ジェーン・バーキンのサーカス・ストーリー
ホーム > 作品情報 > 映画「ジェーン・バーキンのサーカス・ストーリー」
メニュー

ジェーン・バーキンのサーカス・ストーリー

解説

フランスの巨匠ジャック・リベットが、小さなサーカス団で織り成される人間模様を描いた物語。とあるサーカス団の団長が夏の巡業の直前に突然この世を去った。かつて一座にいた団長の娘ケイトは、団員たちから頼まれて再加入を決意する。さらに巡業の途中で出会ったイタリア人ビットリオもついてくることになり……。「美しき諍い女」のジェーン・バーキン、「赤いアモーレ」のセルジオ・カステリットらが出演。2009年・第22回東京国際映画祭では「小さな山のまわりで」のタイトルで上映された。

作品データ

原題 36 vues du Pic Saint Loup
製作年 2009年
製作国 フランス・イタリア合作
上映時間 84分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ジェーン・バーキンのサーカス・ストーリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi