ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編のレビュー・感想・評価

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編

劇場公開日 2009年11月7日
4件を表示 映画レビューを書く

イカレ男

戦争によって誕生したイカレ男は社会の悪になった。
社会の悪ってもんじゃないですよ、極悪です。ただ単に悪党。

彼がとても悪党という事は伝わってきましたけど、別に戦争の記憶に苦悩するシーンもないし・・・
人物としては悪党ということしか分かりません。
根っからの悪だったけど戦争前はなんとか抑えていて、それが戦争によってはじけ飛んだ、という訳でもありません。

つまり、愛されるキャラクターではないので、何を目的に見ればいいのか不明。

見ごたえは普通。

いずる
いずるさん / 2012年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヴァンサン・カッセルの演技は評価できるが・・・

銀行強盗のシーンなどヴァンサン・カッセルの白熱した演技・存在感は良かったけど・・・・
結局主人公はスケールの小さい単なる「コソ泥」?(まだ、パート1しか観ていないが・・)

「社会の敵」と云われるなら、「アメリカンギャングスター」の主人公
フランク・ルーカスぐらいデカイことをやらないとね~!

タイクーン
タイクーンさん / 2009年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残酷でもセクシー

ヴァンサン・カッセルの見事な存在感!
優しい目の奥に見える怒りの表情は、凶悪犯としての魅力が満載です。
これまでに語り継がれてきたジャックを完璧に描ききっている作品です。
でも女性には優しい男!決して手を出さず、惜しみない愛を注ぐところに女性は惹かれるのですよね。とってもセクシー!物腰はやわらかで紳士的で頼もしく、そして暴力的。怖いもの知らずで容赦無し。世界で最も有名なギャング、彼のポリシー、生き様をこの映画で知ることができました。又設定の小道具、自動車と60年代のファッションなど多く再現されており、そこも見所でした。

kokko
kokkoさん / 2009年11月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どこまでも極悪

「銀行や金持ちからしかお金を取らない」というので
義賊を想像していたけれど、そんな甘いものではなかったです。

人としてかなりイカレています。
なんの救いもない話でした。

Part.2でこの男の最期がどうなるのか
機会があれば観てみたいですが・・・。

えの
えのさん / 2009年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi