ぼくの国、パパの国
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくの国、パパの国」
メニュー

ぼくの国、パパの国

劇場公開日

解説

在英パキスタン家族の肖像をユーモラスに描く作品。監督はこれが初長編となるダミアン・オドネル。原作・脚色はアユーブ・カーン・ディン。撮影は「チューブ・テイルズ」のブライアン・テュファーノ。音楽はデボラ・モリソン。出演は「ゴースト&ダークネス」のオーム・プリー、「ビューティフル・ピープル」のリンダ・バセット、これがデビューとなるジョーダン・ルートリッジほか。2000年英国アカデミー賞最優秀英国映画賞、カンヌ国際映画祭第1回メディア賞ほか受賞。

ストーリー

1971年、マンチェスターの小さな街、ソルフォード。誇り高きパキスタン人のジョージ(オーム・プリー)は、イギリス人のエラ(リンダ・バセット)を妻に持っている。そのことを気にしているジョージは、だからこそ7人の子供たちを立派なイスラム教徒に育てたいと願っている。しかし子供たちは、イギリス生まれの現代っ子。長男ナジル(イアン・アスピナル)は、パキスタンの伝統的お見合い結婚を嫌がって逃げ出し、末っ子ザジ(ジョーダン・ルートリッジ)は、割礼をまだ済ませていなくて無理矢理手術をさせられる始末。ジョージはイスラム文化になじもうとしない子供たちのことを悩み、友人ムッラー(カリーム・ジャンジュア)に相談する。彼は、二男アブドゥル(ラージ・ジェイムズ)と三男タリク(ジミ・ミストリー)を、パキスタン人のシャー(マダーヴ・シャルマ)の愛娘とお見合い結婚させることを勧めた。それを知ったエラは、ジョージの暴挙を非難する。さらに激怒したタリクが家出。別居しているナジルを訪ねるが、なんと彼は帽子デザイナー“ナイジェル”になっており、男性と同棲していた。結局タリクは家出をあきらめ、お見合いへ。だがその当日、お見合い相手のシャー一家の夫人が偉そうな態度を取るものだから、エラの怒りが爆発し、お見合いは決裂。今度はジョージがエラに怒りを爆発させるが、子供たちは皆エラをかばった。打ち負かされたように家を出ていったジョージは、自らが経営するフィッシュ・アンド・チップスの店に一人寂しく座り込む。そこにエラが何事もなかったように入ってきて、二人はいつものように何気ない会話を交わすのだった。...

作品データ

原題 East Is East
製作年 1999年
製作国 イギリス
配給 クレストインターナショナル
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全1件)
  • コミカルに 移民問題を描いてておもしろかった。どこの国にもあるんだなぁ。父親って絶大すぎる!主人公の男の子がフードをかぶってる姿がかわいい(^ ^) ...続きを読む

    asuka asukaさん  2013年10月14日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi