ブラインドネス インタビュー: ジュリアン・ムーア&木村佳乃&フェルナンド・メイレレス監督に聞く(4)

ホーム > 作品情報 > 映画「ブラインドネス」 > インタビュー > ジュリアン・ムーア&木村佳乃&フェルナンド・メイレレス監督に聞く(4)
メニュー

ブラインドネス

劇場公開日 2008年11月22日
2008年11月12日更新

前のページから続く

フェルナンド・メイレレス監督 インタビュー

撮影中の監督(左)とジュリアン・ムーア 撮影中の監督(左)とジュリアン・ムーア

──先ほどおっしゃった人間の獣性についてですが、ゴールディングの「蠅の王」のように、収容所という閉鎖された空間がいったんカオスに陥ると、人間の最も醜い部分が露呈しますね。“キング”役のガエル・ガルシア・ベルナルが憎々しいまでの暴力を発揮しています。暴力性を表現する際に、最も苦慮した点は?」

暴力で支配しようとする男をガエル・ガルシア・ベルナルが演じる 暴力で支配しようとする男を
ガエル・ガルシア・ベルナルが演じる
[拡大画像]

「人間が根源的に持つ暴力性を描くのに、よりディープに掘り下げたいという意図はあったんですが、あまりにもショッキングな描写だけは避けたかったんです。実は、一番最初に一般観客500名を集めてテスト試写をしたとき、今のバージョンよりもっとダークだったです。そうしたらあろうことか、10%強にあたる62名の方が上映中に映画館を後にした。その結果から、たとえ最後まで見てもらったとしても観客はむごたらしいレイプシーンの印象が強すぎて、この映画の内容に関して嫌悪感をいだき、拒絶反応を示すんじゃないかと考えたのです。モニカ・ベルッチ主演の『アレックス』はその典型的な例。レイプシーンがハード過ぎて、セリフも最高で、カメラワークも最高なのに、みんなが口にするのはあのレイプシーンばかり。自分も同じような道をたどりたくなかったので、よりソフトな描写に変更しました。その理由は、観客に最後までこの映画について来てほしかったからです」

──そんな映画に、伊勢谷友介と木村佳乃が夫婦役で登場していますが、撮影現場での2人はいかがでしたか?

監督も絶賛する伊勢谷友介 監督も絶賛する伊勢谷友介 [拡大画像]

「彼らと初めて会った時、とても洗練されたカップルになると思いました。フィリップ・スタルク風の白いアパートメントにも合いそうで(笑)、見るからにとてもエレガントで、いい顔をしていました。リッチな日本人という設定にピッタリでしたね。初めて2人のパフォーマンスを見たとき、彼らを選んで正解だと思いました。おまけに、彼らの英語を聞いて仰天しました。2人とも、とてもナチュナルに、日本語と同じぐらい流ちょうに英語を話しますから。2人とも学校がニューヨークだったそうですし、私より英語が上手でした」

──この映画で唯一の疑問は、眼科医の妻であるジュリアン・ムーアだけが、ただひとり目が見えるということです。その点について、メイレレス監督はどのように自分を納得させて、演出にあたったのですか?

「実は、ジョゼ・サラマーゴに初めて会ったときの私の一番最初の質問も同じで、彼の答えが『アイ・ドント・ノウ(分からない)』でした。原作者が知らないことを、私が分かるはずもない(笑)。『運が良かったんじゃないか』とも答えてくれたが、『善人だから』という理由ではないそうです。それを踏まえた上で演出しましたが、この映画の人物に過去がないように、医者の妻である彼女が映画の中で体験する“旅路”のほうにフォーカスするように努めました。最初登場したときの彼女はどちらかというと思慮が浅く、夫に頼りきりで、献身的に接する典型的な人妻でした。けれども、さまざまな経験を得ていくなかで、自分や他人をケアするうち、自分の内面に秘かに持っていた強さを自覚していく。最後には自分では考えてもみなかった絶対的な強さを得る。つまり、さまざまな経験を通して彼女は、自分自身を“見ること”を学んだ。見ることを学ぶこと、それこそがこのテーマです」

──「十戒」のモーゼのように、導く者が必要だったのですね。

「イエス。周りの人々は彼女がいたおかけで、とてもラッキーでしたね(笑)」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

格差や貧困が生み出す暴力性や残酷な現実を乗り越える道を提示
映画評論

メイレレス監督は、サラマーゴの原作と同じように、見えることと見えないことが生み出す現実を徹底的に突き詰めていく。感染者を隔離した収容所にはやがて権力者が出現し、女性が食糧の対価にされる。そんな状況が浮き彫りにするのは、人間の醜さだけで...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ブラインドネス[DVD] ブラインドネス[Blu-ray/ブルーレイ] ブラインドネス スペシャル・エディション[DVD] シングルマン コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ]
ブラインドネス[DVD] ブラインドネス[Blu-ray/ブルーレイ] ブラインドネス スペシャル・エディション[DVD] シングルマン コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2010年10月20日 最安価格: ¥1,560 発売日:2009年4月3日 最安価格: ¥5,122 発売日:2009年4月3日 最安価格: ¥108 発売日:2011年3月4日 最安価格: ¥3,959
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全28件)
  • 正直観入りました。 これこれ。私が中学生くらいの頃に予告を観てからずっと観てみたかった作品なのですが、なんだかんだで手に取らず観てきていませんでした。 そのことを激しく後悔。 なんでもっと早く観なかったんだろう!そ... ...続きを読む

    A Aさん  2016年10月17日 18:50  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 本質、真理、答え ある日、突然視力を失う感染病が人類を襲い、それに立ち向かう物語。 本当に大切なものを考えさせられる良作です。 ...続きを読む

    santamonick santamonickさん  2015年3月29日 14:14  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • なにが言いたかったの? もう少しパニック要素を期待していたのだけれど、終始スローテンポで長かったでです。 何を言いたかったのか、それがいまいち伝わってこなかった。もちろん、終盤でパウロに関してあからさまな聖書への言及が... ...続きを読む

    ちかし ちかしさん  2015年3月7日 23:53  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi