法の書
ホーム > 作品情報 > 映画「法の書」
メニュー

法の書

劇場公開日

解説

イラン人男性とフランス人女性の国際結婚をテーマにしたコメディ。テヘラン出身のラフマンは、出張先のベイルートでペルシャ語の通訳を担当したフランス人女性ジュリエットと相思相愛の仲になる。めでたく結婚することになった2人は、テヘランにあるラフマンの実家で新婚生活をスタートさせる。ところがジュリエットは、文化や習慣の違いから彼の母や姉妹とギクシャクしっぱなしでなのだった。

作品データ

原題 Ketabe Ghanouin
製作年 2009年
製作国 イラン
上映時間 94分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi