み立てていかなければならないベサニーのことを、
過保護にせず、彼女の意志を尊重して、
家族も新しい日常生活を作ろうとしているのが自然に伝わってくる。

ベサニーは病院を退院してすぐに海に入り、サーフィンを始めている。
家族は一緒に、サーフィンを楽しむ。
彼女はすぐに大会に出場するのだが、思うように波に乗れずに、
ライバルたちに大きな差をつけれる。
競技者の道を、一旦はあきらめ、
サーフィンから離れてボランティアなど新しい生活を始める。
家族は彼女の気持ちがサーフィンに戻るまで、待つ。

3つ目は、信仰。映画の冒頭、
サーフィンの練習を切り上げ、島の協会の礼拝に参加するシーンが描かれる、
そこでは、家族や友人、コミュニティの仲間が全員で神の前で祈りをささげ、歌を歌う。
そのような環境で彼女は育っている。ボランティアに時間を割くのも自然な行為だ。
「なぜ私にこんな試練を与えるのか」と先生に問うのだが、
先生は「この辛い経験に何か意味があると信じることが大事」と答える。
生きることについて先生とこんな会話ができるのは素晴らしいと思う。
彼女はボランティアとして、津波の被害にあったタイのプーケット島を訪れる。
そこには、津波で家族を失った人たちがいた。

ボランティアから戻った彼女は再び、サーフィンの競技者として練習に取り組み始める。

映画は、片腕を失った彼女の心の傷をことさらに強調することはしない。
むしろ淡々と競技のために、体を鍛えるところや、家での日常生活を追っていく。

主役のアナソフィア・ロブが、
負けず嫌いだが友達思いのサーファーを生き生きと演じている。
病院のベットで、サメに襲われたときに一緒にいた友人が
自分の事で心を痛めていないか案じるシーンが、
彼女の強さと優しさを表していて心に残った。

カタツムリン
カタツムリンさん / 2012年7月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

好きで好きでたまらないから。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私的にイチオシになりそうな作品で、とにかく驚いた。
ちなみにサーファーじゃない自分が、なんでこの作品に
そんな思いが入ったのかというと、身近にサーファーが
いたからなのだが、この主人公がサーフィンを心から愛し、
どんなに波が好きで好きで堪らないかが溢れ出す作りに
こちらもどうしてか…涙が溢れてきてしまったのである。

実話の映画化、しかし主人公のべサニー・ハミルトンは、
なんて愛らしく人間的にも素晴らしい女の子なんだろう。
地元や海外ではすでに有名人なのらしいが、私はまったく
存じ上げなかった。もとより彼女が人気者になったことが
片腕を失くしてからだというのだからそれもスゴイ。成績が
物語るのは、ハンデなど微塵も感じさせないライディング。
さすが両親ともにサーファーで、幼い頃から家族皆で波に
親しんできた一家というだけあり、生活の中にサーフィンが
存在する。毎日波を見て、見ては乗り、乗っては考えて、
いかにうまく乗りこなせるかを楽しむことが彼女の日常。
…しかし運命とは、本当に皮肉なものである。

私にはよく分からないが、どう考えてもバランス力が必要、
更にパドルなど、両手両腕をいかにも使うスポーツだと思う。
身体に備わってきたバランス感覚と、波乗り特有の感性を
巧く引き出すことに成功したから今の彼女があるのだと思う。
それはひとえにもふたえにも彼女を育てた両親や家族、友人
の豊かな愛情の賜物、それに感謝し、またサーフィンをする
ことに熱意を燃やす前向きな人間性にも多分に影響される。
とにかく観ていてエキサイティングな気持になれる作品だ。

思春期の女の子が、これだけの事故に遭えば心の傷は大きい。
サーファーとして大活躍を果たすはずだった、矢先の惨事。
彼女がどれほど周囲に恵まれていても、自身が相応の覚悟と
忍耐力を持ち合わせていなければ、挫折して当たり前の世界。
ところが。「好きだ」ということは、これほどまで人間を強くも
優しくもするエネルギーを生み出すということに感嘆する。
彼女がアドバイスを求めたのは、ボランティアの世界だった。
津波被害を受けた村を訪ねた彼女は、海をを怖がる地元の
子供達にサーフィンを教え始める。大丈夫。怖くないよ!は
自分への応援メッセージだったとも思える。楽しむことを
最優先に考えられるようになった彼女は、大好きな波乗りを
周囲の子供達に伝承することができるようになったのである。
…思えば彼女は、海やサメを憎んではいなかった。

比べるのはどうかと思われるかもしれないが、
日本で起きた大震災の津波被害、多くの土地や家が流されて
しまった三陸沖の住民の方々が当時インタビューに答えていた。
彼らが口にしたのは、私らは海を憎んだりしてないよ…だった。
私らの生活は海があるから成り立ってきたもの。海から沢山の
魚や海藻を獲らせてもらって生きてきたんだから、こんなことが
あっても、決して海が怖いなんて思わないよ。復興したら、
また海に帰って漁を続けるんだ…と語る姿に、TVの前で私は
涙をボロボロ流した。海が好きだから、またここに戻りたい。
自然災害とはいえ、人間には考えられない猛威力を震われて、
どこに怒りを向けたらいいのか分からない惨状でのこの言葉。
べサニーが海に向けた想いと重なる、と思った。

映画公開に向けてのインタビューで彼女がこう言っていた。
「私は片腕を失くしたことを皆に不幸だと言われるけれど、
私にとっての不幸とは一生サーフィンができないことなのよ」
映画に出られて嬉しかった、と笑う彼女が最高に美しかった。

(好きこそものの上手なれ。これからも最高のサーファーでいて)

ハチコ
ハチコさん / 2012年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

少なくとも劇映画としては駄作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作を忠実に再現した結果だからなのかわからないが、非常にドラマチックさに欠ける作品だった。

一応ストーリー上の起伏はあるといえばある。
たとえば序盤、サメに腕を食われた主人公が、
がんばって再び波に乗るという展開がある。(言わずもがなだが)
しかしこれが本当に、この字面通りの展開でしかない。
事故の光景がフラッシュバックすることもなくすんなり海に入り、
波にうまく乗れなくなってしまった事実も何のその、打ちひしがれる暇もなく
たゆまぬ努力でその日のうちに克服してしまう。
これで感動するのは不可能に近い。

とにかく全編に渡ってこんな調子で、物語上障害となりうるポイントは、
時には主人公の天才的頑張りで、時には納得しがたい理屈で、時にはほぼスルーされながら、なんのカタルシスもなくどんどんクリアされていってしまう。
なんなんだこのベストキッドからワックスを抜いたような味気ない展開は。

あとは謎の演出や人物描写もひどい。
前述の展開の中にあるシーンで、ベッドに横たわったとある人物がサメに襲われる悪夢を見て飛び起きる、というシーンがあるのだけど、普通、これは主人公にやらせるべきでしょ。
なぜ一緒に泳いでた友達の方なんだ。
べっどの足下から徐々にカメラが上がっていくという謎のタメ演出もあって、最終的に友達の顔が映った瞬間は、思わず「えっ!?」って言ってしまったわ…

それから主人公の親父。
娘を乗せた車にマスコミがハパラッチよろしく群がってきたとき、激怒した親父が車を爆走させてマスコミを引き剥がしたのはいい。
それが大した距離でもないのに何故かマスコミが追いかけてこないことも、今時どうかと思う「カシャ!カシャ!」みたいなカメラカメラしたカメラ音も、気になったがまあ許そう。
しかしそのすぐあとの別のシーンで、「マスコミの取材を受けよう」ってアンタ、一体どういう了見だ。
いくら交換条件で義手がタダでもらえるとはいえ、マスコミから娘を守ったさっきの親父とこのオッサンが、どうしても同一人物には見えない。
そもそも、娘はそんなに義手欲しがってたっけ?
ここはたとえば、娘が独断で取材を取り付けてきて、家族、主に親父に反発されつつも義手の必要性を切実に訴える、とか、いろいろ他に手はあるだろうに…。

最後に本当に一番腹が立ったボランティアのシーン。
大会で負けたショックでサーフィンを辞めかけるほど落ち込んだ主人公が、スマトラにボランティアに行く。
そこで、津波のトラウマで海に入ることはおろか、笑うことさえ出来なくなった少女と出会い、その少女を癒すことで主人公も立ち直るみたいなシーンがある。
いやいやいや、そんな波打ち際で水パチャパチャやったぐらいで、トラウマ受けた少女が海に入るわけないだろ。
入っちゃうんだけどね!
せめて主人公の天才的サーフィンテクに少女が魅了されて…とか(それもどうかと思うが)の展開の方がまだしもだよ。
正直、津波を舐めてるとしか思えない。

他にも色々あるけど長すぎるからこの辺で。

とにかく題名の通り、少なくとも劇映画としては駄作。
映画内で説得力を持たせる努力をきちんとしてないから、ただのご都合主義にしか見えない。
エンドロールで流れていた実際の映像を使って、ドキュメンタリーにした方が良かったと思う。

ニック
ニックさん / 2012年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

30件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi