スター・トレック イントゥ・ダークネス : 映画評論・批評

スター・トレック イントゥ・ダークネス

劇場公開日 2013年8月23日
2013年8月20日更新 2013年8月23日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

勝因は悪役の設定とベネディクト・カンバーバッチの起用にあり

ヒーロー映画の魅力は悪役にある。特にシリーズの第2作では悪役が重要。第1作はヒーロー誕生を描けばよいが、第2作はその先を描かなくてはならないからだ。クリストファー・ノーランがリブート版バットマンでジョーカーを登場させたのも第2作だった。

そしてJ・J・エイブラムスも、彼がリブートした「スター・トレック」の第2作で、稀代の悪役を創り上げた。その悪役は、主人公たちが所属する宇宙艦隊の士官ジョン・ハリソン。彼は突然、宇宙艦隊のデータ基地を攻撃し、さらに艦隊の首脳陣を抹殺する。彼の目的は何なのか。

エイブラムスはこのジョン・ハリソンを、強力な敵であると同時に、ただの敵ではない特別な存在に設定した。まず、ハリソンには主人公たちを圧倒する知性と身体能力を備わっている。だが、それを誇示することはしない。過激な行動に走るが、その態度は常に冷静そのもの。そして、人間の愛情を利用して罠を仕掛けるという凶悪さを持つが、その行動には敵ですら共感を抱かざるを得ない理由がある。こうした多面性がこのキャラクターに魅力を与えている。さらにエイブラムスは、崩れ落ちる高層建築のイメージを多用しつつ、“復讐”を巡る物語を描いて、この映画が9・11の同時多発テロや、アメリカとビン・ラディンの関係を描く現代のドラマとしても読み取れることを示してみせた。

このハリソン役に、伝統的なハンサムとは異なる風貌を持つ英国の個性派俳優ベネディクト・カンバーバッチを起用したのも、本作の勝因。カンバーバッチが「SHERLOCK シャーロック」で演じた、コミュニケーション障害だが、驚異的知性を持つ天才探偵のイメージが、ジョン・ハリソンの設定と重なって相乗効果を上げている。

平沢薫

関連コンテンツ

特集

圧倒的な映像力をさらに上回るドラマ性──天才J・J・エイブラムスが描く《新たなる伝説》に“涙”せよ!
特集

全世界大ヒット作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」が、いよいよ8月23日(金)日本上陸! 圧倒的迫力を誇る次世代映像に加えて、見る者の感情を揺さぶる“ドラマ”を手がけるのは、J・J・エイブラムス。「スター・ウォーズ」最新作の監...特集

インタビュー

「こだわったのはストーリーとキャラクター」J・J・エイブラムス監督が明かす、観客の心を揺さぶる“源”
インタビュー

「スター・ウォーズ」新エピソードの監督、「ミッション:インポッシブル」第5弾のプロデュースも控え、いまハリウッドで最も多忙なヒットメーカーと呼んでも過言ではないJ・J・エイブラムスの最新作、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」が...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全117件)
  • 2→1→3の順に鑑賞。 正直、ストーリー展開はご都合主義で粗いです。 でもシリーズ通してのジム(主人公)の変化と、スポックやマッコイ、パイク提督との関係性が凄くいい。 いつも大変な目に遭わされながら懲りずにジムとつるみ... ...続きを読む

    久万 久万さん  2018年4月21日 11:54  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • サックサク進むよ 各人の関係性などは最初の火山パートで上手く伝えておいて、後はすごいスピード感で進んで行く。 話がシンプルな分、ちょっと乗り遅れてもスグに乗り直せる感じ。さすがJJ伏線の回収もしっかりやってのける... ...続きを読む

    neko nekoさん  2017年11月14日 00:38  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • あいも変わらず あいも変わらずかなり面白かったです。第一カットからラストのラストまで目が離せない展開と映像で夢中になって観れます。 あと、キャラクターがかなり魅力的になっています。 ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2017年9月27日 01:25  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi