リトル・チュン
ホーム > 作品情報 > 映画「リトル・チュン」
メニュー

リトル・チュン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

香港の裏町でたくましく生きる9歳の少年を描いたドラマ。監督・脚本は「花火降る夏」のフルーツ・チャン。撮影・音楽のラム・ワーチュン、編集のティン・サムファは「花火降る夏」に続く参加。出演は監督自身が発見した少年ユイ・ユエミンとマク・ワイファン、「花火降る夏」のゲーリー・ライほか。

ストーリー

香港。リトル・チュン(ユイ・ユエミン)は食堂を営む父親ギン(ゲーリー・ライ)、母親、おバアちゃん(チュ・スーヤウ)、家政婦のアーミらと暮らす9歳の少年。元女優のおバアちゃんがかつて共演した広東オペラの大スター、ブラザー・チュンにちなんでつけられた名前だ。同い年の不法移民の女の子ファン(マク・ワイファン)と知り合った彼は、彼女と協力して近所のおなじみさんへの配達にいそしむ。出前を横取りするのが、街の長老ホイの長男で、店にも用心棒代をせびりに来るヤクザのデイヴィッド(ロビー)。みんなが彼を嫌っていた。そんなある日、自分にハンという兄がいることをおバアちゃんから聞かされたチュンは兄を探しに出る。ところがそれを知った父は激怒。不良になった兄は父から勘当されたのだ。父から激しい叱責を受けたチュンは家出、父は彼を探し回り、ファンの一家がそのとばっちりを受けた。デイヴィッドの店で強引に開かされたおバアちゃんの80歳の誕生日。この日ブラザー・チュンが逝去し、彼女は自分の誕生会にも出なかった。チュンはファンと九龍島の海辺に出かけ、彼はファンにたまごっちをプレゼント。だが楽しい日々は長く続かず、ファンはギンに脅されてチュンの隠れ場所を白状させられた。チュンは下半身丸出しで立たされる罰を食らい、おバアちゃん仕込みのブラザー・チュンの歌を歌う。ほどなく、おバアちゃんが亡くなった。なついていたアーミも帰国してしまい、チュンは寂しい。そして、香港返還の直前、ファンの一家も強制送還の憂き目に。チュンは一家の乗ったパトカーを追ったが、ふたりは会えなかった。...

作品データ

原題 細路祥/Little Cheung
製作年 1999年
製作国 香港・日本合作
配給 東光徳間=ユーロスペース配給(東光徳間=ユーロスペース=NHKエンタープライズ21提供)
上映時間 115分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「リトル・チュン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi