ラッキー・カフェ
ホーム > 作品情報 > 映画「ラッキー・カフェ」
メニュー

ラッキー・カフェ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロンドンのイタリア人街でカフェを経営する一家に巻き起こる騒動を描く家族ドラマ。製作はジョン・ハーディ、監督は本作が劇場映画デビューのジョン・アミエル、脚本はトニー・グリゾーニ、撮影はマイク・サウソン、音楽はマイケル・コンヴェルティーノが担当。出演はジョゼフ・ロング、アニタ・ザガリアほか。

ストーリー

ロンドンのイタリア人街にある“ラッキー・カフェ”を経営するルカ一家の末っ子エディー(イアン・ホークス)は祖母シビラ(アイリーン・ウェイ)や兄、姉たちと一緒に暮らしている。ギャンブル好きの父ダニーロ(ジョゼフ・ロング)と、家を出たい兄のブルーノ(ジミー・ランベール)は喧嘩ばかりしているけど、やっぱり一家には笑いが絶えない。さらにはイタリアから祖父ノンノ(ヴィットリオ・デューゼ)がやってきて大騒ぎ。しかし、かつて母ローザ(アニタ・ザガリア)が捨てたフィアンセのバルバリッツァ(ヴィトリオ・アマンドーラ)が街にやってきて、平和な家族に波風が立ち始める。父と母に復讐をもくろむバルバリッツァは金の力で店のコーヒー・マシーンを差し押え、その手先になっているのがブルーノだと判ると、勘当騒ぎになってしまう。そしてあげくの果てにダニーロは母を賭けて、バルバリッツァと大バクチを打ち、大負けしてしまう。祖父も死んでしまい、一時は崩壊寸前の一家であったが、エディーの友だちビートルの策略や、最後は死んだ祖父の天からのお告げで競馬で大勝ちし、一家は再び平和な日々を迎えるのであった。...

作品データ

原題 Queen of Hearts
製作年 1988年
製作国 イギリス
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi