ライトシップ
ホーム > 作品情報 > 映画「ライトシップ」
メニュー

ライトシップ

劇場公開日

解説

灯台船に乗り込んできた3人のならず者と、船員の闘いを描く。ヴェネチア映画祭審査員特別賞を受賞。製作はビル・ベネンソン、モリッツ・ボーマン。エグゼクティヴ・プロデューサーはライナー・ショーンライン。監督は「早春」(70)のイエジー・スコリモフスキー。ドイツの作家ジーグフリート・レンツの小説を基に、舞台を北海から米ノーフォークに移してウィリアム・マイ、デイヴィッド・テイラーが脚色。撮影は「早春」のチャーリー・スタインバーガー、音楽はスタンリー・マイヤーズが担当。出演はクラウス・マリア・ブランダウアー、ロバート・デュヴァル(ヴェネチア映画祭主演男優賞を受賞)ほか。

ストーリー

戦争が終って10年、沿岸警備隊の灯台船ハッタラス号のミラー船長(クラウス・マリア・ブランダウアー)は、非行少年として補導された息子のアレックス(マイケル・リンドン)をもらい下げて、船に乗せた。アレックスは父に心を開こうとはしなかった。やがて、エンジン故障で漂流しているボートが発見され、乗っていた3人が救出された。きざな紳士風の男はキャスパリー(ロバート・デュヴァル)と名乗り、2人の仲間、ユージーン(ウィリアム・フォーサイス)とエディ(アリス・ハワード)の兄弟を紹介した。彼らの発言や、ボートに隠してあったライフルの存在から、彼らがまともな人間ではないことがしだいにわかってくる。キャスパリーは、銃をつき付け、船を制圧した。彼らは銀行ギャングだったのだ。航海士のソーン(ティム・フィリップス)らは反抗しようとするが、船長は無暴なことをするなととめる。アレックスはそんな彼の態度がはがゆい。ミラーはドイツ生まれで戦時中、米軍駆遂艦の艦長をしていた時、多数の人の生命を見捨てたとみられていて、アレックスはそれを気にしていた。ミラーはそれは軍の命令で仕方なかったと話す。船員の1人スタンプ(ロバート・コスタンゾ)がキャスパリーを襲うが、エディに射殺される。キャスパリーは船を動かすように命じるが、ミラーは断固拒否。黒人の料理人ネイト(バジャ・ジョラー)がユージーンを甲板におびき出して、甲板からつきおとした。キャスパリーは船の錨をあげるよう命じ、船長は拒み、キャスパリーにつめ寄る。キャスパリーの銃が火を吹き、船長は倒れた。アレックスはキャスパリーをナイフで刺した。茫然と立ちつくす船員、エディ、アレックス。...

作品データ

原題 The Lightship
製作年 1985年
製作国 アメリカ
配給 東映クラシックフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全1件)
  • 錨(怒り)を鎮めて、使命を守って 警察に補導された息子を乗せ、沖合に停泊するミラー船長が指揮する灯台船(ライトシップ)。海上をボートで漂う3人組の男を助けるが、凶悪犯の彼らに船を乗っ取られてしまう…。 ポーランドの名匠イエジー・... ...続きを読む

    近大 近大さん  2014年7月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ライトシップ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi