花と兵隊のレビュー・感想・評価

メニュー

花と兵隊

劇場公開日 2009年8月8日
1件を表示 映画レビューを書く

伝えなければならないモノ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

タイ・ビルマ国境付近で終戦を迎えながら、戦後日本へ帰還をしなかった日本兵の姿を追ったドキュメンタリー。

映画は作品中に登場する日本兵のお葬式から始まる。
何組もの地元で暮らす元日本兵が登場するが、作品の大筋は主に3人のインタビューにて構成されている。

「帰りたいとは思ったけれど帰らなかった…」

その気持ちは何故だったのか?
当時の戦況はどんなものだったのか?を1人1人が語る。

中には国の内紛に参加して(主ににカリン族にお世話になったりしていた為…現在でも独立運動が盛んらしい)亡くなった日本兵も数多いとゆう。
その様に地元の女性と結婚し、地域と溶け込んだ生活を営み。また彼ら部族も深い愛情を持って受け入れている。
そんな元日本兵達は、残り少ない人生を迎えつつある。

あの時インパール作戦で一体何が在ったのか?
今少しずつ真実が明らかになって行く。

「銃撃だけが戦争じゃないんだ…分かるか」の一言がとても重い。

(2009年8月23日【シアター】イメージフォーラム/シアター2)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年8月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi