ライトハンド・マン 禁じられた抱擁
ホーム > 作品情報 > 映画「ライトハンド・マン 禁じられた抱擁」
メニュー

ライトハンド・マン 禁じられた抱擁

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

不治の病に冒された一人の男性を中心とした三人の男女の愛の行方を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・H・トーマス、製作はスティーヴン・グレイブス、トム・オリヴァー、ベイジル・アップルビィ、監督はダイ・ドリューで本作品が日本公開第一作になる。脚本はヘレン・ホッジマン、撮影はピーター・ジェームズ、音楽はアラン・ザヴォットが担当。出演は「予告された殺人の記録」のルパート・エヴェレット、キャサリン・マクレメンツ、ヒューゴー・ウィーヴィングほか。

ストーリー

時は一八六〇年、ニューサウスウェルズの名門領主アイアンミンスター家の後継者ハリー(ルパート・エヴェレット)は、父親(ティム・エリオット)とともに21歳の誕生日に贈られた競争馬の初乗りに出かけるが不慮の事故に見舞われ、父は死に彼も右腕を失ってしまう。厳格な母親の(ジェニファー・クレア)の管理下で、心も体も深く傷つき悲しみに暮れるハリーを温かく励ますのは、主治医の娘で恋人でもあるセーラ(キャサリン・マクレメンツ)だった。やがて生きる思いに目覚めたハリーは馬車レースの記録に挑むため、若く荒々しい駅馬車の御者ネッド(ヒューゴー・ウィーヴィング)の力量に目をつける。当初は乗り気でなかったネッドも、次第に彼の情熱と人柄の良さに魅かれ始め、二人は厚い友情の絆で結ばれるようになる。しかしそんなハリーも、レッドブリッジ医師(アーサー・ディグナム)から自分が遺伝性の不治の病に冒されていると知るや、立派な跡継ぎを残すことが今の自分に残された最後の使命であると悟り、ネッドにセーラと自分の子供を授けて欲しいと頼み、彼の真意を理解したネッドはセーラを優しく抱くのだった。そしてハリーとセーラは正式に結婚した。やがて死期の近いことを知ったハリーは、誰に知らせることなく馬車を用意し、夜明けの野を駆け出すのだった。...

作品データ

原題 The Right Hand Man
製作年 1986年
製作国 オーストラリア
配給 フォース・テン

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

2番目に幸せなこと[DVD] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD] シュレック3[Blu-ray/ブルーレイ] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD]
2番目に幸せなこと[DVD] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD] シュレック3[Blu-ray/ブルーレイ] シュレック3 スペシャル・エディション[DVD]
発売日:2004年7月23日 最安価格: ¥1,555 発売日:2014年9月1日 最安価格: ¥1,560 発売日:2014年9月1日 最安価格: ¥1,625 発売日:2011年11月25日 最安価格: ¥1,560
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi