ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 特集: 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」はココが違う!噂の新要素を旧シリーズと比較検証(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 > 特集 > 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」はココが違う!噂の新要素を旧シリーズと比較検証(2)
メニュー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

劇場公開日 2009年6月27日
2009年6月19日更新

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」はココが違う!噂の新要素を旧シリーズと比較検証

前のページから続く

前作以上の驚きの展開が待っていそうな予感が漂う 前作以上の驚きの展開が待っていそうな予感が漂う

■そして「破」では?

そして「」の注目ポイント、現在判明している新要素を紹介しよう。

●その1 ストーリー

2大ヒロインのひとり、アスカも名前を変えて「破」から登場 2大ヒロインのひとり、アスカも名前を変えて「破」から登場 [拡大画像]

特報、予告編から推測すると、TV版でエヴァンゲリオン弐号機とそのパイロット、惣流・アスカ・ラングレーが初登場した第八話から、使徒ゼルエルがネルフ本部に侵攻する第拾九話までがベースとなっている模様。屈指のエピソード、シンジの親友を乗せたまま“使徒”と化すエヴァンゲリオン3号機との苦悩の戦い(第拾八話)も、充分描かれることになりそうだ。そこに、新たに登場するキャラクター、メカがどう絡んでいくのかが見どころになるだろう。

そして旧シリーズと違い、新劇場版では登場する使徒のナンバーが1つずつ順送りになっている(「」の冒頭で登場する「第4の使徒」は、旧シリーズでは「第3使徒サキエル」)。チラシやフリーペーパーで公開されているキーワードの中に「第3の使徒」という記述があることからも、新たな使徒が登場する可能性は高い。

●その2 キャラクター

プラグスーツ姿の新ヒロイン、マリ プラグスーツ姿の新ヒロイン、マリ [拡大画像]

」の「次回予告」で、その姿を初めて晒した“眼鏡の少女”が、新キャラクターの真希波・マリ・イラストリアス。プラグスーツ(パイロットスーツ)姿が公開されていることからも、新メカであるエヴァンゲリオン仮設5号機のパイロットとして登場するはずだ。ただし、そのスーツは、シンジたち従来のメンバーとは異なる印象のデザイン。どのような経緯で登場するのかが気になる。

さらに話題なのは、人気キャラクター、惣流・アスカ・ラングレーの名称が、“式波・アスカ・ラングレー”と変更になったこと。空母好きの庵野総監督の趣味を反映して、エヴァの登場キャラクターが(軍用)艦船にちなんだ名前になっているのは有名な話だが、旧日本海軍の駆逐艦に「綾波」「敷波」「巻波」の3艦が存在し、海上自衛隊の護衛艦にも「あやなみ」「しきなみ」「まきなみ」が存在することからも、「綾波レイ」「式波・アスカ・ラングレー」「真希波・マリ・イラストリアス」として揃えたものと思われる。

●その3 メカ

前述の真希波・マリ・イラストリアスの乗機として、エヴァンゲリオン仮設5号機が新登場。従来の人型デザインのエヴァとは違い、こちらは、人型の上半身に大型重機を思わせる4脚と2つのサブアームを備えたかなり異質のデザインとなっている(だからこその“仮設”なのだろうか?)。そしてエヴァンゲリオン6号機が、(おそらく)渚カヲルの乗機として月より飛来することになる。

また、旧シリーズではセリフのみで「消滅」と伝えられた4号機(ゲームやフィギュア等では発表済み)も、その姿をスクリーンで披露するという噂も。アスカが駆る2号機は、空中挺進専用の新型装備で大空を舞う模様だ。


■気になる噂

最後に、「」公開直後からネットで議論が盛り上がった仮説を紹介しておこう。その仮説とは“新劇場版は、旧シリーズの続きなのではないか?”という意見だ。有力な根拠として挙げられているのが以下の点。

・赤い海     (TV版の冒頭は青い海。旧劇場版のラストは赤い海)
・冒頭の巨人の跡 (旧シリーズで初号機が倒れた場所と同じ)
・月の赤い帯   (旧劇場版で巨大化した綾波が血で月を汚した)
・渚カヲルのセリフ(「変わらないな君は」以前からシンジを知っている雰囲気)

今後の展開からますます目が離せない 今後の展開からますます目が離せない [拡大画像]

旧シリーズでは明確に「2015年」と謳われていた時代設定が新劇場版では出てこないことも、その要因のひとつといえそうだが、新劇場版製作発表時の「時間軸はTVシリーズと同一」という大月俊倫プロデューサーの発言もあり、本当のところはよくわからない。もちろん、「全部観ないとなんともいえない」「アニメ界の最先端を行くスタッフが“ループ”という使い古されたネタを使うのか?」という否定的なファンも多いが、作品を長く・深く楽しむために、こうした話を仕入れておくのも悪くないだろう。そもそもエヴァの魅力とは、混在するさまざまな要素を、自分なりに“再構築”できることでもあるのだから。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

悲壮感を乗り越えてポジティブに生をまさぐる意思を感じさせる
映画評論

新劇場版「序」ではシンジの性格付けに変化の予兆を感じさせたが、「破」はもはやリメイクとは思えぬほど感触が変わり果てた。14歳の少年が何とか自らを肯定して幕を引いたTV版と、世界を破滅させた旧劇場版——ロボットアニメというジャンルを装い...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す