永遠のこどもたちのレビュー・感想・評価

永遠のこどもたち

劇場公開日 2008年12月20日
30件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

長くて退屈だった‼

スペイン映画という事で雰囲気は良いという第一印象でしたが、序盤からテンポが悪くとても長く感じます。中盤でエクソシストのシーンがあり、私は「死霊館」がつまらなかったので本作も苦手な映画でした。「パンズ・ラビリンス」は良かったのに本作はよくある普通の古めかしい映画にすぎないと感じました。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年10月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何故死後の世界にこだわるのか。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリー
やっぱり死後の世界でしか幸せになれないのね。ギレルモデルトロは合わないなと感じた。感覚的に。死ぬことで解決みたいな考え方は私達になんの希望も与えない。それはシモンの死を乗り越えることにはならない。

キャスト
母の独走という印象。

JYARI
JYARIさん / 2017年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ラストで涙が止まらなかった。

なんだ涙が止まらない。この感情は何だろう?
物語は不気味だけど、単純感覚では解釈に苦しむ。
「6センス」とか好きな方はオススメ!

かずぴん@cinema
かずぴん@cinemaさん / 2017年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

161-38

死後に幸せを求めてる感じがパンズ ラビリンスに似てますね。監督同じですしね。サスペンス感もありホラー感もありなかなか楽しめました。

もやし
もやしさん / 2016年5月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だるまさんがころんだ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストで父さんが、母さんのペンダントを見つけてからの微笑みは「やっと、あの子に会えたんだ。」そんな安堵の表情に見えた。

もの悲しい筈なのに、何故か救いを感じた最後。

おりこう
おりこうさん / 2016年3月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

始終不気味

サスペンスかと思って見てたら結構ホラーな感じで怖かったです。ちょいちょい出てくるトマスにドキッとします。
まさかラストで号泣するとは思わなかったです。母親ならそがんなるよなぁ…
ラストの子供達の ラウラ、ウェンディみたい って台詞にやられました。
おすすめします。

maria
mariaさん / 2016年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私の生涯最高作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ウノ ドス トレス トカラパレ♪」
木の幹を拳で叩いて「カラパレ♪」で振り向く、スペイン版「だるまさんがころんだ」で遊ぶ子供たち
大きな案山子がある「よき羊飼い」孤児院
少女ラウラの養子縁組が確定したシーンでオープニングへ

時は経ち~

海に面した島の果て
灯台の麓にある大きな屋敷に住む夫妻(妻がラウラ37歳、夫カルロス)は、家を障害児孤児院にすることにした
息子のシモンには空想上の友達ワトソンとぺぺがいた

夜中に起きてしまったシモンに、今では光らなくなった灯台の昔話を聞かせるラウラ
明日は灯台を見に行こうと話す

翌日、ラウラと一緒に洞窟に寄り、懐中電灯を持って一人で中に入っていくシモン
何かを見た?出てこない
心配して迎えに行くと、奥で誰かとしゃべっている
でもラウラが見ても誰もいない

「家に呼んでいい?」とラウラに聞いて承諾を得ると、ヘンゼルとグレーテル的に貝殻を落としながら家に帰るシモン

家族が今住んでいる家は、ラウラが育った孤児院だった

ある夜、不気味なソーシャルワーカー・ベニグナが突然家に来る
彼女が持ってきた書類にはシモンの名前が書かれており、「養子縁組により転居」「HIV陽性」の記載が

「キナナイ?」誰なの?

また違う夜、真夜中に倉庫から物音がして行ってみるとベニグナがスコップを持って潜んでいた
見つかると慌てて逃げる

しかしすごいでっかい屋敷だなぁ~
アメリカン・ホラー・ストーリーのシーズン1みたい
ってかこれってホラー?何も知らずに観始めちゃったんだけど

「友達は6人いて、みんな大人にはならない」というシモン。学校行ってないのかなぁ。だとしたらなんでだろう。病気だからかな。

ある日、ラウラがシモンと話していると、見えないこどもたちとの宝探しが始まる
こどもたちが宝を隠し、それに繋がるヒントを一つ一つ見つけていくと最終的に宝にたどり着く
宝を見つけると願いが叶うという

ラウラとカルロスが本当の親でないこと、自分はすぐ死ぬことを、友人の「トマス」に聞いたと言うシモン
養子であること、病気のことなど真実を打ち明けざるを得なくなったラウラとカルロス

翌朝
「僕を好きじゃないんだ。嘘ばっかりだ」と窓際で嘆くシモン
孤児院の見学に来たであろうダウン症や知的障害がある子供たちがたくさん来る
パーティーの準備と来客の出迎えで忙しいラウラに、「今すぐトマスの部屋に行って!」と言って聞かないシモン
言い合いの末、ラウラは彼をひっぱたいてしまう

「カリーニョ」坊や

パーティーの最中、マスクをした子供に浴室に誘い込まれて閉じ込められたラウラ
救出後、シモンが行方不明になっていると気付く
必死で探すラウラは洞窟に入っていく彼を見たが、誰も信じてくれない
マスクをしたこどもの存在もラウラ以外は見ていない
ベニグナがさらったと思うラウラ

その夜、掃除用具入れや他の部屋から大きな物音が
未だ行方不明のシモンのベッドに、女の子の人形が置かれていた

行方不明のまま半年経過~

投薬を欠かせないことからシモンの生還は絶望的
生きていると信じながら、子供を亡くした親の集団セラピーに通うラウラとカルロス
シモンの「見えない友達」信じ始めていた

セラピーの帰り道、街でベニグナに遭遇するが、目の前で車に轢かれて死んでしまう
乳母車を押していたが、中には、ラウラを浴槽に閉じ込めた子供と同じ格好をした人形

ベニグナは、ラウラが育った孤児院で一時期働いていたことが判明
息子がおり、トマスという名だった
生まれつき顔が顔面に障害があり、孤児院の中でマスクをした上で秘密裏に育てられていた
しかし孤児同士のイジメにより7歳時に洞窟で溺死

継続して起こる怪奇現象の数々により、霊能師を家に呼んだ夫妻
トランス状態に入った霊能師が家を徘徊すると、奥の部屋から子供達の叫び声が
マイクを通してその場にいる全員に聞こえる
その部屋にカメラはなかったが、霊能師は子供が5人苦しがって泣いているのが見えたと言う
映像と音声が乱れ、危険を感じてトランス状態を終了

過去に孤児院でいったい何があったのか

見えない「こどもたち」を信じるよう霊能師に諭されたラウラと、彼らとの宝探しゲームが始まる
一つ一つヒントを追っていくと、倉庫の焼却炉から5人分の人骨と遺灰の入った名前付きの袋が出てくる
孤児院でラウラと共に育った5人だった
トマスを殺された恨みからベニグナが5人を殺し、先日はその袋を回収するために倉庫に忍び込んだと知る

ベニグナに殺された5人が、シモンと自分にゲームを仕掛けていると感じたラウラは、シモンの行方を捜すため、カルロスが去った後も一人家に残り、こどもたちともう一度宝探しゲームをする
宝はシモン。見つかるのか
自分はシスターの服を着て、寝室に当時と同じ人数分のベッドを組み立て、食事も人数分用意し、過去の孤児院の状態を完全再現する

でも何も起こらない

遊んで欲しいのか、と思い、昔みんなでよくやった
「ウノ ドス トレス トカラパレ♪」
をしたら、ついに5人のこどもたちが姿を現した
シモンの居場所を教えて欲しくて彼らを追いかけ、掃除用具入れに閉じ込められたラウラ
部屋の奥に隠し扉を見つける
開けると地下に繋がる階段

そこが・・・トマスの部屋だった!!!
しかもシモンがいた!!!!!

祈る祈る祈る
シモンとラウラが無事で家を出られますようにお願いお願い

え?

え????

まじか

まじかまじかまじかまじか

うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最悪

最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪

今まで観た映画の中でダントツ最悪

え??

え???????

え???!?!!!?

うわ!!!!

うわーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっべ

やっべやっべやっべやっべ

そうくるか

まじか!!!!!!!!!!!!ぎゃーーーーー

絶望からの

そうだよね宝探しにはルールがあった
灯台の話もシモンとしてた

うわ泣く

泣くわーーーーーーーー

実況中継で書いてたらラストはこの一喜一憂っぷり。これでもかってくらい落としてからのエンディングの疾走感。完全なるハッピーエンドではないけど、でもあまりに鮮やかで晴れやかで、思わず声が出た。
変な感想とかいらないな。素直にものすごくいい映画だった。ダントツで生涯最高作品。
星5000個。
ありがとうございました。

Chisa
Chisaさん / 2016年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

こどもたちの手によるオープニングから不気味さが漂う。なんとなく怖い...

こどもたちの手によるオープニングから不気味さが漂う。なんとなく怖い感じが蓄積されていく感じがしてどんどん不思議な世界に引き込まれていった。

hctcl
hctclさん / 2015年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

腑に落ちない

もう少しホラーを想像していたら、なんだかどっかで観たことあるような展開でした。まぁ「ダーク・フェアリー」のようなよくわからない感じではなかったけど(そういえばあれもdel Toro監督が関わってたような)それでもなんだかなぁ。夫はどうしたらいいの?

ちかし
ちかしさん / 2015年10月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホラー?ファンタジー?

不思議なジャンル。怖いのか、切ないのか、とにかくラストは胸が熱くなりました。こんな映画初めて!見事なストーリーです。

Sheeta
Sheetaさん / 2015年10月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良作だった。ほどよくホラーだけど、普通にドラマ作品として。ハッピー...

良作だった。ほどよくホラーだけど、普通にドラマ作品として。ハッピーエンドなんだろうなあ。

まるこ
まるこさん / 2015年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

養子の子どもが ある日から 目に見えない空想の 友達と遊びだした ...

養子の子どもが
ある日から
目に見えない空想の
友達と遊びだした

ある日
その子どもが
行方不明になり
半年が過ぎるが

幽霊に連れ去られたと
思う母親だが

ホラーものか
何かよくわからなかった
ラストも予想できる

ちーまん
ちーまんさん / 2015年3月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギレルモプレゼンツ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

子どもたちは遊ぶのが大好きで、遊びの中でシモンの居場所を伝えてくれたのが、印象的。

シモンの失踪の真相は、あまりにも残酷で、胸をえぐられる。

シモンを抱きながら、彼岸を超えるラウラ。
盲目の少女がその頬に触れ、「ラウラだ」と気づく。
懐かしそうにそばに寄ってくる子どもたち。
「大人になってる!」と誰かが言った。

ラウラにとって、子どもたちは永遠の友だちだけど、大人になった彼女は、彼らの母にもなれる。

シモンと子どもたちと融合したラウラは、友情と母性に満たされ、幸福感にあふれていた。

Raspberry
Raspberryさん / 2014年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖かった… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ホラー苦手なのに見てしまいました。
ギレルモ・デル・トロ製作でインポッシブルの監督というので見ずにはいられなかった。
結果すごい怖かった…。画面小さくして見ました…。
無駄にひとを怖がらせる演出は好きではありませんでした。
ただこの監督は子どもを上手に撮りますね。子どもたちの演技も良かったです。
そして母の苦悩や悲しみや謎解き、切なかったです。
私はこの映画ハッピーエンドだと思っています。パンズラビリンスを彷彿とさせるラストでした。
最後の父親の表情はどちらを意味しているのか気になりますが見ているひとそれぞれの解釈になるのかな…私はあの後父親も一緒に暮らすと判断しましたがラウラの想いに気付いただけともとれますね。
映画としてとても上手に描かれているのはわかりますが、怖さが勝って集中できなかったかな。
シックスセンスはまだ大丈夫だったんだけど…。

ゆり
ゆりさん / 2014年11月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ってたよりずっと怖い。

ゴシックな雰囲気のあるホラー作品。
ギレルモ・デルトロ監督作品の雰囲気が凄く出てる。
息子についての設定にちょっと不必要さを感じつつも、終始目が離せないテンポのよさに大満足!
ラストは悲しいけど、美しい。

幸ぴこリン
幸ぴこリンさん / 2014年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度見ても感動するホラー映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

※ 完全なネタバレです。映画を見たあとに、お読みください。

初見では、ただただ驚きとドキドキと感動を覚えるのですよね。そして見返せば見返すほど、至るシーンで綿密に最後の場面のヒントを散りばめていることに気付かされるのですよ。

シモン失踪からかなりの時間が経過されているから、見てる人達は確実に死を予感せざるを得ないんです。そしてクライマックスのシーンですよね、、初め見たときは、嘘でしょ?そんな都合の良いこたないだろ?って思ってたら、容赦なく現実を叩き込んできて、ラウラの悲痛な叫びが響きわたる、、、。そこで終わればバッドエンドですよね。でも、この映画は違うんですよ。ちゃんとした救いがあるんですよ!

シモンの宝探しゲームがここで役割を果たしてくるんです!ラウラにとってシモンが1番の宝物なわけで、彼女の願いはもう一度シモンと会いたいということ。そして、死後の世界で再会を果たし、願いが叶ったわけです。シモンの宝探しゲームでの願い(孤児たちと共に暮らす)も叶いますし。

そんでもって、父さん。霊の存在を信じなかった彼は結局ラウラたちの元へは行くことができず、1人だけ悲しみに暮れる立場になるのかと思いきや!ラウラに渡したお守りのネックレスを発見して彼もまた幸せを掴むというわけです。なぜかというと、彼はラウラに、シモンを見つけるまでネックレスを預けることにし!見つけたら返してくれと言ってましたよね?それが最後のシーンで彼の手元に戻ってきた、、、つまり、シモンを見つけたから、私は平気よというラウラのメッセージを読み取ったわけなんですよね、きっと。それで、あの微笑みですよ。少し哀しみが混ざったような安堵の微笑みなんです。

みんなハッピーエンドなんですよ。だから見終わっても、怖さよりも不思議な幸福感的なものに浸ってしまうわけです。もう、ホラーというカテゴリだけじゃ分類できませんよ、これは。これからも再見したい映画の1つですよ。いまのところ、永遠のこどもたち が私の中では1番素晴らしい映画でございます。

ぎょくろ
ぎょくろさん / 2014年6月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ホラーなおとぎ話 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストに謎が判明してパズルがパチパチとハマって行く感じが気持ち良かった。要所要所で怖い演出が効いててあっという間の100分だった。これしか方法はなかったのだろうかと悲しいラストのはずだけど、話が良く出来てて見終わった後、変にスッキリ「良かったぁ」と思えた。子どもの事に関しては母は強し、男は何の役にも立たん。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2014年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホラーではなく、お話に浸りたい人向けの映画かな

この映画はホラーというより、お話に浸りたい人向けの映画かなと思います。

所謂「夏に見たいな」というホラー映画ではありません。

他の方のレビューにありましたが、

どこか絵本的で、登場人物たちの運命の捉え方がおとぎ話のようにも感じました。

尺も100分強あり、大部分が静かなつくりになっているので、

ある程度気持ちの余裕を持って見るといいかと思います。

序盤はホラー要素はかなり抑え目で、

登場人物たちを情報を与えすぎない程度にちゃんと描いています。

事件?が起こり始めてからも、決して急がず

クライマックスに向けて盛り上げていくところがとてもいい。

ただそのスピード感が人によっては退屈に感じてしまうかもしれません。

オチはまぁ予想できるものの

積み立てがしっかりしているせいか、ガッカリ感は特になく、

ラストまで見て、なんというか「納得」してしまいました。

最後にこれは趣味の問題だと思いますが(※まだ見てない方はここで引き返してください!)

_

_

_

_

_

_

最後のカットはアレを拾った後、

ドアが開いたところでエンドロールに行って欲しかったかなと。

あの表情のアップは私としては蛇足に感じてしまいました。

まぁあくまで私の趣味ということで、一人でも共感してもらえればうれしいです。

麦茶
麦茶さん / 2013年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気味の悪いホラーってだけじゃない

孤児院の子どものマスクや年代物の人形
かかし?に孤児院など気味の悪い物のオンパレード
それだけで、なんとも恐怖をそそる
隋所隋所には怖くて目を伏せてしまうが、
それぞれのシーンには伏線もはられており、
勇気を出して隅々までしっかり、
気を抜かずに見るべきだった。
いまいち腑に落ちないというか
燃焼しきれない部分もあったので
後でもう一回、見たい
そんな映画でした

E.Del.Mar
E.Del.Marさん / 2013年8月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

罪と愛と救いを、余すことなく

単純なドキドキ感をを楽しむホラー映画では終わりません。

知られざる者たちによって何度も訪れる霊的な出来事。

でもそれは、幼い頃の友達からの救いのメッセージだった。

恐怖がこんこんと深ければ深いほど・・・

母親の愛は完全無欠の物となり

観る者の心を強く掴んで放しません。

全てが切なくなるほど美しい映像です。

罪と愛と救いを余すことなく描いた秀作だと思います。

momogaria-no
momogaria-noさん / 2013年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

30件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi