「イカレ男」ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編 いずらいさんの映画レビュー(感想・評価)

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編

劇場公開日 2009年11月7日
全4件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

イカレ男

戦争によって誕生したイカレ男は社会の悪になった。
社会の悪ってもんじゃないですよ、極悪です。ただ単に悪党。

彼がとても悪党という事は伝わってきましたけど、別に戦争の記憶に苦悩するシーンもないし・・・
人物としては悪党ということしか分かりません。
根っからの悪だったけど戦争前はなんとか抑えていて、それが戦争によってはじけ飛んだ、という訳でもありません。

つまり、愛されるキャラクターではないので、何を目的に見ればいいのか不明。

見ごたえは普通。

いずる
さん / 2012年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi