127時間のレビュー・感想・評価

メニュー

127時間

劇場公開日 2011年6月18日
68件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

20170920

新幹線の中で視聴。面白い。

ダニーボイルはちょっとだめなやつの孤独感を描写するから好きなんだと感じる。

腕切るシーン。結構唐突だっなぁ。

自分の選択が、ここに結びついたという運命論者的な語り口はうんざりする部分もあったが、自分のこれまでの選択が最善だったか、これからの選択が最善なのかをふりかえらせるちからはあった。

たけ
たけさん / 2017年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこでタイトルか!

冒頭長いんだけどタイトル出てこないから、これは最後に出るパターンか?と思って観てたら、なるほどそこかよ!というところでタイトル来ます。

溢れるほどボトルに入れてた水が、この場面では一滴でも無駄にできないとか、車の中に無造作に置いてるジュースを思いだして持ってきとけば良かったとか、当たり前っていつでも簡単に目の前から無くなるかもね、と恐怖を覚えます。

嵐のシーンは、良かったじゃん!と思わず言っちゃった。

脱出シーンは悶絶しながら観ました。

危険な生物が来なくて良かったね。

クリストフ
クリストフさん / 2017年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生について考えさせられる映画。

実話だけあって、とても深い映画だった。
人生とは何なのか、生きるとは何なのか。
今まで当たり前のようにご飯を食べたり、運動したり、寝たりする生活がこんなにも大切だということがこの映画を観て実感できた。
「映画は人生を変える」とよく聞くが、その言葉に相応しい映画だと思った。

Panta
Pantaさん / 2017年6月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

行き先は常に誰かに言っておきましょう

途中の大雨のシーンとか、どこまで現実でどこから幻覚かよくわかんなかった。
退屈はしなかったけど、それほど面白くも感動もしなかった。

おこげ
おこげさん / 2017年5月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

“生きる”ということ

軽快なテンポが一転、主人公が苦境に陥ったときに出るタイトル。
雄大で美しかった自然が突然、無慈悲で絶望的なものに見える演出。
100分程度とコンパクトにまとまった作品ながら、
構成・演出の良さで、鑑賞後に残る満足感は確実にそれ以上。
“生きている”ことの意味というか、ありがたさを改めて考えさせられる作品です。

終盤、主人公にたっぷり感情移入した後に訪れる“決断”後のシーンはかなりエグめ。ぼくはちょっと正視できませんでした。
痛々しい映像が苦手な人は観ない方が良いかと。
ただ、そこまで含めてこの作品が傑作だということは付け加えておきます。

mar
marさん / 2017年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄いよこれ。

もう 何も言わなくていい 見ないと損するわ人生。

ナッツ
ナッツさん / 2017年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

極限状態

ダニー・ボイル監督の作品は個人的に3作目だが、今作もとても楽しんで鑑賞できた。実話をもとにしたヒューマンサスペンスということで、ストーリーはとても人間の極限状態を考えさせられる内容であり、とても良かった。ジェームズ・フランコの演技も見事で、アーロンを演じきっていた。しかしながら、やはり良いのはダニー・ボイル監督のカット割りと演出であり、本当にすばらしい。90分ほどの映画で、忙しい方にもオススメ。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2017年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

127HOUR ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

腕が挟まった時に出るタイトル「127HOUR」が現れたときはゾクッとした。
ここからの絶望映画のスタートです。

これは事実を元に作っています。
実在の登山家、アーロン ラルストンの実話です。
それを思って見れば自然の恐怖が伝わってきます。

そこで、今までの人生を悔い改める。
生還したアーロンは正直な人間として第二の人生を歩む。

ただちょっと評価下がったのが、
実話だと知るまではちょっと物足りないと感じてしまいました。
まあ、実話なのである方がおかしいのですが、ドラマがもっとあっても良かったかなと思いました。
まあ腕が挟まること自体が最大のドラマですが。

筋肉砂漠
筋肉砂漠さん / 2016年7月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぞわぞわした

人生のターニングポイントって、その人の考え、思想、信念が変わるときの事を言うんだなと

人間は痛い思いをしてやっと変われるのかなと

そんな風に思いました。

せいや
せいやさん / 2016年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疲れた

極限状態が続くからか、本編時間より長く感じました。

気ままなおさる
気ままなおさるさん / 2016年6月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

サバイバー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

良く生き延びたわ。

にゃんた
にゃんたさん / 2016年5月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

This film is based on a true story ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

I was really surprised to know that this film is based on a true story and the climber really exists ! oh my god when his arm is stuck between the cliff and the stone , it's already bleeding from his arm and the more days pass by the less his arm's blood runs and it turns into grey day by day ... sometimes he has some flashbacks of his childhood , patents , ex-girlfriend and the sort of thing and he takes a video of what he's thinking at the moment or how his stuck arm is but he does not wanna die He finally makes up for his mind to cut his arm off and after climbing up the hill and then finding a tourist , he shouts aloud " I NEED A HELP " Fortunately he survives !!! At the end , it explains his life after the accident , Well I hadn't thought he would give up surviving but it's a brilliant story , it could've won an Oscar for Best picture tho . Enjoy watching it !

Bond Showgo
Bond Showgoさん / 2016年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自然の厳しさがわかる

自然の厳しさがわかる

ラスカルルルル
ラスカルルルルさん / 2015年11月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見てよかった。

人間の生きる力を感じる映画。
性格の変化。
この後、主人公がどのような死に方をしたのか考えてしまう。

ryo
ryoさん / 2015年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いっ・・・痛い・・・。

2003年4月25日、アーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、ユタ州のキャニオンランズ国立公園へ出かける準備をしていた。
その準備中、妹から電話が入ったが、それを無視してそのまま車で出かけていった。

翌朝、自転車に乗り換え目的地へ急いでいたが、途中で道に迷っていた女性2人組を見つけ、ガイドを申し出た。
楽しい時間はあっという間に過ぎていき、女性2人は別れ際に アーロンをパーティーに誘いその場を去った。
その後アーロンは目的地でキャニオニングを楽しんでいが、突然岩が崩れ落ち アーロンもろとも深い割れ目に落ちてしまう。
その時 アーロンの右腕が、岩と壁の間に挟まれてしまう。
大声で叫んでも、周りには誰もいない。
ナイフで岩を削り、脱出を試みるも
岩を削れば削るほど、その腕に重くのしかかってきた。
彼は持っていたビデオカメラを回し、状況を記録し始めた。
食料も乏しく、ボトルに入った水も残り少なくなり・・・幻覚のような症状も出始めた。
そして、今までの自分がしてきたことが 全てここに(孤独に)向かわせていたのではないかと思うのだった。

作品の中には、ほとんどジェームズ・フランコしか出てきませんが
ワンシチュエーションにしては 飽きずに観ることができました。
回想シーンや幻覚シーンなど取り入れ、極限状態にもかかわらず あまり重さを感じませんでした。
とはいえ・・・
アーロン・ラルストンさんは、どうやって脱出したのでしょうか・・・。
ドキドキしながら観入ってしまいました。
やっぱり生き物って、「生(せい)」に対して もの凄く執着するんだなーって思いました。
自分だったらどぉするのかな?
アーロンと同じことするかな???
究極だよなー・・・・・・・・。

ちなみに彼は今でもキャニオニングを楽しんでいるそうです。
出かけるときは、必ず行き先を書いたメモを残して・・・。

m@yu-chan-nel
m@yu-chan-nelさん / 2015年9月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

"助けて!"の一言で、絶対見たこと後悔しない!

映画の魅力は何?って聞かれたら、最後の主人公の“助けて”!たったこれだけ伝えられれば、いくらだって話せるよ。それほど最後の台詞に宿るパワーは尋常じゃなかったから。

ほぼ一ヶ所が映画の舞台で、しかも主役一人だけ。ここで敬遠出るかもだけど、そこで避けたら勿体ない。どれだけそこに注ぎ込まれたテクと心が素晴らしいか!

『ザ・ビーチ』とどこか通じるテーマを手掛けたダニー・ボイルが『スラムドッグ$ミリオネア』の素早いテンポをここでも見せて、主役演じるジェームズ・フランコの熱演サポートしてるから、耐えた先の“感動”がより一層沁みてしまった。

ただこれから見る人は、ショック描写が多少あるのを覚悟したうえで見て欲しい。“決断”シーンで“右腕”あたりに違和感襲われる可能性あるから。

最近見た『ゼロ・グラビティ』と同じ“生への渇望”の物語で、だけど違った良さがあって、生きてることに感謝する…。そういう映画になってますので、落ち込んでる方良ければ是非!

平田 一
平田 一さん / 2015年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

自然の過酷さ

旅行でいったユタの景色を思い出しながら見ました☺︎壮大な自然は美しいけど同時に過酷で恐ろしく、孤独。演技も申し分なく◎ただ、主人公の自業自得さに応援したい気持ちは冒頭で消失(笑)。結末が読めるのでハラハラ感はなく、錯乱シーンが多すぎて途中も間延び。なのに結末はかなりあっさり。とりあえず行き先はちゃんと伝えようといういい教訓です。

Jessie
Jessieさん / 2015年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

希望を貰ったんだなあ。

まず映像が綺麗でおおぅってなりました!

んで岩に挟まった時の、最悪すぎてやばいもうやだみたいな雰囲気が堪らない。
ここら辺までの冒頭20分あたりまでは、スルスル見れたけど、あと70分どうなるのかと思ったけど全然間延びしませんでしたっす。、

ジェームズフランコはイケメンだけど、なんか悲愴感ていうか可哀想な顔がいい。

僕もコンタクトだからコンタクト舐めて潤す所とか泣けた。

KW
KWさん / 2015年3月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いいです。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この映画から感じたのは

①自分に降りかかる困難は自分で越えていかなければならない。

②人は1人では生きられない。

ということ。

私も登山が好きでよく行くのですが、遭難は自己責任だということと、遭難したら必ずや他人に迷惑をかけることになることを肝に銘じて緊張感を持って登るようにしています。

ローランド山
ローランド山さん / 2015年3月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きるための決断

絶体絶命から自力でどうにかする、という映画の中でもこの行為はかなり勇気がいる決断だと思う。
痛々しい映像と神経を極限までが刺激されたときの効果音。
過酷さが十分に伝わってくる。

pazoo
pazooさん / 2015年3月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

68件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi