勇気あるもの
ホーム > 作品情報 > 映画「勇気あるもの」
メニュー

勇気あるもの

劇場公開日

解説

落ちこぼれの新米兵士たちと、失業して軍隊の教師として派遣された男の交歓をコミカルなタッチで描いたヒューマン・ドラマ。監督は「プリティ・リーグ」のペニー・マーシャル、製作はサラ・コールトン、エリオット・アボット、ロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはペニー・マーシャルとバズ・フェイシャンズの共同。脚本はジム・バーンスタイン、撮影は「ジュニア」の名手アダム・グリーンバーグ、音楽は「トゥルー・ロマンス」のハンス・ジマー、美術はジョフリー・カークランド、編集はジョージ・ボワーズとバトル・デイヴィスがそれぞれ担当。主演は「ホッファ」のダニー・デヴィート。共演は「タップ」のグレゴリー・ハインズ「コットンクラブ」のジェームズ・レマー、「まごころを君に」のクリフ・ロバートソン、「ブロンクス物語 愛に包まれた街」のリロ・ブランカート・ジュニア、「モー・マネー」のステイシー・ダッシュ、「ガンメン」のカディーム・ハーディソン、「TINA/ティナ」のリチャード・T・ジョーンズほか。

ストーリー

エリート広告マンとして知られていたビル・レイゴー(ダニー・デヴィート)は会議に出席出来なかったために、会社を解雇されてしまう。職を探して、職業安定所に出向いたビルに紹介されたのは陸軍の落ちこぼれ兵士たちを教える国語の教師の職だった。娘に会っても、自分の気持ちを理解してもらえずビルは非難される。ビルは陸軍に赴き、落ちこぼれ兵士たちに会う。それはリーロイ(リチャード・T・ジョーンズ)を始めとして、8人のそれぞれに個性的な兵士たちだった。読書感想の授業では彼らはマンガについてしか話さなかったが、そんな中でビルは『ハムレット』の購読を始めようとする。しだいに『ハムレット』の内容を兵士たちは理解しはじめ、巡業公演にも参加する。そんな中、さまざまな事件のために管理役のマードック大尉(ジェームズ・レマー)を悩ませつつも、ビルもまた自信を取りもどし始め、娘にも贈り物をし、仲直りする。やがて卒業のときがやってくる。『ハムレット』から多くを学んだ、残った兵士たちも卒業パレードに参加していた。...

作品データ

原題 Renaissance Man
製作年 1994年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 説得力のあるハッピーエンド 犬猿の仲だった者達が、次第に理解しあって硬い友情で結ばれてゆく………なんて、言葉にするとエラく陳腐ですが、この映画は、エピソードの組み合わせかたがとても上手いんです。こんなふうにあちこちの歯車が... ...続きを読む

    チャプチャプ チャプチャプさん  2012年8月11日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

勇気あるもの 勇気あるもの
勇気あるもの 勇気あるもの
2016年11月5日 2016年1月23日
¥500 ¥300
ビデオマーケット ShowTime
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi