花と兵隊
ホーム > 作品情報 > 映画「花と兵隊」
メニュー

花と兵隊

劇場公開日

解説

タイ・ビルマ国境付近で敗戦を迎えたにも関わらず、祖国に帰らず未帰還兵となった日本兵6人の生涯に迫るドキュメンタリー。監督は本作が劇場デビューとなる若手映像作家の松林要樹。1941年、日本軍はビルマ侵攻作戦に着手し、およそ19万もの将兵を失った。敗戦後、自らの意思で所属部隊を離れ、現地に残った兵士たちはその地で家族を作り定住している。一見幸せそうに暮らす彼らから、長年の沈黙を経て壮絶な戦争の記憶と故郷への思いが語られる。

スタッフ

監督・撮影
プロデューサー
安岡卓治
編集
辻井潔
松林要樹
音楽
津嘉田泰三

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 安岡フィルムズ
上映時間 106分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 伝えなければならないモノ ネタバレ! タイ・ビルマ国境付近で終戦を迎えながら、戦後日本へ帰還をしなかった日本兵の姿を追ったドキュメンタリー。 映画は作品中に登場する日本兵のお葬式から始まる。 何組もの地元で暮らす元日本兵が登場するが... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2015年8月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi