ポエトリー アグネスの詩
ホーム > 作品情報 > 映画「ポエトリー アグネスの詩」
メニュー

ポエトリー アグネスの詩

劇場公開日

解説

「オアシス」「シークレット・サンシャイン」のイ・チャンドン監督が、アルツハイマー症に冒され徐々に言葉を失っていく初老の女性が、一編の詩を編み出すまでを描いた人間ドラマ。釜山で働く娘に代わり中学生の孫息子ジョンウクを育てる66歳のミジャは、ふとしたきっかけで詩作教室に通い始めるが、その矢先に自分がアルツハイマー型認知症であることが発覚する。さらに、少し前に起こった女子中学生アグネスの自殺事件にジョンウクがかかわっていたことを知り、ショックを受けたミジャは、アグネスの足跡をたどっていくが……。2010年・第63回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞。

作品データ

原題 Poetry
製作年 2010年
製作国 韓国
配給 シグロ、キノアイジャパン
上映時間 139分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第63回 カンヌ国際映画祭(2010年)

受賞
コンペティション部門
脚本賞 イ・チャンドン
出品
コンペティション部門
出品作品 イ・チャンドン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

<詩>と<死>の不可分な関係にも言及したイ・チャンドンの新境地
ポエトリー アグネスの詩の映画評論・批評

冒頭、河川のはるか彼方から自殺した女子中学生の死体が流れてくるショッキングな光景に目を奪われる。イ・チャンドンの映画には時として、観客が、直視するのを避けたくなるような<おぞましさ>を露呈させる瞬間がある。しかし、その名状しがたい困惑...ポエトリー アグネスの詩の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全3件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ポエトリー アグネスの詩」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi