ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ホーム > 作品情報 > 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
メニュー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

劇場公開日

解説

社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直す劇場版4部作の第2部。汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗り、自ら戦うことを選んだ14歳の少年、碇シンジ。そんな彼のもとに、新たにエヴァ2号機とそのパイロット、式波・アスカ・ラングレーらが加わり、謎の敵“使徒”との戦いは激化していく……。TV版に登場しなかった新キャラ、真希波・マリ・イラストリアスや新メカのエヴァンゲリオン仮設5号機なども登場。

キャスト(声の出演)

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 クロックワークス、カラー
上映時間 108分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第33回 日本アカデミー賞(2010年)

ノミネート
アニメーション作品賞  

特集

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」はココが違う!噂の新要素を旧シリーズと比較検証(2)
前作以上の驚きの展開が待っていそうな予感が漂う

※前のページから続くそして「破」の注目ポイント、現在判明している新要素を紹介しよう。特報、予告編から推測すると、TV版でエヴァンゲリオン弐号機とそのパイロット、惣流・アスカ・ラングレーが初登場した第八話から、使徒ゼルエルがネルフ本部に...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

悲壮感を乗り越えてポジティブに生をまさぐる意思を感じさせる
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の映画評論・批評

新劇場版「序」ではシンジの性格付けに変化の予兆を感じさせたが、「破」はもはやリメイクとは思えぬほど感触が変わり果てた。14歳の少年が何とか自らを肯定して幕を引いたTV版と、世界を破滅させた旧劇場版——ロボットアニメというジャンルを装い...ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全41件)
  • 迫力ある戦闘シーン 非常に面白かったです。 全体的に高い品質を維持していましたが、 特に、 迫力ある戦闘シーン、 幻想的なストーリー、 が魅力的でした。 ただし、 マイナス要素もありました。 相変わらず、 エログロ... ...続きを読む

    Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん  2017年9月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • スピード感はいい こっからテレビ版とはかわってきておもしろい 初号機覚醒のシーンのBGMはテレビ版を含めて思うが、雰囲気でましてる感はある 予告が一番ワクワクしたが、、、、、 ...続きを読む

    へまち へまちさん  2017年4月20日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • なぜ急にラブコメ? 「青春群青劇やってみたかった」的なところでしょうか。 急に歯が浮くような要素が盛り込まれちゃってたので、冷めました。 ...続きを読む

    ジンクス ジンクスさん  2017年1月15日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi